イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

【PF】格闘ゲームキャラ立ち絵のラフ

おはようおはようこんにちは!

長田ですぞ!

 

今日はPF記事。

PFとは、パラレルファクターという長田のメイン創作です。

ストーリーをつらつらと載せていますが、本来は格闘ゲーム制作がしたい!という願望から産まれた創作なのです。

 

システムとかも妄想してて、このゲームにはコマンド技というものが無いっ!

ボタンは4ボタンで、そのうち一つは「PFボタン」です。

(他人の)魂を使った能力のことをPFと呼び、この世界のキャラクターは「結晶化された魂のデータ」を自分とリンクさせることで、そのデータの技を使用することができるのです。

 

普段のボタンである弱、中、強のボタンでは、通常通りの牽制となる攻撃ができるのですが、PFボタンを押すとガードができなくなる代わりにガンガン攻められる技が使えるようになります!

PFボタンでスタイルチェンジした後通常ボタンを押すと、コマンド技のような攻撃になる、というかんじですね。

あくまでも妄想ですよはい。

 

キャラクターのゲームの立ち絵を想像。

ここからが本題。

以前キャラクター一覧表作ったじゃない?

画力がずいぶん上がったので、そろそろみんなのたち絵つくっていこうかなって思って描いてます。

手始めにこいつ。


f:id:nagatakatsuki:20170122122721j:image

コードネーム「MAGE」

アスラーンの大妖怪、「アバター」です。
f:id:nagatakatsuki:20170122122733j:image

ズーム。

彼は妖怪特有の「呪詛」という技を使用し、三タイプの「形態変化」を使うキャラクターです。

鷹のように飛び回り、脚技や突進、人魂を飛ばすなどの神鳥モードと、素早く地面を這い、下段や中段といった技の振り分けが激しくなる神モードを使い分けるトリッキーなキャラを想像しています。

ニュートラルスタイルでは魔術師のように呪詛をばらまき操ります。

妖怪や精霊には呪詛、加護という技の為に特殊なゲージがあり、妖怪の呪詛は攻撃技の際に使用し、精霊の加護は自分の技やガードを強化させる際に使用します。

 

次はこの方。

 

f:id:nagatakatsuki:20170122122746j:image

コードネーム「SCAR」

大岩地方のスラム街マフィアのボスにして鬼のレジスタンスの頭、「白虎」です。

f:id:nagatakatsuki:20170122122755j:image
ず~む

彼女は鬼が伝統的に所持しているパワーアップアイテムのマジカルハープで、大岩から削り出した鈴の音色でスピードアップすることができる鬼です。

トントンとアウトボクサーのようにステップを踏むことで、一定感覚の鈴の音色の力で体感速度が本人だけ変わる。

パラレルファクター中でも他にヒトコ、ツラメ、アルダしか覚えていない特殊な能力の真眼を持っていて、高速の世界をスローで見ることが出来ます。

 

格闘ゲーム的な力としては、PFモードで目にもとまらぬ速さで画面内を駆け回ることができます。

同時に、連続技のラッシュ相手の身動きを封じます。

ただ、凄く打たれ弱いのと鬼の特徴として通常攻撃の威力は高いが、必殺技ゲージがとても貯まりにくいという欠点がありますので、決定力にかけてしまうキャラですね。

 

 

ちなみに前イラストはこちら。


f:id:nagatakatsuki:20170122134103j:image


f:id:nagatakatsuki:20170122134137j:image
f:id:nagatakatsuki:20170122134157j:image

お休みなので色々と作業しつつ、片手間にリメイクしていきたいと思います。

 

本日はここまで!