創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

同人魂+みんなの更新!!

おはようおはよう!

長田ですぞ!!

 

また少々間空いちゃいましたね~!すみませんっ!!

いつも大型連休とかあるとブログを休みがちな長田ですが、最大の理由は出勤中の書きやすさにあるんですよね。

とにかく電車の中で書くのが一番捗るんだよね。。。

 

ネット上での行動はわりかし控えめになってきている長田ですが、今年はリアルでのフットワークが軽いです!

あえて何も書いてないですけど色んな方々の個展とか画廊とか回ったりイベントで挨拶したり自分でも出したり、オフ会の数も今までで一番多い年なんじゃないかな!

次の目標はスクエニオンリーイベント

今長田の中で話題の聖剣伝説やら、FF6、9あたりのグッズ参加を予定しています。

ただ、同人イベントにグッズだけって結構モラルなってないって思われることもあるそうで、配布でも構わないからコピ本程度は作っておくべきかなぁ、なんて。

言い訳をしたいんですが長田が同人参加するのはモノを売り付けたいわけでも推しカプを布教したいわけでもなくて、「このゲーム好きな人に自分も好きってことを言いたいだけ」なんですよね。

それの何が楽しいのかって聞かれると困るんだけどさ、つまりは他人が欲しいものじゃなくて自分が欲しいものを作るのが同人ってもんなんじゃねーかな?って話で。。。

同人誌を読むときもその本の中身が自分の好みに合っているかどうかではなく、この人から見たこの作品はどんなのだろうって思って買うんです。

これは長田の楽しみ方であって、押し付ける気はないんだけど、同人にはそういう側面もあるんじゃないかってことは主張していきたいんだ。

オンリーイベント聖剣伝説を出すサークルがあったら、それだけで嬉しいんだ長田は。

だから自分も聖剣伝説好きなんだよってことをアピールしていきたいし、ここのみんなが原作を愛しているんだぜ公式さん!ってことを伝えるためには、愛してるやつがもっともっといっぱい参加するべきだろ!って思っておるんです。

 

ツイッターで、具体的にはワイルドアームズクラスタ達を見て、その人たちから同人魂を学んだんだよね。。。

その人たちはワイルドアームズも好きだし、イラストも漫画も描いてるんだけども、何よりも「誰もいなくても自分は推し続ける」っていう鉄の意志を持ってる人たちで、ワイルドアームズ以外にも色んな作品を推してるのね。

ヒプマイしかり、チュチュしかり、うたわれしかり、その他懐ゲーだったり漫画やアニメだったり。

 

密かながらあの気持ちに揺さぶられて、「自分一人でも好きなものを推し続けるんだ」って思ったのです。

自分にとっては同人ワールドの先輩たちですから、自分もそうなりたいものです。

だからここ最近あらゆる場の流れを無視して自分を作ってきたゲームなどをひたすらやってるわけですよ!

具体的に作品を推すっつっても、その作品の知識がただの思い出ってだけじゃあかんからね。

もっかい初々しい気持ちでやりなおしてみてるんですねぇ。

 

ところで、グッズはアクキーを予定してますけど、主人公とかのキャラグッズは長田が作るまでもなく沢山あると思うんで、長田はモンスターをですね。

マナストーンの神獣達が好きなんです。フィーグムンドとか。

あとブースカブーやらフラミーやらも描けたら描きたいけど間に合わなさそうかなぁ…。

 

試作ってことでなんとなくうちのミニレリアスを三つくらい作ってもらってるんですが、やってみた感じ少なくとも今年中に納めないと納期渋そう。

スクエニオンリーは二月頃らしいので、今からこつこつ作ろうと思います。

 

前置きが長くなってしまった~!

それでは企画の更新をしますぞい!

 

本日の更新!

 

rito.gameha.com

 

rito.gameha.com

rito.gameha.com

rito.gameha.com

 

まとめてのご感想で失礼します><;

流石りと先生、半ば神聖な領域であるワコクと町アスにしょっぱなからバトルを持ってくるとはおそれいりますねwww

町田くんたちもまた戦うのでしょうか!一度はものすごい大冒険をした二人ですから、あるいは可能性もありますね!

リリスさんなら一撃でなんとかなりそうな気もしなくもないですが舞台は奏山ですからね、土地柄的に魔法(?)の使用も難しいのかも。

それにしてもアルフレッドさん、なんか敵キャラの中でも一つの事に対して純粋さがあるようなそんな雰囲気ありますよね。

ほら、よくある「戦いには正々堂々」とか、そういった類の誠実な態度というか。

美しいものに対しては垣根無しに純粋な心を持ってそうな、そういうタイプだったらいいな!って最新話を見て思いました!

