創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

得意料理「きのこ炒め蒸し煮込み汁」+アイラヴブログできました!

おはようおはよう!!

長田ですぞ!!

 

長田ですぞはてなぁ!!おらぁ!!

二週間目だな!やってやるよ!!やりゃあいいんだろ得意料理!!

はてなどぶ汁って知ってるか?

アンキモを沢山ぶちこんで火を通すと、アンキモに入ってた汁があふれでてきて味噌を溶かすんだ。

濃厚な漁師の男達のメシだな!!

 

今日はそれをキノコでやんだよ!!

キノコ好きにはたまんねぇけどはてながキノコ嫌いだったらこれほど恐ろしい食べ物はねぇだろうよ!!

それじゃあいくぞ!まずは材料チェックだ!


f:id:nagatakatsuki:20171123045505j:image

まずキノコの選び方を教えてやる。

地元のちょい新鮮なもんを扱ってそうな市場に入るだろ?

全種類一パックずつ買え。

いいね?

ところで今回長田は、しもふりひらたけとかいうニューフェイスを発見していつもより更に多くなっている。

はてなは貧弱でヒョロガリだから、食べきりたいなら舞茸とひらたけを外しとけ。

後悔せんうちにな。


f:id:nagatakatsuki:20171123045531j:image

洗うわけだが、ぶっちゃけると長田は普段キノコは洗わない。

土も別に火を通せば充分やろ。

だから今回ははてなの為に洗ってやってるんだ。いいね?

この際だからはっきりと事実を言わせてもらう。

 

土は結構美味い。

 

いいね? 


f:id:nagatakatsuki:20171123045619j:image

洗う順番はやたらきたねぇ奴順だ。

舞茸は実のところキノコ野郎の中でもかなり変態的な味がしやがるので出来れば外したかった。

でも売っていた以上泣き言は言えない。

わかるか?はてなそれが男ってもんだよな?

ついでに、キノコには石突きってもんがあるんだよはてな

長田は石突きもタンパク源だと思うので入れてる。

でも舞茸の石突きは信用ならない。

今回は嫌な予感がしたので省いた。


f:id:nagatakatsuki:20171123045637j:image

ひらたけの性質を肌で感じる。

とんだダークホースだ。こいつ、エリンギ属性なのかよ。

パサついて縦に裂けるタイプだ。

このタイプは結構火が通らなくてムカつく。

できるだけしっかり裂いとけ。


f:id:nagatakatsuki:20171123045810j:image

エリンギは別の器だ。

こいつは先に強火で焼く。

今回のメシは最終的に煮込み料理になるが、エリンギは旨味が逃げるっぽいから強火で炒めてからにしておきたい。

ちなみにわかってると思うが包丁なんて使ってんじゃねぇぞ。

サバイバルでいつもナイフが手元にあると思ったら大間違いだ。落としたらどうする?

そういうとこだぞ、はてな


f:id:nagatakatsuki:20171123045826j:image

キノコオブキノコだ。

なんか思ったのと違うがしいたけらしい。

椎茸は産地によってマジで七変化する意外と芸達者な奴だ。

いいかはてな。長田はその昔、しいたけを用いてカビの研究をしていた。

ちゃんと専門的に、だ。だから思い入れが強い。

最重要なんだよ、椎茸は。

f:id:nagatakatsuki:20171123045849j:image

適当に準備がおわったら、酒と醤油とこしょうをぶちまけて揉みしだいた適当な生肉を用意する。

普段は豚バラ肉だ。火が通りやすいからなはてな。お前みたいに薄っぺらいからな。

けど今回は欲望に負けてマイジャスティスミートである鶏もも肉だ。

昔は安売りのむね肉しか食えなかったんだ。反動でももが好きなんだ。

だから長田もレッグプレスを中心にトレーニングしている。

大腿四頭筋を鍛えろはてな腰を守ることができる。


f:id:nagatakatsuki:20171123045909j:image

ごま油だ。香りよし。

本当はサラダ油で肉を焼き、一旦よけてきのこをごま油で炒めるべきなんだが、めんどくさいじゃないか。

男らしく一発で行け。ごま油だ。

両面を色付ける位でいい。このあと良く煮込む。

ここで調味料確認をしておくぞはてな。用意してなかったらまだ間に合うから急いで用意しろ。

別に何だっていいんだけど今回はオイスターソースだ。

小さじで二杯くらいいれとけ。

醤油も酒も同じ量だ。水はその倍だ。

きのこ汁あるし無くてもいいと思うけどな。

気休めだ気休め。濃いのが好きならそのままいけ。

自分と逆のタイプの異性が好きになるっていうだろ?

薄いはてなには濃いのがいいんじゃないの?

