創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

全は一、一は全?+みんなの更新!

おはようおはよう!!

長田ですぞ!!

 

みなさんは創作って好きですか?

たまに思うんだけど、創造性って誰にでもある要素なんじゃないかなー、なんて。

そんな創造力を形にする方法は、様々です。

絵や歌、文、踊りだとか、そういうもので発揮できますね。

 

でも、難しいですよね。ある意味特殊能力みたいなものですからね。

創造力、みなさまに体感してほしいな、と思って企画の運営をしております。

文字を書くきっかけ、絵を描くきっかけ。

そういうきっかけの作れる場所にならんかなぁ、と、日々模索。

他の企画とはまた違うものにしていきたいですね!

というわけで創作したい方はいつでも誰でも歓迎ですからね✨✨✨

 

本日の更新!!


pfcsnatuyu.hatenablog.com

うーむ、酷い話や。

っていうか、アンティノメルで初めて見たかもしれない正常なカップルがこいつらか……。

謝るくらいなら産むんじゃないよー、全く……。

現実でも、なんか一番見たくないニュースですよね、育児放棄で子供が死んじゃうニュースとかは……。

シュン君がマジメにパトロールしてなかったら大変ですよ。ご両親、別の意味で捜してちゃんと制裁して欲しいなぁ。

 

nezuzyouzi.hatenablog.com

アスミちゃんは俺たちのブラザーだぜ!!

リスナーの町田君だってブラザーだ!!ヒァ!!

音楽は人と人とを結ぶ良い文化で、ラジオはそんな文化を遠い先まで届ける良いものですからね。

テレビと違って声だけだけども、アスミちゃんたちが頑張ってるってわかるから、みんな頑張れるね。

ついついお便り出したくなっちゃう!!

 

 

 

イラスト練習とか、小難しい話とか

ほとんど腕の部分だけですが描き進めました。

f:id:nagatakatsuki:20170921041355p:plain

模写です。

あらあら、盛大にズレましたね…。手首ひとつ分空いてらぁ……

でも、いいんです。今日の目的はお洋服の描き込み方やねんて。

色つけるのからも逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ……。

グリザイユにばかり頼ってちゃダメだ……。ちゃんと色選びを出来るようにしなきゃね。

 

デジタルは、絵の具の量が無限です。

だから迷うことが多いんだけど、有限にしたほうが良いんだよね。

そういう意味も込めて、基本はデジタルでもパレットを作ります。

足りない色はパレット上で混ぜて作るんだよ~。

混ぜるための筆とか、設定しなきゃいけないね。

 

よく、デジタルは楽をするツールだって言う人がいますが、それは違いますですよ。

デジタルが揶揄されてた時代はとっくに過ぎて、今ではひとつの画材として技術は進歩していきました。

3DCG技術も、もはやパっと見ただけじゃ現実に見えてしまうくらいです。

そして、そういう技術はいずれ世界を変える、救う技術になる。

ゲームや映画、娯楽でしかないと思われたこれらのコンテンツは、他のことにどんどん利用されていき、たぶん五十年後にはSFの世界になってるんじゃないかって思います。

そんな予感がします。

 

そもそも、3D技術の始まりは戦闘機からでしたし。

核心的な技術の発展はその後、映画という娯楽を経て、ゲームや車のモデルなど様々な分野で大きな進化を続けています。

 

僕はSFが好きで、SFはその名前だけ読むとどうもロボットや宇宙船などといった機械とか星とかそういうものだと思われがちなんですが、SFの本来のテーマは進化なんですよね。

以前、かなり読むのがしんどい価値観の記事を描きましたが技術の進歩も近い気がします。

nagatakatsukioekaki.hatenadiary.jp

まぁ、ざっくり言うと、全ては地球の一部であり、役割をもって産まれていて、全ての生命体や物質でこの星、ひいては宇宙を作り続けているみたいな話なんですが……。

 

何かを進化、成長させるときは、一旦役割別に別れてそれぞれ進化して、最後にはそれぞれの進化した技術をみんな合わせて、普通の何倍もの早さで成長していくのではないかって。

進化を並行させて行うんですよ。分野でわけて。

 

そこで何が言いたいのか、という話ですが。。。

美術は「絵」に変わるまでに随分と紆余曲折して進化してるんですね。

音楽、彫刻、劇、建築と、その後の美術なんですよ、絵というのは。

だから、まだまだ発展途上のコンテンツであります。

遠近法が絵で使われ始めたのは15世紀においてのことでありまして、絵という表現はその後も長く続きましたが、絵の歴史において最も爆発的な進化をしてるのは間違いなく僕らの時代です。

その進化に関わった大きな要因は、ご存じパソコンの誕生。

1970年ですよ。パソコンの誕生は!!

っていうかですね、街に街灯が点るように電気が伸びてからまだ200年たってません。

コンセントなんて大正13年。ご存命の方もいるくらい。

元をたどれば歴史的革命家に必ず結び付きます。

そんな世界を作ったのは、それぞれバラバラのジャンルの人たちでした。

 

長くなっちゃうので、絵に話を戻します。

とにかく、人の創造力の再現方法を模索するツールの一つとしてCGの技術はものすごく役立っているのです。

アナログの進化系ではありません。デジタルからアナログが進化していることも間違いないことです。

絵のスキルだって、コンピューターがある今の時代は昔と比べて非常にレベルアップしやすい。

学ぶ環境がそこいらにあるのです。

 

後は人間そのものが進化していかないとな……。

そんなことを考えちゃう。SFが大好きだから……。

 

 

本日はここまで!!