美しいものが好きっていうキャラ設定だからこそ楽器の演奏が凄まじいって設定がエモくなるんですよね~~~!

 

nezuzyouzi.hatenablog.com

自分が観てる世界と他人が観てる世界って、実は見え方が違うんだっていう話がよくありますよね。

同じものを観てるのに、別々の観方がそこにある。ひとりひとり違う人生があるから、違うものが映るんだっていう話なんですけども、リノちゃんとソファちゃんを見ているとその話をいつも思い出します。

というのも、これはねずさんの書き方で長田が一番好きな部分なんだけど、今日の文章の視点はソファちゃんだから、読んでる僕の気分もソファちゃんの世界になるんですよね。

ソファちゃんだと全体的にちょっとだけ寂しい世界の中に、新しい「良いこと」があって、すごくその「良いこと」に興味を惹かれる。

それがソファちゃんの観ている世界なんだなってことが凄く伝わってくるんですねぇ。

もちろん、せんろさんやリノちゃんの回でも別の世界が広がってるし、読んでいて一緒にその感性を感じられているような、そういう気分になるんですよ。

何が言いたいかっていうと、なんだか今回の話で色々と思いを馳せてしまいましたっていうか!イラストに色を付けてくれて、少しねずさんの世界が拡がって見えたのかもしれません!!

 

イモータル制作日記。

すっごいちまっちま進めています、ユニティ&宴ツールでのゲーム制作。

こういう記事は別日記で書くべきなんだけどもね、ネタがないので今日はこっちで喋ろうってね。

お絵描きを全然してないのでサムネがほしいってのが主な理由なんだけど。

f:id:nagatakatsuki:20190910052024p:plain

さてまず、名前。

そろそろ決めないとシナリオ制作で支障が出始めるころなので、サクッと決めてしまいました。

左のヒロインがクリスティーナ・アルティスタ

右のヒロインが西森彩花。

彩花の方は日本人なので、彩花の両親が性格的につける名前っぽく決めました。

両親は彩花の幼い頃に亡くなっておりますけどね!!!!

クリスティーナなの方はまずカッコいい名前にしたかった、ということでクリスといった愛称を決めました。

彼女はホムンクルスなんで、ホムンクリス……なんつってな……。

いや、それは今思い付いたギャグです。

イモータル(仮)は、モノリスっていうSFグッズが鍵になってくるお話でして。

タイトルの通り永遠の命がテーマなんですよ。

んで、幽霊がモノリスを使って時空を乗り越えて永遠の命を探しにやってくるという話になっていくんですけど、クリスはそいつらを見つけてモノリスを回収&封印する保安官的な存在です。

時空越えてくるんで、こいつらをおっかけるには自身も幽体で時空越えられなきゃいかんですね。

でもほら、それもう人間じゃないってんで、クリスは元々コンピューター的なあれで作った人工知能なんですね。

そんで、パトロール先の現地に行くのは幽体で、現地にはそのために極秘の研究チームみたいな人たちによって肉体が作られているわけですが、つまりそれがホムンクルスなわけですよ。

その肉体に次元移動してきた幽体が入り、晴れてクリスとして稼働するのですが、ホムンクルスといえばなんといっても錬金術

ということで女性の錬金術師と言われているスウェーデンの王女様のお名前から拝借しました。

ついでにフランクって錬金術師がクリスティーナ様を見てパラケルススさんの言ってた予言の人に違いない!とかなんとか言ったらしくてですね。

それが「エリアス・アルティスタ」、知識の世界にいずれ変革をもたらすであろう人って意味らしいんだけど、クリスティーナ様はそう呼ばれていたとのことでこちらも拝借しました。

ただ、イモータルの世界は現実の要素も含めたいのでクリスティーナ様もパラケルススさんもフランクさんもかつて存在していた偉人として扱うつもりです。

ようは作中の歴史の中でクリスっていう抑止力的な存在が作られる際、作った人たちがあやかってつけた名前って感じで。

フランクさんは場合によっちゃ使うかもしんねぇ……

ちゃんと出典を調べないとね。

 

 

f:id:nagatakatsuki:20191014053359p:plain

 

ということで、本編もちまちま書き進め始めております!

本日はここまで!!