つまり何が言いたいかっていうと今回ちょい薄かったんですはい。


f:id:nagatakatsuki:20171123045937j:image

エリンギの野郎だ。腹が立つぜ。

お前がダメだと食べるときゴムみたいな食感で邪魔なんだよ。

ちゃんと火を通せばとても美味いのがより腹立たしい。

はてなみたいな野郎だぜこいつは。

いいか、強火だ。強火じゃないとダメだ。

肉に注意しながら強火でいけ。すぐ仕上がる。


f:id:nagatakatsuki:20171123050011j:image

後はもう適当だ。入れろ。調味料もだ。

何を心配してやがる。大丈夫だ、長田は米をおかわりしても食べきれる程度の量だ。

きのこはそこまで重くねえんだ。残すんじゃねぇぞ、こんなもん気味悪がって長田の家族は食わねぇ。

責任は自分でとるしかねぇ。


f:id:nagatakatsuki:20171123050025j:image

混ぜなくていい蓋を閉めてぼこぼこ言わせとけ。これでいいんだこれで。

鍋に白菜いれんだろ?あれだよ。

勝手に汁になりやがる。

なんか煮込まれてる感じがしてきたら、蓋を開けて具をかき混ぜるんだ。


f:id:nagatakatsuki:20171123050046j:image

おら!!スゴい色だろ……美味いんだぜこれ……。

 

「お母さんのお弁当茶色くてやだぁー」

 

ぶん殴られてぇのかはてなぁ!!

いいか、この長田家には代々伝わる格言がある。

汚い見た目のものと、臭いものほど実は美味い。

多分あってる。

ラーメン屋で意識高いもんが出てきたら店長を呼べ。

二の腕が太かったら「美味しいです」って言え。

 

さぁ、なんか上手そうな感じのタイミングで完成だ。盛れ。


f:id:nagatakatsuki:20171123050106j:image

これが定期的にやる長田の得意料理!

「いろどりきのこのオイスターソース炒め蒸し煮込み汁」だ。

やべぇだろ?お腹の調子絶好調だぜ。

多分健康にもいい。スタミナもきっとつく。恐らく。

いいかはてな

お前が二週間とか言い出さなければこんな醜態を晒すこともなかったんだ!

わかってんのかおめーよぉ!!

まるで長田が毎日やべぇもんばっか暴食してるみてぇじゃねぇか!!

 

良く聞けはてな

お前は大好きな子のすっぴんを見たことがあるか?

世の中真実を知りたいってワガママを言えば、こうして見たくもない現実を突きつけられることになるんだ。

なんで長田がこんなもん作ってるかわかるか?

ぶっちゃけ大好きだからだ!!欲の具現化したようなモンだからだこれは!!

好きなものを好きなように喰って何が悪いんだよ、え!?

あえて懺悔するが、ポテチでご飯食うと美味いぞ。知ってるかはてな

そういうことだよ。

長田が言いたいのは、そういうことだよ!!

これに懲りたら、もっと投げやりじゃないお題を持ってくるんだな。

 

これ以上こんなお題だされたら、次は塩もみキャベツとかにんじんしりしりとかまとめるからな!!!

おとといきやがれっつーんだコノヤロー!!

 

 

 

アイラヴの専用ブログを作りました!

idol-live-carnival.hatenadiary.jp

wiki作ったときに味をしめたので作りました~!

でもやっぱりあったほうがいいよなって。

深夜に思いついたのでこうなると止まらないもんだから、仕事だって言うのに書きまくっちゃった。。。

PFCSのSS倉庫に平然と書いているスタイルはもう変えようがないのでこのままでいきますが、書いたものをこちらでまとめさせてもらいますね。

アイラヴのノベルゲー形式も視野に入れてますので、ゆっくりやっていこうと思います。

 

新しい曲、というか、OPの歌詞を書きました!!

f:id:nagatakatsuki:20171123053505p:plain

 

絶対に電波曲……!!

でもリズムが思い浮かびやすいので、詞先でもできそうです。

詞先と曲先の違いについてですが、メロディを言語化できる人がいるんですよね。

そういう人は、曲先にしていいと思います。

僕はそのメロディのルールを知らないから、単語からリズムを作っていくやり方をとりました。

たとえば、「ららら」と三文字続いたとき、この組み合わせは「らーらら」「らっらら」「らーらっら」「ららららら」「ららーらら」「らーららら」「らーらーらー」「らららーら」「ららっら」と、色々なリズムを刻むことができます。

それらに音階を当てはめたものを、メロディと採用する方式でいくつもりなので、曲先よりも長田は楽なんです。

っていうか、個人的には曲先でできる人って天才なんじゃないかな……。

考えなくてはいけないことが沢山ありすぎて、ルールを逸脱しないようにメロディを組むのって並大抵の事じゃないような気がします。

スケールっていうものを知ったのはだいぶ経ってからでしたし……。

最初に作った曲をスケールに当てはめてもいいんだろうけど、それだと作るまで予想がつかないしなぁ……。

なので、

 

1 Aメロやサビの長さを決める

2 テンポを決める

3 スケールを決める(ジャンルを決める)

4 リズムを決める(全体ではなく単語のリズム)

5 スケールを守りつつメロディにしていく

 

こんな感じでどうかな。

あとはスケールに沿ってコード置いていけば、作曲がすべき項目は全て埋まるんじゃないだろうか?

 

三曲くらいつくれたら、コンテンツとしてもそれなりになるんじゃないかな?

今も改めて見落とし確認で、作曲をゼロから勉強しなおしているので、頑張りたいと思います~!

 

本日はここまで!!