読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

お絵描きを楽しんでみませんか?

おはようおはよう!

長田ですぞ!

 

ただいま久々に小説を読んでおります。

読みきるまでいろいろお休み中。

ということで、今日は紹介記事です。

poke-monn.hatenadiary.com

 なんちゅさんがまたまた描いてくれました!

アバターですね!

 

色が僕のオリジナルに近くて良いです!

ますますアニメっぽくなっていくなぁ。。。

淡い効果が素敵です。

 

僕だけの裏設定なのですが、創作キャラが集まる脳内楽屋があるんです。

そこのアバターを大変気に入ってくれたようで嬉しいですね(*^w^*)

あの設定見せたのは特別だよん!

ファンサービス(^-^)v!(何様)

僕、映画ではニコラスケイジの大ファンなんですけど、彼の知的で紳士的な普段の顔を知っているからこそ役者の時の冷や汗シーンの顔がスゴく素敵に見えるわけですよ。

あ、個人的にニコラス作品は8mmがおすすめ!

 

 

アバター、一応本編では第一印象がかっこよく見えるように心がけますが、かっこよさに俳優本来の日常からのギャップみたいなものを感じ取ってくれたら嬉しいな、と思います。

 

 

お次はフールさん。

thefool199485.hatenadiary.com

リクエストに答えていただけました!

神話生物が見たい、と…。( ̄▽ ̄;)💦

さすがフールさんやはりマニアックなところをついてくるっ!

長田は昔ショゴスというのをリクエストされたことがあって、神話生物を描く楽しさを実感したのです(あくまでもモンスター絵描きのサガですが…)。

 

ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))

ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))

 

 

いや、実は確か以前R-TYPEのお話にノってくれた覚えがあり、フールさんはSAN値高そうだな、と…

スゴく見たかった。良い機会が無かった。反省はしていない。

フールさんの神話生物が見れるのはここだけ!

テンション上がって紹介してしまいましたゾ(*w*)

どうもありがとうございました!

 

 

お絵描きを楽しむ。


f:id:nagatakatsuki:20170114062946j:image

オリポケ案色々。

ウィルシは自信あるデザインです。

タイプはもちろん毒。

コロニアドは進化系です。

ウイルスと、細菌のコロニーを元にしたオリポケですね。

 

オリポケは楽しいです!

なんちゅさんやフールさんもお絵描きを楽しんでいる様子があり、今回のお話も兼ねて紹介しました。

楽しんで描いている絵は、見てるがわも楽しい!

 

 

僕の記事でよく注目記事に上がる絵を楽しむってどうすれば?という記事。

実はこの記事が注目記事に上がると読者が増えるorメール相談が来るという微妙に怖い統計があります。

 

ざっと内容を説明すると、

  • 「下手でも楽しい」は言い訳。
  • 楽しむためには上手くなれ
  • 今その場で上手くなる方法はこれだ

というなんというか我ながら過激な記事なんですけども。

 

 

何度もメールで誤解を説いてるんですがっっっ!!!

 

決して、下手なやつは描くな、と言ってるわけではなくてね!?

 

つまり、「下手だけどこれでいーんだよー(^-^)」と言ってる人の心の中は「上手いか下手か」が常に渦巻くダークサイドであると。

 

下手だ、だなんて自己評価してたら楽しいわけがねーだろっ!!と。。。

 

なので、「下手だ」なんて思わないように、画力にこだわらないように描きなよっ!っちゅー話なわけでして。

 

 

 

結局ね、悲しみを抱く理由は「劣等感」なんだよ。

他人と比べてお絵描きをする、そんなお絵描きで楽しいわけがないじゃんかと。

「下手だけど」楽しいって、嘘だろ!って。

 

 

うーん、言いたいこと伝わるかなぁ?

目的がないお絵描きっていうのは、上手いか下手かという問いが必ず投げ掛けられる。

それは、趣味の範囲を超えているんですよ。

スポーツや歌とかでも同じことなのね。

サッカーが楽しい、カラオケが楽しい。

それは、みんなと運動するのが楽しい、声を出して好きな歌を歌うのが楽しい、それだけの気持ちのはずでしょう。

そこに上手いか下手かを考え始めたのはいつからなのか。

 

要するに、上手いか下手かを先に言う(思う)必要はない。

「下手だけど○○描いたよー!」と言う時、「下手だけど」は要らない。

 

 

そしてね、これは決して「上手くなることを諦めろ」と言ってるのではなくて。

 

上手くなりたいなら上手くなればいいわけなのよ。

 

この辺で僕を殴りたくなった人もおるだろうけど、ここでよく出てくるのが「自分には才能がない」という言葉。

普通の人ができることを、自分はできないと思ってしまうその心。

長々書いたけど、この部分があの日記で言いたかった事なんですよ。

 

 

えぇっとね。

上達って、「もうしてる」んだよ。

少なくとも今言った「下手だけど」を前提につける絵描きさんは、影で練習してる人なんだよ。

練習してるから辛いんだよ、上手くないのが。

これを僕はお絵描きダークサイドに落ちるとよく呼ぶんですがね。

彼らは上達「してる」んだ、実際。

それを上手いか下手かを基準にしているから、劣等感が募って途中敗退してしまう。

 

手元の練習成果が見えない病。

これこそが「お絵描きダークサイド」。

 

だから、あの記事が意図することってのは、そんなみなさんでも上手く描けるんだよ~!と言いたかった。

「今ある技術」で上手く描く方法を教えてあげるよ~と。

その後の説明はとても雑なのは反省していますが、自分でもここまで描けるんだ、と知ったら「架空の才能の壁」を崩せるのではないかと。

 

実際、あの記事からメールくれた方は高確率で一時リピーターになってくれています。

上達する事の楽しさを覚えたら、成長は早いんだ。

ブレーキをかけているのは焦っているその心。

練習は小さくコツコツやるのが一番。

普段描く趣味絵、遊び絵は、上手く描くことを目的にしてはいけない。

 

 

僕は元々一次創作の人間だから、二次創作の喜びをあまり知らなかったんです。

二次創作には目的があった。

僕は、紛れもなくダークサイドに落ちていた絵描き。

二次創作しない理由が下手だからだったんですよ。

自分の好きなキャラを下手に描くのは苦痛だった。

思えば完成した絵にしか興味がなかったんですね。

それが後悔の一つです。

 

ですが、絵を描くこととはイコール作品を創ることではなかった。

 

想像を表現することだったのです。

 

どちらかと言えば絵というより、発想が楽しいの。

シチュエーションや、クリエイトが楽しいんだ。

絵描きの本質はそこにある

 

アバターを描いてくれたなんちゅさんや、リクエストを受けてくれたフールさんの絵、他にも以前交流して下さった皆さんとのお絵描きは、スゴく本質をついているなぁって思います。

実際他の人もやってみてほしい。

個人的に描く時より明らかに高揚する自分がそこにいます。

 

 

 

練習の目的は上手くなるためですが、趣味のお絵描きは何のためでしょう?

練習とはつまらないものですよ。

楽しいお絵描きは練習じゃないお絵描きです。

想像を形にしてみましょう。

それがお絵描きのスタートラインなのですよ。

 

 

本日はここまで!