読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

ゲームの好みと役割分担

長田のイラスト

おはようおはよう!!

金の長田ですよ!(木)

 

 

リクエストの伏見弓弦くん。
f:id:nagatakatsuki:20160915044345j:image

 めっちゃ喜んでもらえて長田すごく嬉しいです。

でも リクエストうけてると最近ちょっと思うんですが……

 

長田が男ってことはわかってるんですよね?

 

女性向けばっか描いてるゾ

いいけどね…嫌いではないけどね…。

 

割りと上手く描けたと思います。

清書してるわけではないけど…。

三時間くらい。

ただこういうソシャゲ系イラストは資料数がダンチだから楽です。

トリプルディスプレイの二つを弓弦くんで埋め尽くすという男としては別ベクトルで変態な感じの作業風景。

親がレモネード作って持ってきてくれましたチクショウ。

昨日のマギのイラストは難しかったデスヨ~。

 

あんまり悩んでないから三時間っつっても作業は一方通行でノリノリ。

線画つくったら合計四時間くらいだと思うけど、まだ週の真ん中だからぬぇ。

 

えーと、あんさんぶるスターズって言うんだっけこのソシャゲ。

男の子アイドルのゲームかなんかだよね。

お友だちはこのキャラのおかげで初めて貢いだそうです。

 

さて、ソシャゲ系の絵柄についてですが!

実は研究してるとわかってきますが、結構見た目ほど難しくないです。

背景次第ですかね。

 

というのも、超安定してるんですよね。

どの絵をみてもほとんどバランスが同じ。

キャラによって差はありますが、このあんさんぶるスターズアイドルマスターといったソシャゲは同じキャラの違う絵がたくさん出るじゃない?

なかには多少似た子もいて。

 

そういうキャラクターの画像をものすごく並べて資料にすると描けるんですね。

イラストレーターとしては周りと絵柄合わせるっていうこころもちが大切になってきまして。

だからこそ手癖はマズイのです。

 

趣味の範囲で描くなら全くいらん考え方ですけど、プロは自分のために絵を描くわけにはいかないんで…。

おすすめはしませんね。

けど、結構人のために描くのはいいものですよ。

褒められる喜びもあるし、喜んでくれたのを見るとまた描きたくなるし。

長田はもう少しこの真実に早めに気付けばこんなドカタ野郎にならずとも絵を描いてられたのにな。

 

 

欲望に任せて描いた落書き。
f:id:nagatakatsuki:20160915044406j:image

エロ絵だったんですけどマズイと感じたのでお洋服をちゃんと着せました。

胸と尻でおおむね決まる。

 

お金稼がないといけない(切実)

例によってまたエロCGでも描くかぁって思いまして。

小銭程度にでもなればいいな。エロ絵は不本意ながら結構得意なんで…。

 

なんか、凄い思うことがあるんですけどね。

絵って釣り針みたいなもんなんじゃないかという気持ちがですね。

 

絵描きは眼が肥えてますからイラスト見ただけでも充分楽しめるじゃないですか。

けど、実際絵が綺麗だからって評価されるとは限らないわけで。

付加価値が褒められるのであり、絵そのもので評価するのは危険という。

 

何が言いたいかってーと長田はどちらかというと「音」の方が人を湧かせるんじゃぁないかって思ってます。

人間の、音に対する感情変化はそれはもう恐ろしいものでして。

事実ノベルゲームだってサウンドノベルってくらいだから音の方がメイン。

 

いやいやそんなそんな

と思うかもしれませんが、あまりに逸脱してクソでもない限り文章や絵は「音」に依存するっちゅうことなんです。

 

誤解してほしくはないがっ!文章や絵で黙らせることのできるエキスパートプロフェッショナルは凄いんです!

 

ただ、やっぱそれだけで輝ける人はそういないじゃろちゅう話で。

 

ちょっと(えっちな)ノベルゲームで体感試してみた(起動しやすかったので)

 

やっぱりね、人のテンションを明らかに左右するのは音でした。

音があると頭に今どんな気分でいればいいのかが伝わる。

そうするだけで、例えば夕日をバックに微笑む女性がいるシーンの一コマ。

彼女が立っていた

の文字。

BGMは止まっている。

 

この次の文章の書き出しの前に入れる音楽次第で感動もできればコメディにもできるし、凄い恐ろしくすることもできちゃう。

 

そういう効果があるだけで面白さに直結する。

 

 

ここが駄目だと迫力が出ないというわけです。

これはつまり役割分担のお話でね。

 

イラストの本質はキャッチーさだと思うんですよ長田は。

その作品のとっつきやすさ、難易度を下げるって言えばいいかなぁ。

 

んで、文章は歯応え、密度。

突っ込めるだけ突っ込めばいいと言う話ではなく、そう…

RPGで言えばダンジョン。

長ければ飽きられ、短ければ拍子抜け。複雑すぎても難しすぎだし、簡単にすると無意味な時間を操作させる。

フィールドマップや街のマップでもほどよい長さかつ難しさとわかりやすさが求められるところ。

大変難しいところ。

 

長田は文章とシナリオは別と考えてますから、シナリオも一分野として考えると役割は言わずもがな面白さになるわけで。

シナリオだけは物凄く面白くする必要がある。

ただ、シナリオが長いと他の担当が死ぬわけですね。

 

あとは、スクリプト

サウンドノベルなんかはやっぱりかなり限定されたゲーム性であるわけだから、当然どう工夫するかが最重要ですよね。

そういった際に最も人に興味を抱かせるのはスクリプトだと長田は思います。

 

魔法使いの夜なんかは化け物級のスクリプトだった。

あれは売り上げの話だと微妙かもしれませんが評価を見ると最高峰ですし。

売るとなるとそれはまた別の担当が必要になってくるわけですんで…。

単純な話、市場や商人に左右されるんじゃないかな?

