創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

2018年お絵描きラスト!!+みんなの更新!!

おはようおはよう!!

長田ですぞ!!

 

(この行を消して「チームワーク」を語ってください)

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン #チームワーク

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン「#チームワーク」を語ろう!
sponsored by LINE WORKS

 

長田はお題でなんかプレゼント貰えるとかそういうの見たら辞退することにしてるんであの行は消さない(謎の反抗心)

 

ほうほう、チームワークかぁ。

長田はいつも、仕事となると案外、人に8~10割合わせるようなタイプです。

それはなぜかといいますと、 合わせる方が難易度が高いと思うからですね。

文句が出るか否かの話です。文句言わずに誰かの意思に従うのって難しいです。

僕自身は、従うことも自分の決断(責任)だと思ってます。

だからどんなに無茶な計画を建てていても、相手側にそれをやってみたいと思う気持ちがある限り、文句言わずに手伝います。

嫌なら自分でリーダーやればいいんです。でも、それが中々みんな出来ないので辞退するのですから、それはもう責任かと思うのです。

それで結局出来なくても自分は仕事をまっとうしてるので文句言うことは無いですし、同じく合わせる側のフォローなんかもしたりしますよ。

 

逆に自分がリーダーに立つときは、徹底して考えを共有してもらうよう心がけています。

ただし、その考え方の理論はわかったとしても、素直に納得して協力してくれる人なんて、やっぱりほんのわずかです。

だから僕は大抵お手伝いに全力を尽くすのです。リーダーがいればね。

 

チームワークとは僕は、指針に従うということだと思います。

やろうと思ったことをみんなでクリアする為に、みんなで頑張るわけですが、そのためには全員に共通するブレることのない目標を建てる必要があると思います。

揉めるとするならば大体いつもそこなんですよね。

目標を共有できていないと、全然達成できないんですよ。

逆に言えば、それを共有しているならば個々のアイディアは時に譲り合い、時に上方修正され、時に合体して、いくらでも発展につながるわけです。

 

チームワークにおいて長田が最も大切にしていること。

それは「揉めない事」です。

……当たり前の事ですけどねwww

 

本日の更新!!

nezuzyouzi.hatenablog.com

車掌体験!!今日の話はシャルダンの話だね。うん、実に彼らしいというか、本当、純粋な男の子そのものだよねぇシャルダンは!!w

子供っぽいというよりは、大人になってみんな隠しちゃう男のロマンというかね、ドリーム、そういうのをずっとまっすぐ追ってるのがシャルダンなんだよね。

大人になったって変わらない、アツい気持ちがあるんだよな……。そして、その研究には一生懸命だ。彼は口だけの男じゃない。なんだって、自分がやろうと思ったことをしっかりとやる。

友人に子供ができて、彼の視野はさらに広がってね、命の尊さを知って今まで以上に人生に向かい合ってる。彼なら、その先に行けるよ。みんなが知ってることだ。シャルダンの良いところ、男前なところだからね!

でも仕返しにイタズラは良く無いなぁwwwそれは子供っぽいなぁシャルダンwwwみんなの前では、やっぱり子供のまま変わらない、面白いシャルダンがいるってことだねwww

 

 お絵かき!!

名前が未定なんですが、ほーさんの国につくるうちの子のデザインが出来ました!!

f:id:nagatakatsuki:20190120111408p:plain

f:id:nagatakatsuki:20190120111421p:plain

種族はサターニア。

狂暴そうにみえるけれど、身体が硬直してしまうデメリット付の呪詛を持っている為、表情がカチコチで息も荒く、まともに言葉も話せないのです。

ただ、長田は妖怪のこういう特異な部分って生まれつきのものですからある程度慣れがあるんじゃないかと思いまして、不便ではあっても苦痛ではないという解釈なんですね。

なのでこの子は怒ってるわけでも嘆いてるわけでもなく、ただ自分が他者に依存しなきゃ生きていけないってことを理解しているので、主人に従順であります。

 

忠犬。

 

