創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

超雑な正しいアタリの作り方

おはようおはよう!

長田ですぞ!

 

 

ちょっと大雑把に、骨と筋肉の見方を描いてみました。

モチベーション上がらなくてどんどん雑になっていきます💦
f:id:nagatakatsuki:20170120051839j:image
f:id:nagatakatsuki:20170120051854j:image
f:id:nagatakatsuki:20170120051912j:image
アタリをとるときにを意識してますでしょうか。

基盤となるアタリの知識が間違っていると、ラフで直ることはありません。

間違った知識をつけてしまわないように気を付けながら、お勉強していきましょう。

 

まず、とても勘違いしやすいパーツはです。

絵を描く際、腕は「横についている」って思っている方はおりますか?

そしたらしっかり覚えてほしい

 

腕は「背中」のパーツです。

 

背中には肩甲骨という、とても大きな骨が二つあります。

この骨は背中の表面に、鎧のようにがっしりと存在する骨なんですね。

肩の間接は肩甲骨に覆われています。

 

この骨は動きます。

両肩をぎゅっと背中の方に閉めてみてください。

肩甲骨がかなり動くのがわかると思います。

 

肩甲骨と鎖骨は隣接しています。

これも触ってみるとわかりますよ。

 

アタリを描く際、胴体のパーツと腕のパーツを分けて考えるのがいいですね。

今回の画像のように。

 

 

筋肉。

これはたくさん覚えなきゃいけないことがあるんですが、鎖骨の上の筋肉は、背中にある大きな「僧帽筋」というものです。

ひし形のものがそれです。

そして僧帽筋から肩に通る筋肉を「三角筋」といいます。

 

 

そんで、これめっちゃめちゃ重要なんだけどね。

三角筋は胸筋の「下」を通る筋肉です。

胸筋とは隣接していません。

 

筋肉には、このように重なり合わさる順序がありますから、描く順番はとても大切なんです。

あ、首の筋は胸鎖乳突筋って言うんだけど、これも重要だったりします。

 こちらも参考にどうぞ。


f:id:nagatakatsuki:20170120055257j:image

あ、右下の背中のピンクの部分は、三角筋以外も巻き込んで描いてます。

けど、大体繋がり方は同じです。

 

 

アタリ、簡略化するのは構わないんだけど、存在しない骨を描いたりしちゃだめ。

身体っていうのは、パズルのように組み合わされてできているのだから、肋骨や肩甲骨は本当に大切な部分なんです。

決して想像で作ったアタリは使用しないこと。

注意してくださいね。

 

 

 

最後に。

昨日ブコメでお題ロールを提案していただきました!

ご意見ありがとうございます(*^w^*)

 

でも長田は「お題系」は使いません!

好きでもないものを描きたくないんや…。

誰に対しても需要ないし。。。

僕も好きじゃないし、正直そんなもん特別見たくもないやろ?

神絵描きさんのならともかく。。。

リクエストは、相手に需要があるからやるけど、いつも思うけどお題ロールってマジ誰得…。

想像力トレーニングするなら小説読んだりするほうがオススメ。

好きなことしてると、描きたいものも浮かぶでしょう。

お題ロールなんて使わないで、映画見たりゲームやったりするほうがいいよ。

 

 

というわけで、好きなもの描きました!


f:id:nagatakatsuki:20170120062611j:image

大人になって好きになったものってあるよね。

まいこさんCOOL!

 

本日はここまで!