読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

スケッチと脳内

おはようおはよう!

長田ですぞ!

 

いやー、絵を描かない日が二日くらい続くと不安で押し潰されそうになる豆腐メンタルの長田ですけども、最近はブログを書くのにもその感じが醸し出されるようになってきました。

今日は長田のお絵描きの心情を雑記しながら昨日描いたスケッチでも載せますよ。

まったくもって大したもんじゃないのですけどねー…。

脳内スケッチだし。

資料を元に描くときは。

f:id:nagatakatsuki:20161024054647j:image 

男臭いおっさん。

長田は絵の訓練の時はわりと厳しめ。

自分のことを常にボロクソに見ています。

 

スケッチなんてもんは上手かろうが下手だろうが関係ない、描きながら理解しろ、と。

 

俺は下手だ俺は下手だ俺は下手だ。

だから、スケッチの出来なんてこんなもんだこんなもんだこんなもんだ…。

 

自分に言い聞かせる。 

おこがましいのである。「上手く描けるかも」なんて考えは。

どうせ完成品もドヘタクソなのだ。

だからこそ、とにかく描ける。

今はこの程度しか描けない。そういう地点を知っているからこそ、そこまでの反復練習ができる。

この「描き続ける訓練」は、絵を忘れないためにやる訓練。

ここまでは描けるんだ、そう思いながらとにかくスケッチする。

手に馴染ませつづける。

 

サークルメンバーの子に、線が綺麗…と褒められましたが、いつからスマートな線がひけるようになっていたのか覚えてはいない。

スケッチの回数が増すごとに、少ない線でなんとか出来るように変わっていった。

それが関係していると踏んでいる。

 

頭にあるものを投影。

f:id:nagatakatsuki:20161024054712j:image

 不良少年。髪の毛は好き嫌い別れそうだけど、長田は嫌いじゃないセンス。

長田はイラストを描くときはとにかく考えない。

描く作業は思考が邪魔になる。人間プリンターなのだ。

イラストは脳内のもじりである。

とにかく描くしかない。頭にあるものをあるがままに描くしかない。

付け足すことはしない。

ただし、要所要所で手を止めて考える。

考えるときは手を止めなくてはいけない。

考える。描く。考える。描く。

描きながら悩んだりしない。悩んだらぐちゃぐちゃになってしまう。

頭を使うときは音楽が邪魔になるが、描いているときは考えないようにするためにわざと聴く。

最近はユーロビートが続いた。

パラッパラッパーは素敵だ。

Ta !! Ma !! Negisensei !!!!!!!

 

男性と女性
f:id:nagatakatsuki:20161024054732j:image

描いている最中、危険な考えが脳をよぎる。

俺はいったい、男性と女性のどちらの方が描くのが上手いのだ?

自問自答する。

上手い、とはどういうことか。

イケメンな男を描けると上手いのか。キャワユイおなごを描けると上手いのか。

ささやかな反発精神が動き出す。

松本大洋みたいな少年を描くぞ。

大友克洋みたいな女性を描くぞ。

ダメである。彼らは不細工が上手すぎるのだ。

天性のソレを感じる。

こんにちの若者はテメエを含めて、美男美女を描きすぎだ。

画力の高いブスがみたい。

人気のでるようなブスを是非。

 

表情で台無しにする楽しさ。

f:id:nagatakatsuki:20161024054748j:image

少々猟奇的な女性が描きたくなったのだ。

酷い表情が嫌いな人はそうそういないだろう。

みなどこかしらでヤバい顔が好きなのだ。

出来ることならば自分もこんな感じの表情をして怖がらせたいと思ったこともある。

非常に危ない考えだ。端的に言ってアホだ。

だが猟奇的なのはかっこいい。

現実にいないからである。

ちなみに現実にいそうな猟奇的な子の描写を描いてしまう絵描きもいる。

残念だがちょっと見るのがキツい。

批判を糧に成長しよう。お互いに……。

 

 

人の絵を描く

f:id:nagatakatsuki:20161024064155j:image

同人サークルの、メンバーのキャラである。

長田が描いた方だし載せてもまぁ大丈夫なんじゃないかと結構ビビりながらも公開に踏み切った。

これは練習絵だ。練習なのだ。

詳細はまだ待ってほしい。無許可だ…。

女性の描くイラストは華やかである。

洋服にこだわりを感じる。

もう一人のイラストもあるが、まだパソコンで描いていないので載せない。

ちなみに長田は髪の毛にこだわりを持っている。

長髪の自分の髪の毛が抜けるたびに悲壮感が酷い。

禿げてはいないはずだ。

現場終わりは髪の毛が左右に潰れて頭皮が見えている。

非常に恐れている。

禿げたくない。

みんなには切るのが面倒だからとかどこまで伸びるかやってみるとか情けない嘘をついているが、長田は髪の毛がかなり好きなのだ。

ツルツルレベルのボウズやあみあみのライン、スヌープドッグやカイ・グリーンのような変わった髪型も好きだが最近の男のキノコめいたサブカル野郎の髪の毛を認めたくはない。

禿げたくない。

 

 

以上、お絵描き中の心の内部でした!

本日はここまで!!