ついでにこれから名前をつけなくてはならないわけですが、ルウリィドの名前は響き重視かと思いまして、シャレオツなものをつけられたらなと思います。

ルウリィドの妖怪は流れ者であるため、こちらでつけられた名前ということになりますね。

どこの国出身なのかはあえて謎に包まれているということで、きっと名前もないまま流れてきたのでしょうなぁ……。

妖怪は、親と子が共存できない可能性もある種族ですから……。

彼の場合は身体の一部に触れると神経を刺激するというもので、あるいは病に、あるいは痺れが、あるいは火傷、あるいは凍傷、様々な現象が起こります。

致死性は無いのですが、非常に苦痛を抱くであろう呪詛の為、母親などにも影響したのではないかと思われます。。。

いやぁ、実に悲運かつ不幸な種族よのう……(自分で作ったくせに)

 

 

おらくがき。

f:id:nagatakatsuki:20190120111436p:plain

描きながら浮かんだイメージを、どんどん付与していく描き方が長田は好きです。

ただ残念ながら最終的に出来上がるものは蛇足感がはんぱなかったりと、困ったものです。。。

エビ野郎かかないほうがよかったわぁ……w

でも、楽しかったからいいの。絵の本懐はそこなんです!

 

ベタつけまくってみた。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111459p:plain

やりすぎだよお前ぇい……。

お絵かきってね、絵のクオリティアップのための小細工がたくさんあるんだけど、その一つにベタ塗りがあるのね。

黒いとこ、きめ細やかかつ大胆に増やすと、どなたでも簡単にスタイリッシュなイラストが描けますよ。

ただしそれはごまかしに近いもんで、いや、でもごまかしてなんぼだからねイラストなんてもんは。

時にはガンガンにチート技使ってみるのも励みになる気がしますです。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111513p:plain

目のね、こちらからみて左側。奥行ついてるほう。

これの描き方が苦手な人多いでしょう。

目の立体感は意識して描くと、ちょっとはマシになるかも。

えっとね、お絵かきの世界ではこの「実際には描かないけれど、ちゃんと考えておけよな」ってポイントがわりとたくさん出てくるの。

それって理解するまでがしんどいんですが、やっぱり画力に超影響するからね、投げないで向き合った方がいいのです。

自分にも言い聞かせたいぜバーロー……

 

ゾンビっ娘だいすきいいいいいぃぃぃ!!!!!!!!

f:id:nagatakatsuki:20190120111521p:plain

ゾンビっ娘はめっちゃ明るい性格にしてぇ。

何を言ってるのかわからねーと思うが(ry

はからずともボーイッシュになってしまったけれどかわいいって自分で思ってるのでかわいい(?)



例の(ラスト)

さーて!!!!!

最後の2018年イラストまとめだよ!!

 

最後は、長田がコミティアで出しましたこちらの本!!

f:id:nagatakatsuki:20181231134248p:plain

アイラヴにさし込んだ扉絵を載せていこうと思いますぞー!!

手抜きが多いんだけど量が量だったのでゆるしてほしいのですぞー!!

f:id:nagatakatsuki:20190120111542p:plain

第一話。紫電ちゃんのいとまきの歌。

最初に描いたやつだから、絵柄の妥協点を決めるためにかなり雑にしたんです。

ほんとだよ!!!!!

時間があったら書き直したかったな。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111615p:plain

二話、タオテイ。

ここでテイチョスの難しさに震える。

すんごい悩んだよう!!タオにゃんはわりとすんなり描いたんだけど…

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111625p:plain

三話、せれあっちゃん。

これは可愛くかけたと思ってます!!

何せ、セレアっちゃんはアイラヴの世界観に直した絵柄を考えてなかったわけでありまして、可愛いヴィジュアルをまず最初にイメージしてもらわなきゃロリ感が薄まってしまうと考えていたのじゃ!!

