読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

会話の法則のひとつ?

おはようおはよう!

長田ですぞ!!


f:id:nagatakatsuki:20170116050308j:image

オリポケ案。

ケーキ、新卒、カエル、水タバコ。

 

変な発見をした。

いや、なんというかとてもいやらしい法則を発見しました。。。

ここ数日試してみたところかなり的中する会話法。

中々シンプルに怖いんだけどね、ちょいとお暇な人はやってみてほしい。

 

会話はまず否定させてからそれを肯定することで次の話が肯定されやすくなる。

 

何を言ってるのかわからんと思います。

けれど、最近同年代の知ったかぶり&否定癖が露骨だったため、個人的に試してみたんだよ。

恐らくは、親しい間柄なら大抵はいける。

 

結局、対話をするときは初めの一手次第で流れがつかめる。

気づいたのは、彼ら話のどこかで否定することにより、相手に自我を知らせたいだけなんじゃないかっていうこと。

なんとなく気持ちはわかるので、これは多分、未熟だとか若さだとか関係なく、日本人特有の感情なんじゃあないかって思う。

 

 

そこで、だ。

先に意図的に否定しやすい極論を投げ掛けたらどうなるのか試してみた。

実は年末から試してみてた。暇ができたので。

昨日、そろそろまとまったんじゃないかと感じて最後に家族でも試してみた。

 

結果は、最初の極論は否定され、何故かを問い、相手の考えを素直に受けとることでフランクな空気が現れる流れまで確信した。

人によっては僕が肯定したタイミングでチャチャをいれることもあるが、そんなこたぁ問題ではなかったんだ。

 

ここからが大事。

ここからが本題なんだ。

多分日本人特有の性質なんだろうけども、「2連続否定」は中々できないみたいなんだ。

面白いことに、どうやら同等の立場の人は、相手の意見と自分の意見に偏りができることを無意識で避けちゃうんだ。

自分の意見を通した手前、できるだけ次の意見は肯定する努力をするみたいなんだ。

多分、相手の意見を尊重するターンを設けることで自分の意見の信憑性を高めるのだと思う。

否定ばかりしていては、自分の意見は肯定されないんだって感じるんだね。

 

つまりね。

どうせ否定されるターンが必ずどこかにあるならば、最初にそれを出してしまえば二つ目の意見は「普段より肯定的」になるみたいなんだ。

考えてくれるんだ。

 

僕は面と向かって否定するのがあんまり好きじゃなくてね。

自分が元々マイナーな意見を出すタイプなので、あまり表には出さないんだ。

だから相手の考察に対し、あんまり否定はしない。

肯定もしませんけども。

だから僕の話をしょっぱなから1秒も思考せず否定できる彼らの法則をずっと探してたんだ。

そしたらね、否定してるというより、自分の意見を相手に見せることで認められたい気持ちが強かっただけなんじゃあないかって、思ったから、ちょっと意地悪してみたんだ。

 

話をするとき、否定をする前に思考してくれればこちらも問題はないんだ。

というより、こちらは何時間、いや、何日も考えてることなんだ。

だから否定する人の意見ももちろん考えている上で出した回答なのね。

ですから、否定をする前に問いを投げ掛けてほしかった。

その問いに細かく答える準備をしていた。

でも相手が聞く気がなかったら、はっきり言って理解しようとすらしてないのがわかってしまうんですね。

それは寂しいな(笑)

 

まぁ、話はこちらも聞いてもらう努力をするべきなんだな。

その努力の方向性がちょっと違うんだろうけど、結構使えることだと思うからまとめてみた。

 

否定したら、「次は肯定しよう」って意思が相手に出てくるんだ。

貰ったらあげる、この平等感が日本人っぽくて(笑)

次からあえて始めに否定させることを狙ってみます。

 

あまり繰り返すと学習されてしまうからほどほどにします(*w*)

 

ヌフフ…こいつは使える法則を見つけちまったぜ…。

 

 

本日はここまで!!

午後が休みなので、ためちゃったコメント返信やメール返信をしようかな。。。

いつもお待たせしててごめんね!