読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

メタモン の さいみんじゅつ !

その他



おはようおはよう長田ですぞチクショウ!!

メタモンの野郎にしてやられました!

 

寝落ちしたのは久々だよッ!!!

長田は一日のスケジュールは守るタイプだから寝落ちは本ッ当に困るッッ!

クソー!!

 

 

と、言うのもですね。

ご存じのように長田は常に動いていないと死ぬインスマス面のマグロ男なんですけどもね。

裏を返せば同じことをずっとやってられないんです。

 

最近はキーボードいじったりするのもルーティン化してきてて、やだなって感じたからちょっと休憩のつもりでメタモンのVを捕まえに行ったんです。

下準備にヤブクロンをたくさん産み逃がしました。

スリーパーはなかなか出ないし、ニューラはボール25個くらい使わせてくるし。

おまけにメタモンエンカウント率低い!

 

あ、ズバットの色違いを産みたいのです。

実はお昼、ボニ園の奥まで進んでたら色違いゴルバット見つけたんです!

いい色ダァ!!黄緑!!

 

抹茶のオニドリルと黄緑のゴルバチョフ

色違い出やすいとは聞いてたけど二体も出るとはなぁ。

 

 

話を戻すと、仲間呼ぶのめっちゃ失敗しやがるから寝ちゃったよ…。

昨日中に背景と髪の毛の講座と今日の絵を描こうと思ってたのに…。

いつもそれくらい平気でやってるのに…。

 

もう、家でポケモンはしない。

外でする外で。

 

なんだろう…なんか為になること書かなきゃ…。

そうじゃな…。

 


f:id:nagatakatsuki:20161202055452j:image
f:id:nagatakatsuki:20161202055500j:image

ここらへんでも貼っちゃおう、もう。

仕方ない。今日は仕方ない。うん。

以前相談者さんに向けて描いた漫画スケッチのやりかたの講座です。

好きな漫画などから構図を真似する、というものです。

普段は絶対版権のもと画像あるやつはそのまま載せたりしませんが、許してもらおう…。

講座の為だけにKindle買ったし、この作者さん二人は子供の頃から大ファンで本は全部新品でコンプしてます。

その上でKindle買って、数コマだけ借りて…。

正直絵描きとしては許されざる行為ですヨネ…。

 

 

 

………

 

 

 

エマ  全10巻 完結セット  (Beam comix)

エマ 全10巻 完結セット (Beam comix)

 

 あのメイドマイスター「森薫」先生のこだわりの集大成とも言えるイギリス・ロンドンが舞台の貴族と使用人による身分違いの禁断の恋愛劇エマは、後に多くのメイド信仰を産み出した。

森先生の描く繊細な建造物・装飾品はまさに「当時の職人」そのものと表せる恐ろしいまでのこだわりとフェチシズムを読者に伝染させる。

テーマに沿った危ない恋愛描写も生唾を飲むほどに重く切なく麗しい。

女性視点から描かれるヤキモキした男女のいざこざに、エマだけではなく、登場する全てのキャラクターの私生活、悩み、痛烈で残酷なその後の人生を余すところなく描ききってしまうのがこの作者の最大の特徴と言える。

学生達が繰り広げるような若く甘い恋愛話に慣れ親しんだピュアな読者は気をつけていただきたい。

この話は美味しいストロベリーショートケーキではなく、舌に残るビターチョコレートとカプチーノと言えるだろう。

余談だがこの人の漫画は単行本で買うことをオススメする。

後書きが人気なのだ。読めばわかる。読めば。

 

 

 

 色とりどり性格様々、ゴスロリドール入門の超定番大人気作「ローゼンメイデン」がヤングジャンプで再始動して世間を賑わせた。

原作突然のラストを読んだファンならば誰もが心臓の鼓動を早めただろう。

作者からの宣言通りの「恩返し」は予想以上のものである。

話は「パラレルワールド」であり、第5ドールの真紅のゼンマイを「巻かなかった」ジュンの物語。

過去のアニメ版ではかなりオブラートに伏せられていた「ジュンのいじめ問題」の描写は読み手側の感情を大きく揺れ動かすものである。

ローゼンメイデンはジュンの成長を感じる物語であり、このようなシーンも直視しなくてはならない。

なぜなら、ドール達は争いの中で人のこころの奥底に入り、共感し、契約を結んで成長するのだ。

自分達を作った産みの親、「ローゼン」にただ愛されたいが故に完璧なアリスになるため争うが、姉妹間の愛情が邪魔をする。

個性豊かなドール達だが、似通ったキャラクターはいない。

故にファンの間では派閥が絶えないのもこの漫画の特徴だ。

 

 

 

よーし、ダイレクトマーケティングだ。

興味を持って漫画読んでくれたら嬉しい。

熱烈なファンだからこそ講座に使ってしまったのだ…。

ローゼンメイデンは子供の頃に新しい扉を開けてくれた作品だし、エマは僕のエンターブレインマニアへの第一歩なんだ。絵柄も変わっちまったよ憧れすぎて…。

 

 

本日はここまで!!!