扉絵をどうしても挟みたかった理由がこれにあるんです。

のじゃっ子に明確なロリ属性を持たせるための作戦であります。ふふふ。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111639p:plain

アルファの説明。作中の世界観を説明する場が無くては、意味不明なところが多々あるんです。

強引だけど種族説明をいれたよ!

下書き状態のラフ画に踏み切ったのは、もちろん手抜きの妥協でもあるけれど、エアギアやヒロアカにもある演出なのでこれはこれでありと考えました。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111647p:plain

烈火イラスト。

transfer the loveの具体的なイメージがつかめればいいなと思って描きました。

丁寧にかけたと思うので、出来るだけこれくらいの完成度を目指すつもりでした。

しかし現実は非常である。。。時間と体力と実行する気力が長田には足りてなかった。。。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111657p:plain

種族説明、精霊。

ちょっとてぃなくんっぽいな?

今にして思えばここはきくりにすべきだった……。

でも精霊らしさがとても伝わる気がするのでこれはこれでおっけ!

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111713p:plain

こはねちゃん!!

こはねちゃんはキャラの中でも特別小顔で、おかげで頭の大きさが決めにくいのです。。。

でも一番書き慣れてるかもね。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111724p:plain

タオにゃん!!

くぅ……書き直したいと今でも思う……。

ですが下手だとは思ってない。ちゃんとタオにゃんらしく描けたと思ってるんだけど、スピンオフなんだから清書すべきだったよなぁ、なんて。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111805p:plain

克P。お前だけ名前が電車じゃないんだよな。。。

こいつの名前の由来、長田なんですけども、出来るだけ自分から遠ざけましたから全然長田の外見してませんからね!!

長田はむしろ鴬谷とシンクロしてるゾ。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111907p:plain

うしるきゅんの嫁w

正直な話、ブロガー友達のうしるきゅんが突っ走ってくれたお陰でキャラの個性が強まりましたw

毒舌キャラになってるw

この子は今かいてる第二部でもうすぐ出ますので、ご期待くださいませw

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111919p:plain

テイチョス。

やっぱ読み返すと面白いです、スピンオフ!

絶対、タオテイスピンオフ挟んだおかげでクオリティ上がってますもんこの一冊!

欲を言えば第二部を出す際に抱き合わせにして初華ちゃんの本も出したいんです。

そのときの挿し絵、坂津さん自分で描いていらっしゃるんだけど、解像度とかの心配が地味にあり、同じ感じの絵を長田が描いても良いかどうかですねw

初華ちゃんがいなきゃ二部は締まらないんだよな~やっぱりなぁ~!

 

f:id:nagatakatsuki:20190120111941p:plain

レンラン。

ランはここしか描けるタイミングがないので、全身にしました。

一応考えてたんですよ。

二部で大暴れ中ですからねぇふふふ!

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112017p:plain

このストラップ扉絵、もはや手抜きでも間に合わないゾ!!と判断して急遽描いたんですけどめっちゃ好きなんですよね…

グッズにしたい……

絵ってそういうミラクルがたまにあるんですよ。。。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112038p:plain

新橋はビジュアルが先にできてました。

でも、目をかきこむのやめました。

Pが目だってしまったらこの本の美味しいところが薄まっちゃいますからね。

でもだからこそ、ロマンスの想像もしやすいのかなぁなんてぱるるんを思いながら。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112052p:plain

鴬谷もビジュアルありましたがガタイまで描いてなかったんです。

あんがい強そうになってしまったのが地味に一人でウケてますw

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112108p:plain

このひじき!!

これね、実はめっちゃ意味あるの。

キャラクター性盛り込みました。ズボラなだけじゃなくて人形とかも飾ったり、女性誌とかちゃんと買ってるあたり真面目さもあるんです。

部屋には絶対性格出るからね!ここは先に描いておきたかった。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112123p:plain

ひさちゃんは初期デザの絵がちょっと不満だったから書き直したかったんだ。

いいタイミングができました。可愛くなったと思ってます!

