読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

絵の練習方法を種類別に細かく解説!+レゴ

おはようおはよう!

克樹の克は大友克洋の克、長田ですぞ 。

産まれる前に母がつけました隠れネームですぞ。

 

 

本日はお絵描き練習法解説でもしようかと思います。

普段は考え方やテクニックについてまとめるため「技術向上」は目的にしてない当ブログなんだけど、ストイックな方が多く見てくださってるのでやってみようと思います。

ひとえに練習法と言っても、どんなときに何をすればいいのかって知らないとわからんもんで、練習するときはなんらかの具体的な目的があった方が圧倒的に伸びるので、それを解説してこうという企みです。

最初にお品書き。

 

  • 三十秒ドローイング
  • 模写いろいろ
  • デッサン
  • スケッチ・写生
  • 骨・筋肉の構造勉強

 

三十秒ドローイング

人気所からやろうと思いましたので、みんながイラスト勉強の際、最初にやることの多いポーズマニアックスさんの三十秒ドローイングについて目的とやり方解説を始めます。

まず三十秒ドローイングとはなんぞや。

三十秒ドローイングとは、三十秒毎に次々と表示される3D人体モデルを三十秒以内にスケッチするスピードトレーニングの一つです。

勘違いされやすいこの練習から身に付く技術ですが、筆のスピードや精密性などが向上するトレーニング「ではありません」!

人はまず見たものを自分の記憶、具体的に言えば後頭葉「これは人間である」と識別するのですが、一度そこを通過することで余計な憶測や曖昧な知識が混ざり、描き終わりがおかしくなってしまうのです。

三十秒ドローイングは考える行程を省かなければ物理的に描ききることは難しい時間で行われるトレーニングなので、これは人だと認識する前に形を写すように描くための右脳だけで描くトレーニングになります。

脳の右側で描く、という言い回しは聞いたことがある人も多そうです。

 

続いてやり方に入りますが、30秒は最初の人には厳しい公式もおっしゃってますので、慣れるまでは一分、一分半など、時間を調節しながらが好ましいです。

始める前に流し見をしましょう。

右脳で描くということは、そのモデルを描く際に決められた描き方はありませんということです。

つまりモデルによって描き順や捉え方が毎度毎度変わるのです。

なので、まずは様子見で流し見して「どこから描くべきなのか」を考えてみてください。

この時点から既に効果のあるトレーニングをしています。

このモデルはどこから描けば描き進めやすいか、どこをポイントとして見れば比率が計算しやすいかを逐一探します。

このトレーニングを積むことによってイラストを描く時の根本的な考え方が身に付いていきます。

実践をするときも、モデルの中心線をとったり、筋肉の繋がりを見極めて部位別に分けたりなど、その都度やり方を考えなくては30秒以内に仕上げることができません。

「捉え方」を学ぶ最上のトレーニングだと言えます。

他にもポーズマニアックスさんには三十秒ドローイング以外のトレーニングを用意されておりますので、是非実践してみましょう。

ネガティブスペースは長田的にはおすすめです。

 

模写いろいろ

お次は模写です。

言わずと知れた最強トレーニングですが、長田がいつも言ってますように非常に高度なトレーニングです。

ベンチプレスみたいなもので、必要な筋肉がないうちに始めてももち上げられません。

まず模写というトレーニングの種類について知りましょう。

模写は完成品があるからこそ際限がありません。

ただ模写をしようと息巻いていても、なんの効果も得られないことがあります。

それはつまり何を伸ばす為に模写をしているのかがわかっていないからなのですね。

何でも伸ばせる模写ですが、逆に「目的がなければなにも伸びることはない」トレーニングになります。

 

