イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

「技術」を読み取る

おはようおはよう!

長田ですぞ!

 

今日は考え方日記です。

メール相談の返事書いてたらもっと詳しく書こっかな~なんて思いましたので書きますぞ。

内容はプロの手法を紐解くです。

 

 

上部だけを真似してしまう

お絵描きで最初に陥りがちなミスであり、実は気づかない人は最後まで気づかない部分ですゾ…

うむむ、また強気な話題になってしまう…。

 

模写でもオリジナルでも、重要なのは工程です。

例え同じ絵を描いたとしても、工程を省いた絵はなにかおかしいはずなんですよね。

事実プロってのは鉛筆と紙で飯を喰ってるスペシャリストなわけですから、そりゃあ魔術めいた技も使いますよ。

すなわち、画法というやつです。

 

描いている所を見よう。

できれば、プロの作画シーンはより多く見た方が良いです。

明らかに彼らがスペシャリストである事を理解できると思いますし、どうやったらそんな風に描けるのかを理解するための助けになります。

プロにこだわらず、イラストを描いているシーンは学ぶところが凄く多いので色んな人のをいっぱい観ましょう。

 

「好きな作品だけ模写する」のは「浅はか」。

人の絵を観ることは容易なことではありません。

上部だけ真似する人にある共通点は、参考にする絵の選り好みです。

ようするに、この作風は自分の理想じゃないとか、この人を真似しても意味がないとか、そういう風に考えがちな方は一度考え直しましょう。

 

絵柄を真似するんじゃなくて「技術」を身につけるために観るんです。

 

ですから、模写をするとその人の絵が描けるようになるだけだと思っている人は、だいぶ間違ってます。

模写やデッサンの本質は画力向上ではなく技術習得なんですよ。

なので、自分に関係のない絵の漫画や、絵画のような絵まで、ちゃんと参考にしなきゃあかんのです。

 

それでも長田は、好きな人を真似するといいって教えてます。

モチベーションの維持も絵描きのスキルですからね。

ただ、線をうまく描きたいなら線の上手い人を参考にしなきゃならないし、絵に動きを持たせたいんなら動いてる絵を描く人のものを参考にしなきゃあ。

 

今どうしたい?

自分の絵を練習するのに考えなきゃならんところは、まず自分のどこを進化させたいか。

何の要素が自分のイラストに足りてないか。

 

何をプラスすることが自分を理想に近づけるのか。

 

成功法則は常に「憧れを目指す」より「今を少しでも良くする」こと。

憧れなんか持つと一向に進化しない(ように錯覚してる)自分に腹がたつでしょう。

スポーツにも言えることです。

具体的な目標より自分をコツコツ育成することに専念した方が怪我もしないし成長曲線を綺麗に描けます。

 

「あの人みたいになりたい」は捨てましょ。

極論で言っただけだから本当に捨てるのはやめてね!

 

自分にしか作れない世界があり、その世界を見たがっている人達もいます。

練習法は自分で見つけなくてはいけないんだよね。

自分で見つけるから新しい絵が産まれるんだよね。

その為にはとにかくみんなとおんなじ練習をやってても意味がない。

基礎練習だけでチャンピオンになったボクサーはいない。

自身を伸ばす練習はその都度変動する。

自分にとって意味がない練習だってたくさんあるんです。

長田がイラストの練習の話に順番をつけないのはそういう理由があるのですね。

今の自分に必要だと思ったらやればいい。

 

 

 

けど、「必要な気がする」という曖昧な気持ちじゃ多分その練習は意味ない。

根拠がない練習は人に教わってやってることじゃない限り辞めましょ。

先生とかがいて、「本当に意味があるのかこれは」と思うような時は別ですよ?

それは先生の方に根拠があるから、実力ある人の言葉なら信じていいと思います。

 

 

 

本日はここまで!