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112132p:plain

ちせちー、この子もこれからの子なんで意味深に出しました。

天帝の中で多分一番自力が強い子。

あとすげぇ描きやすいのw

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112156p:plain

常務。あぁどうしても用心棒さんと被るw

彼女も凄く優しいキャラなのですが、作中で顔こえぇって描写してるので怖くしなきゃあかんかったのですw

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112228p:plain

大塚のキャラデザは相当サボったぜぇ~。

まぁこいつそういうキャラだしいいかなって。

下手すると話し方が作中で克Pと被るので、全然違うタイプのルックスにしました。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112245p:plain

これね、これ最高に血迷ってたからね、ろくに寝てなかったからこんなもん扉絵にしたんすね、正気とは思えんですね。。。

でも美味そうに見えちゃうの病気や長田。。。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112258p:plain

蓮きゅんの舞台衣装バージョン。

影絵みたいになっちゃったけど、勢いは伝わるかなとは思います!

上手いかどうかを気にするとダメだけど、出したい感じは出せましたよ!

そう考えて次に活かすしかないんだよぉぉ!!

f:id:nagatakatsuki:20190120112313p:plain

体力が無かった。。。

蓮の持つイメージのイラストね。

孤高だけど、英雄は悲劇で終わる。

そんなイメージのキャラだから、剣なのです。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112326p:plain

まだ生き生きしてるひじきね!!

ここで真面目に戦ってるのを強くアピールしたんです。

正々堂々、強者だぞ、と。

そして、それを後半で破壊する。

この本の、最も重要なフラグなので!

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112341p:plain

折れたヒールと悪魔の翼&尻尾。

洒落乙じゃない??

えぇ、手抜きの産物ですよ。

でも書きたいことは全部文で書いてるのだから、ここはこれくらいでいいのかも。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112403p:plain

そしてこれ。この本で一番成功したかなっていう絵!

読んでくれて「むむ……??」となってくれたらいいなぁ……。

小悪魔顔から悪魔顔へのシフトって感じのイメージです。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112416p:plain

蓮きゅんの表情。焦りは文の中じゃまだまだ足りないかと思ったの。

蓮きゅんがずっと戦ってきた、絶対出さない表情をこのシーンでは出してるんです。

だからね、長田も心が苦しくなりながらこのシーン描いたよう……。

 

f:id:nagatakatsuki:20190120112429p:plain

それで速攻で最後の笑顔を描きました。

これにて完結!!フィナーレ!!

っていう、わかりやすい終わりのイラストです。

この顔も最期まで蓮がぜったいしない顔で、だから良いのです。だからクライマックスになるというか。

 

ただ、本編はこれで終わりじゃなくて、最後の最後にもう一話、ちょっとゾクッとする話を入れました。

それは意図的に扉絵ないんですけど、うあぁ、いつか公開したい。。。

 

今抱えてる在庫はイベントに持ち込みまくるので、それが一息ついてからかな。

通販の方も考えなきゃね。。。

 

これにて終わり!!

さてさて!!

あんがい山ほど描いてますねぇ!!!

どうも去年は一昨年より勢いがないかと思ってたのですが、そうでもなかったようでよかったです。

二月、長田の企画は二周年を迎えるわけでありますが、今年は参加者のみなさんにも余裕がないかもと思いまして、ここは率先して長田が何かやらねばと思ってますぞ!

日々進化していく長田の企画でありますが、最初期は全員参加のイベント、中期には企画全体共通のストーリーが進行し、後期は学園などのifが生まれて読む方にも展開してまいりました。

今回目指すのは参加をしてもしなくても楽しめることです!

もはやとんちみたいな領域になってきてますけども、そうやって別のスタイルにも進めるのがこの企画のよいところ。

そして暇な方が居たらちょっと手伝ってもらうかもですが、長田もちゃんとタイミング考えてみなさまにお願いするつもりですのでよろしくお願いしますです!

基本まったり、激しくなくても落ち着ける、そんな企画になってきたかなと思いますが、ここで終わる気は無いのですよっ!

今後とも、是非是非よろしくお願いしますですぞー!

 

本日はここまで!!