創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

更新お休みのお絵描き論雑記!

おはようおはよう!

長田ですぞ!!

 

今日は更新お休みです。

最近の企画まとめは二日三日に一度くらいですねぃ~。

本来、これくらい緩やかな方が個人的には心地よいですw

ただ、普通のブログも書きたい時があるね!

長田がする話題っつったら、お絵描きしかないですかんね。。。

 

毎朝の五分スケッチ。

続かないかなー、なんてあやふやな心持ちで始めていましたが、何だかんだ続いてます!

気づいた事もいくつかあるので、今までの分まとめてみましょう。

 


f:id:nagatakatsuki:20180426063722j:image

初スケ。とても完成度が高いんだけど実は25分くらいかかってます。

気持ちの中では五分スケッチだからセーフ。

セーフだけど、これはあかんぞってことで時間短縮の道へ。
f:id:nagatakatsuki:20180426063703j:image

逸りすぎて首もとをミスった一枚。

こちらも一枚目ほどではないにしろ、だいぶ時間オーバーしてます。

f:id:nagatakatsuki:20180426063651j:image

難しいアングルを選んでみた。

遠近感はどこをどう描けば出るのか、写真から学ぼうとしてます。

殆ど五分で描きましたが、せっかくなので最後まで書き込もうという意識が芽生え、全然五分じゃなかったです。

f:id:nagatakatsuki:20180426063630j:image

正真正銘五分のスケッチ。

五分でしあげないと遅刻するって状態で描いたので間違いないです。

シルエットは悪くないけど顔が酷いこれ。

f:id:nagatakatsuki:20180426063737j:image

嫌いじゃない部類のスケッチですが、顔のバランスは盛大にミスしました。

ただこれに関しては言い訳するとですね、ペンを太くしてみようと思ったんです。

いつも0.05のミリペンをスケッチに使ってるんですが、わかる人にはわかると思うけど折れるんだよペン先。

だからって0.8で描くアホも大概でした。。。

ペンにこだわりあるわけではなく、近場にあったペンでなんとかしようとしてるからこうなる。

 

これ以降は0.05にもどしました。


f:id:nagatakatsuki:20180426063754j:image

書き順を考えてみた一枚。左足から描いてます。

効率の上昇によって時間は縮まったと体感しましたが、雑さは抜けず。

スケッチは手癖が入るのだけは回避したい。

練習なのにいつもと同じ線を引いてちゃ意味がないので…。

f:id:nagatakatsuki:20180426063843j:image

顔をアップで描きたかったので、大きいバストアップの写真を使いました。

元々モデルさんがすごく好みでしたので、それに負けないように二次元イラストに落とそうとしました。

デフォルメの訓練に繋がってますね。

結果かわいい!ちなみに泣きぼくろは趣味でつけました。


f:id:nagatakatsuki:20180426063904j:image

洋服が片寄ってきたので空手の胴着を選びました。

胴着はごわごわしてます。素材に違いがあるので注意して観察です。

少な目の線で上手く描けて満足。これくらいでいつもいきたい。


f:id:nagatakatsuki:20180426063820j:image

少々複雑なモデルでした。悩んだ末、それを描くことにしました。

シワだらけだしポーズも変わってるしでこれまたお勉強になりました。

これは今日のスケッチの工夫に繋がります。


f:id:nagatakatsuki:20180426063931j:image
これが本日のスケッチ。
影の窪みに合わせて絵を分割し、脳内で図形化させてから速度重視で描きます。

イメージは直死の魔眼ですw

七分くらいでなんとか描けました。一分ほどは自分絵にした顔と髪なので、大体及第点。

主線を読み取るのが目的になります。

 

主線

変態的な描画速度で有名な東村アキコ先生。

漫勉で出てたときの「主線(おもせん)」の会話が自分の中で忘れられません。

こだわりを捨て、適当に描いて筆が速いって人は良く居ますが、先生はむしろ漫画家さんの中でもこだわる人のように見えました。

 

では何で速いのか。

昔、憧れがあったので考えながら録画をリピートしていると、「主線さえ描ければ後は流れで」のようなことを仰ってまして。

 

一時期それをシルエットのことだと勘違いしていたのです。

厳密に言えばシルエットは間違いなく主線なのですが、シルエットだけが主線ではないということでした。

 

東村アキコ先生で長田は主線というものの存在をより深く知りましたが、絵の世界ではそれは常識の範囲です。

っていうか、意識はみんな持ってると思うんです。

けどトレーニングして体感して、理解も出きる限りした上で、それを見つけるのは実に困難。

これは数学に似ていると思います。

その主線とやらを捜すのは、「発見」じゃなくて算出なんだ、と。

ポーズを見たときに、パッと見で出てくるものではなく、そのポーズという図形から今まで身に付けてきた公式を使って正しい値を導き出すのです。

 

そんな脳内処理を、「ウォーリーを捜せ」みたいな速度で解明してるのが先生たちのようなお絵描きモンスターなんですよね。

多分、計算式がとても効率的なんです。

不必要な計算を増やさず、経験に基づいた勘もあるのでしょう。パターンというか。

 

何枚描けば身に付くんやろなぁ……(  ̄- ̄)

 

僕も計算を忘れず、しっかり考えて描かなくてはいけませんね。

 

 

本日はここまで!!