 

長田は売り上げイコール面白さでは絶対にないと思ってます。

度々話してますけど単価が低いからたくさん売らなきゃならない状態に「させられてる」だけなんじゃないの?

お腹いっぱいにならない程度の美味しいご飯に4000円。出すか出さないか。

長田は出します。

だってご飯が好きならそれくらい出すでしょ?

好きなんだから。

出せないって人は食のために稼いでるわけじゃない、というだけ。

ほんとに好きなバカ野郎は喰うために仕事頑張りますから。

 

そう言った話で、長田はよく五万円のゲームソフトはアリだと友達と議論することが多いです。

好きな人だけ買えばえぇやん。

そう簡単にはいかない?そうだろね。長田は開発者じゃないからよくわかんないけど。

 

でもね、好きな人だけ買う高いゲームだからって完璧である必要はないんじゃよ。

 

オメーにいってんだぞソニチ!!!!(激おこ)

 

ファンタシースターオンラインが好きな人はファンタシースターオンラインが出たら買うんですよ。

ファンタシースターオンラインの魅力をわかってるからパッケージがアレでも買うんですよ。

ファンタシースターシリーズの魅力っつーのは「ゲーム性」じゃねーだろが!

世界観と雰囲気だろが!!!!

ぶちこわしにしやがってチクショウ!別ゲーでやれこの野郎!!

何が新フィールド東京・ロサンゼルス(だっけ?)だよ!

ガバガバじゃないかちゃんと資料撮りにいったのかソニアドの時みたいによう!!

アンチだよアンチ!チクショウ!

兄貴がやってるから知ってるけど長田はあのゲーム面白いとは思ったよ!?

でもファンタシースターオンラインじゃねぇよ!!なんだよあの寒気がする媚売りゲームは!

ゲーム性が楽しみたいならモンハンでもやってた方がマシだろ!

PSOファンの気持ち全部捨てやがって!

ゲーム性なんかよりあの世界観が忘れられず「未だにゲームキューブでサイコウォンド掘ってる奴らだっている」んだよ!!

彼らの魂はサイコウォンド堀終わったらどう供養してやるつもりだよ!!

ファンタシースターオンライン2」が嫌いでこんなアンチになってるんじゃないんだよ!

ファンタシースターオンライン」じゃないから名前変えろと言ってるんだよ!

新規のゲームタイトルで勝負するのが怖かったのか??

そんなんでゲーム作ってんじゃあねーぞおおおおおおおらあああああああああ!!!!!!

 

 

はい。

 

っちゅーわけでね、つまりファンタシースターオンラインは世界観が特別ステキだったゲームの一つで。

長田はファンタシースターオンラインR-TYPEが忘れられなくて。

そりゃゲーム性もあったらいいけど、なくてもよかったわけで。

あの世界観のためにシステムが破綻してても文句はなかったわけで。

その金額が数万とかでもあの世界観に浸れたら買ってたわけで。

何を差し引いても自分にとってはあのゲーム達は最上位なわけで。

Fate50万以上突っ込んだ人間が言うんだ。嘘じゃなくほんとに買う。

で、実のところヘビーユーザーは多かったよ。

そういう人たちが長田みたいにキレてるのを当時の公式ニコ生みたいなやつでアホほど見てたし。

タイトルがファンタシースターユニバース2ならこんなことにはならなかった。

 

 

かなり脱線したけど、まぁゲーム作るときはやっぱり総合的に良くするんじゃなくてユーザーの対象をしぼらなきゃ。

売れる売れないよりいいゲームかどうかじゃないんか…ゲーム業界…。

いいゲームを作るのは必ずしも最高技術を使ったものである必要性はないんではないか…。

 

ノベルゲームでまとめると、

 

  • とっつきやすさ
  • 雰囲気・世界観
  • 充実感
  • 面白さ
  • ここちよさ

 

が、

 

 

みたいな感じで。適当なんだけどさ。

そうした場合長田の趣味的には重要度は

  • ☆☆☆
  • ☆☆☆☆☆☆☆
  • ☆☆☆
  • ☆☆☆☆☆
  • ☆☆☆

こんな感じかな。

 

だからもしノベルゲーム作品を作るなら音楽はこだわりたい。

絵は長田が描くとして(塗りを誰かに依頼して)、あとはまばらに作りたい。

期待してないわけじゃなくてどこが凄いか聞かれたら「世界観」と即答されるようなゲームがいいよね。

聖剣伝説LOMとかみたいに。

システムもいい、シナリオもいい、見た目もいい。けどなにより世界観かな~

みたいなね。

 

 

本日はここまで!