読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

「忘れるため」のメモ

おはようおはよう!

長田ですぞ!

 

新たに小説を読んでいます。

ですから、絵はお休み。

週末はキーボード練習しなくてはのう。。。

 

過去より下手になっている案件

絵には劣化ってのもあるんです。

これは描いていないと下手になる、というばかりではないんですよね。

大切な心構え、新たな発見などが、ちょっと意識から外れてしまっている時といいますか。

テンションに任せて描いていると、いつの間にか忘れてしまうこともあるんですな。

 

上手くなったと自分で思ったとき、大体高確率で劣化してます。

ですが、それは大丈夫なんですよ。

心配ない。

テンションにブレーキをかけて過去の絵と今の絵を比較してみると、過去の絵の良いところが消えていることに気づくんです。

 

劣化とは言っても、決して下手になっているわけではないんですね。

以前似たような記事書いた時は「下手になる」と書きましたが、あれとこれは違うお話。

あれは手癖の話。

今回は、練習もしていたのに劣化した時の話。

 

それは、冷静に考え直せば一日で治ります。

その時に、初めてレベルアップしたのだと言えるのです。

 

保存しやすいノートに描く。

描いた絵は捨ててはいけませんよ。

よく昔の絵が恥ずかしいといった理由で毎回処分している方がいますが、レベルアップの機会をどぶに流していると言わざるを得ない。

そもそも、捨てる理由なんて大抵は邪魔だからです。

ですから、あまり邪魔にならないものに描いた方がよい。

アナログなら保存のしやすいノートやスケッチブックが良いと思います。

おすすめは無印のダブルリングノート

罫線なしの自由帳のものです。

 

 書き味が良く、筆圧をかけても次のページに影響のない、良いノートです。

シャープペンでも滑りが良いですね。

段ボールに何十冊も保存しておけますから、重宝します。

 

ちゃんと思考しながら絵を練習しているならば、過去の絵を見たときに心構えとして持っていた重要な事をすぐに思い出すことができます。

むしろ、覚えたことは一度意識的に忘れておくことも大切なんですよ。

 

「忘れるため」にメモをとる。

これは絵の話ではなく、お仕事の話ですけどもね。

僕は頻繁にメモをとります。

その理由は、行動中に余計な事を考えないようにするためなんですね。

誰かとの待ち合わせ時間、仕事先の住所、やるべき事のメモなど、そういうものは山ほどあります。

睡眠時間とかもメモしますね。

昼寝をすべきかどうか、僕はあまり好き嫌いといった感情を優先するタイプではありませんので、眠くなくても寝た方がいいなら寝るし、眠くても睡眠時間が総合的に足りてるなら寝ません。

ですが、予定に組み込まないとわからなくなってしまう。

わざわざ思い出すのにも無駄な時間をつかいますので、どっかにメモを残しておく。

 

メモというのは、別に書かなくてもできます。

例えば、枕の位置を変える。

ゆっくり寝る時は、目覚ましからあえて遠いところに枕を仕掛けます。

深く寝ないようにするときは、目覚ましから近い位置に。

 

食事をとるかとらないか、というのも、財布にあらかじめお金をいれておくことがメモになります。

 

そのように、必ずしもメモとは文字で残す必要はないんです。

 

出掛ける前に枕を蹴っ飛ばすだけでメモ完了。

一秒未満のメモ残し。

 

 

仕事するときも、例えばものを置く仕事をしてるんですけど、置く場所にあらかじめ台木を置くことで、思考の時間をカットします。

作業中に思い出さなようにすることで、効率的に進められるんですね。

ですから、「次なにすればいいですか」という質問が嫌い。

手元が止まるような指示はしませんが、言われた事が終わってないのに次の事考える子は苦手。

集中してやってない証拠です。

最初に全部伝えて覚えられる子なら先に全て作戦を共有しますけども。

 

 

思考が邪魔になる

話がそれました。

僕はここ最近考えろという記事を良く書いてましたね。

ですが、裏を返せば描いてる最中はむしろ「考えるな」と言いたい。

練習中は感情を捨てる。

難しいですが、それがコツなんですよ。

 

上手く描こうと考えない。

何故上手くいかないのかと考えない。

何時までにと時計を見ない。

あと何枚かと先を考えない。

 

ただ、愚直に描くべきものを描ききる。

ただそれだけ。

 

 

思考のターンと行動のターン。

行動結果は思考する。

思考結果は行動する。

 

考察をすれば行動が活きてきますが、何も考えずにまた行動をしても意味がありません。

かといって、色々小難しいことを考えるだけ考えたとしても、行動に移さなければ時間だけを浪費します。

 

思考→行動→思考

これさえできれば、何をやってても大丈夫だと思うのですよ。

 

 

本日はここまで。