イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

昨日の続き?

おはようおはよう!

長田虫ですぞ!ミンミン!!

 

 

ジジジジジジジジジジ

 

 

昨日は兄キングがマジ凹みで帰ってきて三時間愚痴を聞いてあげてたのでお絵描き無しです!

うーん!たまってんねぇ…

しゃーない、人間だものな。

 

 

特定の人にむけてお話しするときは一人一人ちゃんと合わせて難しい言葉を避けましょう…。

意味もなく難しい言葉並べたら、内容わかる人間が見たときに突っ込み不可避で恥ずかしいぞ。

「何言ってるんだこの人」みたいになる。

ん??あ、いや、独り言。

ブロックしてるくせに名前引用されてなんかちょっと腹立った。

ブロックしてるくせに。(笑)

 

 

過去イラストの塗りについて解説いれます。

たまぁに長田もよくお話してますけど、厚塗り以前は「長田塗り」を開発して塗ってました。

その進化のご様子を、過去イラストからお話しまぁす。


f:id:nagatakatsuki:20160927055511j:image

長田のエロ絵全盛期時代。

主にオープンだったころのエロ絵ですね。

この後から別アカでエロ描いてました。

見せられないのが残念だけど、死んでも見せたくないわ。

 

色味をグラデーションかけるってやり方は一般的だけど、これは彩度をグラデーションしてますね。

こうすると絵がくりくりハキハキして凄くいいんだよね。

主に肌とかに施すものです。

 


f:id:nagatakatsuki:20160927055522j:image

この絵は肌の艶々感を追及した反面、衣類なんかの反射やかきこみを押さえてますので、肌に注目がいきます。

エッチですね、男なんてみんなエッチですね。

ぷらす、質感の区別をつくのに一役かっています。

指先や間接部分を少し赤らめると急にエロくなるんですよね。

なんていうのか、ほてりの巡りがドキドキ感を出すんだよね。

エロ絵は間接を赤らめる。これはエロ鉄則。

 


f:id:nagatakatsuki:20160927055557j:image

いっきに変わりますけど、これも長田塗りです。

黄色ベースにオレンジのグラデを入れると、非常に綺麗になるんでさぁ。

単純に鮮やかなんですね。

しかもこれ、すげぇ簡単なんだよ。

長田がよく話す小細工だね。

 


f:id:nagatakatsuki:20160927055609j:image

そろそろわかってきたかもしれんのやけど、長田は元々アメコミ好きなのね。

だからこってりハキハキしてんのが多いんです。

このイラストはペインホイールっていうスカルガールズのキャラなんだけど、照り返しがそこそこ良くできたと思われます。

 


f:id:nagatakatsuki:20160927055622j:image

んで、たまに出すこれ。

これが長田絵の理想像を具現化してると言ってもいいくらいの色付け。

フランスのドフスっていうゲームで衝撃を受けて以来、ずっとxaxaxaさんを追っかけてます。

長田塗りに取り込むのです。

 

 

 

 

 

 

最近は知っての通り塗らなくなってしまったので、あまり意識はしてないな。

 

 

そうそう、線画で大切なこと言うの忘れてた。

昨日のもう一回はるよう。


f:id:nagatakatsuki:20160927070102j:image

これを少しズームしてみてみましょう。


f:id:nagatakatsuki:20160927070135j:image

わかるじゃろか。

シルエットの線が本の少し太いってこと。


f:id:nagatakatsuki:20160927070236j:image

これも実はそうなんだけど、実は外側の線を先に引くようにしてます。

こうするとくっきりハッキリするし、色つけるのが超楽…。

描き方をもう少し詳しく描きますね。

 


f:id:nagatakatsuki:20160927070621j:image
いまマックで適当に描きましたこの子に線画を施します。


f:id:nagatakatsuki:20160927070703j:image

ここが注目です!

長田は太めの線で必ずこういう感じのシルエットを先に描きます。

ただそのときに、線と線の交差するようなところはその部分だけ少し食い込ませて描きます。

首もととかわかりやすいかも。

黒ベタになるから先いれとくと楽。

あ、前髪ちょっとフライングしちゃったけど気にしないで無視してね。

f:id:nagatakatsuki:20160927071030j:image

後で内部を細かい線で描いていきます。

細いペン今もってなくて、差はだしたんだけどちょっとわかりにくいかも。

はみださないようにね。

ちなみに消ゴムかけなくてもこれくらい鉛筆って意外と目立たないよ。

長田は基本消ゴム使わないからね。

 

シルエットをなぞるのが長田は最重要だと思ってます。

画面支配率的なやつを確認するのにも重宝してます。

こういう描き方もあるんだよ、という一例として覚えておいても損はしないかもですね!

 

 

本日はここまで!