ですから、まずはその目的と目的に合わせた模写法を考えましょう。

  • ピンポイント模写について。

顔や服装、姿勢や構図など、その時に知りたい部分だけを徹底的に考えて行う模写をピンポイント模写と長田は呼んでいます。

模写は真面目に行いますとえらい時間のかかるトレーニングですが、ピンポイント模写は見習いたい部分だけ見習えばよいという考えで行う特化型練習になります。

無駄な時間を省き、その一部分はとても集中的に身に付くよいトレーニングと言えます。

  • 解析模写について。

なんて呼べばそれらしいかわからなかったので即興で名前つけました。

例えば服を着ている人間を描くときに、服で隠れている裸を描くといったものです。

これは物の構造に深い理解が得られる「知識型トレーニング」と言えます。

腕の関節や繋がりを描くときはどうしても想像で描きがちなので、模写手本とは別に筋肉や骨の資料を確認しながら描いてみましょう。

長く描いていると自分のイラストのズレの原因等がわかるようになります。

  • シルエット模写について。

模写元の対象をくりぬくように周りだけにおも線を入れる模写をシルエット模写と長田は呼んでいます。

絵全体の構図、対象の画面支配率など絵が魅力的に見えるためのポーズバランス把握の効果があります。

模写の中でも、なぜこの絵はこんなに魅力的なのかを突き止める手段の一つとして上手い、というよりも「魅力」を出すために最も大切だと長田は考えています。

時には自分の絵のシルエットを確認してみると、いかに空白が空いてるか、いかに紙面上アンバランスに配置されてるかがわかるようになっていきます。

  • 精密模写について。

後述するデッサンと被りますが、精密模写とはお手本上に網目のグリッドを引き、対象をミリ単位のズレもなく超正確に描き写すトレーニングとなります。

おわかりの通り精密性と集中力の底上げが主な目的です。

言い換えるなら「長距離持久走型トレーニング」と言えるでしょうか。

忍耐は非常に大切かつ最も辛いトレーニングだと思われます。

しかしたった一枚でも完成させれば「どんな人でも確実に上達したと実感する」圧倒的経験値を積むトレーニングです。

あまりの上達ぶりにハマってしまう人も実はわりと多いのです。

もちろんですが、大きくて細かい絵ほど時間がかかりますので、やるとしても小さい単純なものから始めることが大切です。

  • トレース練習

描き写しの模写です。

難易度が低く手軽で、上記した模写を全て試せるビギナー向けの模写法です。

初期の方はレベルが上がりますが、徐々にこのトレーニングでは伸び悩む時期がきます。

それでも、エクササイズにはなりますので定期的にやるのもいいと長田は思います。

手塚治虫が手癖が出てきたときの矯正に「バンビ」をいつもトレースしていたという有名なお話もあります。

イラストは描き始めに手慣らしを行ったりしますので、そういうときにやるように習慣化すると絵の安定性を守れると思います。

 

デッサン

誰もが知っていて、かつ嫌がるデッサンについて解説します。

デッサンは他の全てのトレーニングをかねそろえた恐ろしい修行法ですが、仕組みを紐解くと非常にシンプルです。

絵の基礎となる立方体、球体、円、円柱などの凄く単純な素材により全てが描画できてしまいます。

そして、デッサンの最も大きな特徴は、多種に渡る描画法の習得です。

一枚のモチーフを描くときに必要な情報量が他の追随を許さないほど多いので、際限のない工夫を強いられるので、「ここを描くときはこうする」等といった経験則から来る描画法を次々と学び、たった一枚のデッサンで恐ろしいまでの学習を行えます。

さながらそれはジャングルに素っ裸で放り出されてから生き抜くための知恵を手探りで身に付けていくサバイバル術の感覚に似ています。

描画法を考えないで描くデッサンは「遅くて荒い」ですが、サバイバルを生き抜いた猛者たちには少しの障害も通用しません。

これはアナログだろうがデジタルだろうが関係なく効果のあるえげつないトレーニングなのです。

とにかくやり方を自分で模索する前にしっかり経験者にみてもらいながらサバイバルしたほうが生存率が高いので、我流でやるのは避けましょう。

お金を出さなくてもデッサン会のようなものはあちこちで行われてますから行ってみるのもおすすめです。

長田は学生の頃一人で参加しましたが、結局みんな修行僧ですからコミュ力とかいりませんぞ。

スケッチ・写生

スケッチや写生は、自分の知っている世界を知らないところまで見るトレーニングです。

いわゆる所のお絵描き脳の鍛練ができます。

正直慣れてくるととても楽しいもので、やると趣味の幅もどんどん広がり、描くもののバリエーションも増えます。

スケッチは身近なものをノートにさっと描き写してみたり、いいなと思ったものを思い返して描いたり、必ずしも見ながら描く必要はないです。

写生の場合はテーマを決めて外でスケッチすることが多いですが、大体は自然物のスケッチになります。

小学生くらいからやったことある人もいると思いますが、これはハマる人はとことんハマりますね。

神社や山、お寺など、色々な場所に行ってはモチーフを探すのも楽しいです。

発見や想像は絵描きの本質です。

知らないものを知る作業に慣れると、日常生活がすごく楽しくなります。

はっきりいって長田、なんでみんなやらないのか不思議に思うほど好きです。

同時に幅広い年齢の方が写生を行うので、いい時期にスポットに行けば他の絵描きさんにも会えますし、ツアーのようなものはワイワイしてて楽しいです。

トレーニングと言うよりは、娯楽に近いものですね。

ですが楽しんでいようが練習は練習としてレベルも上がるわけですから、やってみていいと思われます。

外で描く勇気が出ないときは、海や山でいろいろ素敵なものを見つけて持ち帰りましょう。

ペットがいる方は絵描きでなくてもスケッチをされてたりしますよ。

骨・筋肉の構造勉強

頭の痛くなりそうな名前が出ましたね。

構造の理解はもう完全に座学です。

これは参考書とのにらめっこが主になりますが、スケッチのときにモチーフを触ったりしてみるなどの方法もあります。

つまり、絵描きは仕組みを理解することでそのモチーフを脳内で動かしやすくなるのです。

想像で描く場合、結局お手本はありませんから、脳内で直接モデリングを行い、回したり割ったりして自分で構造を把握する必要が出てきます。

このトレーニングは描くだけにとどまらず、やはり質感や雰囲気を再現するために触ったり持ったり、本質を探すことがベターです。

五キログラムって感覚的にどのくらいの重さかわかりますか?

そういうことを想像でわかるようになれば、リアリティーは必ず絵に現れるのです。

 

 

まとめ

特にまとめることもありませんが、練習は時として辛くもあり楽しくもありと、結構やりがいが湧くものです。

食わず嫌いをなくし、いろんな練習をその都度試すことで絵に飽きたりもしなくなります。

今回はまとめませんでしたが普段皆様が描く自分の絵を描くことも、想像力を磨く立派なトレーニングの一つとなります。

ようするに遊びが増えたもんだと思って気軽な気持ちでやるべきかと長田は思いますぞ。

好きなものを好きなときにやっちゃってください!

 

今回はここまで!

 

 

 

 今日のレゴ

 

f:id:nagatakatsuki:20160902234027j:image
f:id:nagatakatsuki:20160902234026j:image
f:id:nagatakatsuki:20160902234118j:image
f:id:nagatakatsuki:20160902234127j:image
f:id:nagatakatsuki:20160902234137j:image
f:id:nagatakatsuki:20160902234154j:image


ミニトレーラー完成しました!

面白!!!かっこいいー!!

次からが地獄です…