イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

自分の歌を聴く…

こんにちわ!

長田ですです。

 

本日午後のお仕事。

久々にお寝坊しました!(八時)

やー、気持ちいいね。いい天気だ。

 

 

早速PFのCGをかんがえていますよ。
f:id:nagatakatsuki:20161105111420j:image

f:id:nagatakatsuki:20161105111440j:image
f:id:nagatakatsuki:20161105111451j:image

何回も描くから、まずはとにかく絵に起こします。

 鉛筆で描いたらちゃんと構図考えて、次はドローイングペンで描くよ~。

コピックの青をいくつか買っておこう。ラフスケッチの影に使う。

 

ちなみにアクションゲームとか結構参考になったりする。

客観的目線の絵は一人称視点、全体の構図は三人称視点とかでね。

アサクリとか買ってこよっかな。

 

 

今日は、そうだなぁ。

最近よく話してるし、カラオケの話でも。

 

長田、ついにカラオケマイクの使用をやめました!

 

邪魔だぁアレ。

 

人と行くときはもちろん使いますけどね…。

最近スマホで録音したりしてるんだけど、長田、凄いロングトーン出来てない。

いままではマイクの反響音を利用してたんだなぁ。

音程にミスがあったのは曲のうろ覚えによるものだったんで、これは矯正するのは簡単でした。

ガイドボーカルってのがあるんだね!

いままでカラオケの機能なんて多用したことなかったけど、これはいいな。

正しい音程を教えてくれるね。

ガイドボーカルついてない曲も多いけどもね。

 

練習で上手くなろうとしてるのは確かにあるんですけど、カラオケじゃなくて歌が上手くなりたいよね。

人間、練習して出来るようになるのもあれば不可能なものもあるじゃない。

槇原敬之とか宇多田ヒカルとか好きですけど、とても特殊な声質じゃないですか。

 

一秒でも聴けば誰かわかるくらい特徴的な声。

あれ、いいなぁって思うから好きでね。

サザンオールスターズとか、KREVAとか、ポルノグラフィティとか、皆特殊なのにな。(なんか世代感じるなこれ)

しかも、作った声に聴こえない。

すごく自然な、本人の声だというのがわかる。

 

長田は誰の声なのかすぐわかるようなアーティストが好き。

憧れる。

アゲインストザカレントにハマってるのもそういう理由かもしれないなぁ。

 

エミネムとかいいよね!

何故か厨2扱いする奴いるけど。

 

まぁ思えば絵もブランドも俳優とかもそういうのが好きなんだよな。

みんなも大体そうだろうし。

 

漫画ももっとさぁ…。

いや、なにも言うまい…。

 

とにかくですよ。

自分の声を何度も聴く必要がある。

 

絵を描いてて学んだことなんだけど、「自分の味」って良い続けてなにも変えないパターンが一番カッコ悪い。

自分の味でも、余計な部分はカットしていかなきゃ。

悪いとこもあるからね。

 

悪いとこしかない、なんて事もないしね。

自分を客観的に見れる人はかなり大人だと思うよ。うん。

だからプロデューサーってのがいるんだ。

 

 

自分の「歌ってみた」とかマジで気がおかしくなるくらい聴きたくねぇけど、まぁそれでも頑張る人が歌の上手い人だ。

いずれ自作した歌を歌うんだから頑張るぞっ!

この辺はまるっきり絵と同じだ…。耐えるしかねぇな…。

 

 

本日はここまで!