創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

『評論』と『感想』の違い+みんなの更新!!

おはようおはよう!!

長田ですぞ!!

 

この冒頭はいつも最後に書いてるからわりと適当なんだけど、とりあえずネタバレしとくと書いてるうちに脱線したので支離滅裂です。

仕方ない。そういうもんだ、管理人ってのはね!!

 

 

本日の更新!!

nnz5026.hatenablog.com

あぁ~~完全に癒し枠!一匹だけならひんやりしそうだけど徐々にぽかぽかしてきそうなあざらしさん!(?)

でっかいのとちっちゃいのが海岸にゴロゴローイしてるダロゴーイの日常風景かぁ~~!!かわいい……!

見てこの、物凄くピュアな顔!!日々のストレスが無力化し、心が満たされていく愛らしさのある黒い瞳

バリエーションのある毛並みは人を飽きさせない呪詛じみた魅力が内包されているから、一緒になってゴロゴロしないよう注意しなくてはいけない。

真っ白な子もいいしゴマ柄も捨てがたいよね。ぶち模様とかもあるのかな。ペットに一匹欲しいですよねぇ~一緒に寝たい~! 

 

nezuzyouzi.hatenablog.com

ラージ回だねぇ~!!ラージは、みんなより少し控えめだけど、とても頑張りやさんだよね。

留学だってとても勇気ある事だと思うし、バレンタインでチョコのことをみんなが考えてる時に、ラージはみんなの事考えてる。

離れてる家族の事もね!そして、家族もまた、留学しているラージの事を考えてるんだ。インド人って、びっくりだね!

妹のプリアちゃんがチョコを作ったのももちろん、ラージお兄様を想ってのことなのでしょう!

アニメのうさぽんはインドにも馴染みのあるキャラなのかな?お返しに、うさぽんのグッズをあげないとね!

 

pfcsnatuyu.hatenablog.com

警察とギャングとに挟まれて欠損の回復を急ぐカズタダ。行動の中にバグと思わしき『感情』が既に漏れてきてるね。

本来のアルファの感情もただのプログラム、人工知能に過ぎないのだろうけど、カズタダのもつものはプログラムじゃないもんな。

思い出し方そのものについても、複雑な修復工程なんだろうね。非理論的というか、正しくない。

ただ、その状態がどういうものかを唯一知ってる人間が目の前にいる。ソラは理解をしてても解決策はまだわからない。

そんな様子を怪しい影がコッソリ……五本指と同等の悪党感が出ている……!一体何者なのでしょうか!

 

pfcsnatuyu.hatenablog.com

早速学園輸入だ~!学園ってつくだけでなんでこんなに平和になるんだろう!!さっきの絡みとのギャップ!!ww

楽しそうなアルファおじさんだね!なんか物凄く充実してそう!出演ドラマは要チェックだな~!!

今はアルファが小説まで書く時代だもんな~!そんなハイテクな技術が焼きいも食べに来てるのってシュールでいいね!ww

時代劇といえば、町田くんとか、スゴく好きそうな予感がする。ドラマの話題、学校で流行らないかな?

男の子なら真似しそうだよね~!昼休みの清掃時間にちゃんばらするのは青春の一角よ。女子が怒るとこまでセットだ!

 

作品のあり方

本編少し進めました~!!

いやぁ、最近企画として色々と楽しみ方が増えてきたんじゃないかと思います。

遊びが増えたのではなく、形式が増えましたよね!

ウチの企画にはどのように遊ぶのかという細かいものは何もなく、皆様が皆様なりに面白いと思うことをしてもらおうというスタンスです。

ですので、深く考える必要もないし、深く考えても良いと思うんですよ。

 

作品、というと真面目なもののように聞こえると思いますが、もっと気軽な意味で「作ったもの」という解釈をしながら話を進めます。

僕なんかは、毎回同じことばっか言ってる気もしますけどデザインが楽しいと思うので、作品は大抵デザインです。

SSも含めて。

デザインってのは一言で言っても随分はしょられてしまうのだけど、デザインは結果ありきの楽しみです。

見る人に見せるタイプの遊び。僕はデザインしたときの「結果」が好きなんですね。

 

だから、その「受け取り手の感想」を全力で狙う。

あ、文として感想頂くのを狙うんじゃなくて、感情の方を湧き起こさせる、というものですよ。

先の、アスペルギルスのSSなんかもやっぱり「読み終えた結果どう思われるか」を想定して書いてますから、それをあらゆる手を使って実感してもらえるよう色々仕組んでます。

そこに作品の完成度なんてそんなに考えてないのでありますよ。

これは使命感とかではなくて単に長田のサガといいますか!

ほら、長田めっちゃ深読みするから……。

 

説明するとめんどくさいものに見えますけど、いわゆる萌えイラストとかツイッター漫画とか大抵は同一視できると思います。

 

伝われこの尊み!!我が推しを見よ!!

 

みたいな気持ちが原動力。

紫電ちゃんのチョコSSなんかでは顕著。

 

感想ってのは、案外観る人が見たい部分の妄想を込めて語るものですからね。

作品の良し悪しとはまるで見当違いのわかりみポイントが大切。

ものの良し悪しを判断するのは感想というより評論なのです。

評論はされて嬉しいものとは少し違います。

良い評論をされて喜ぶのは、嬉しいというより安心したり、自信が湧くっていう嬉しさ。

『こだわりわかってくれたかぁー!尊さ理解してくれたかぁーっ!!っていう喜びとはまたちょい違う。

両方得たいところではありますけどね。

 

お絵描きでも結構多いわけですよ、力を重視しすぎて絵への感想を軽視しちゃう事例。

上手いんだけどつまんない、っていう物。

 

『君の絵つまらないけどめっちゃ上手いね!!』

君の絵雑だけど超おもしろいね!!

 

どっちの方が良いです?

僕は後者が好きなのです。やっぱり。

そりゃもちろん、

『君の絵上手いし尊すぎる……!!』

見たいな感想が一番なんですが!

技術というのは小手先テクとは違って知識でど

うこうなるものではなく積み重ねの経験値だから、おいそれと評論の高得点は出ない。

それでも、感想は抱けるものです。

 

ただし!工夫しないと感想も得難いものです!

その工夫はやっぱり『仕込み』によって出てきますから、そこを怠ってはいけないんですね。

 

どうすれば良いのかを考えるなら何か例をあげて『どうしてこれが美しいの?』を追求すると良いと思います。

例えば、ツンデレ

なぜツンデレは可愛いのか。ツンデレのどこが可愛いのか。

長田的にはこうです。

 

ツンデレの魅力は『本音を隠す純粋さ』にあり、それが自分では気づいていない所に、若さゆえの未熟さを漂わせる効果があります。破壊力が増すのはツンデレされた相手がツンデレの本心に気づいちゃった時が絶頂。ツンは完全に『強がり』であるが、デレは間違いなく『本音』であるべき。故に、意図的なデレには全く興奮しない。意地っ張りな相手の素が出た時こそ、受け手に伝わる真意、突如に理解する今までの態度の仕組み。その後のツンは全て可愛い嘘となるわけであり、意地を張ってる子の頑張りに微笑ましさを感じざるを得ないのです。

 

そして、そのロジックがわかって初めて言えるのです。

ツンデレは完成された王道の萌えの一つである』と。

 

さてさて、脱線したので最後に今日の記事で何が言いたいかをまとめて強引にしめたいと思います。

 

ツンデレは萌え。

 

本日はここまで!!