創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

オリジナリティが「無いから良い」?

長田ですぞ
ぞうりむし
心配停止
しまながし

し…し…



えー、はい!お絵描きについてストイックなお話始めますぞ!
長田のこういう話は「心がおれる」と、直接言いにきてくれた匿名メール相談者さんがいるくらいなんだけど、まぁわかってよ。
長田は調子のったら自分を折ることで成長していったわけです。
発展途上だし正直自慢になる腕にはもう少し絵のなんたるかを学ばないとならんけども…。

赤ペンの人ってのが2chによく現れるんだけど、あれが憧れなんだよねい。
まだぺーぺーの際にやってもらったことがありまして、すごい伸びたのが忘れられないんだよね。
たまたまなにかつかんだみたいでその後はそれじゃ伸びなくなったんだけど。



今日のお話はまた怖い奴です。
でもこれ事実だと思うんだよなぁ。



上手いイラストには必ず法則がある


えー、長田いろんなイラストを一日100以上は確実に観てるわけですよ。
あ、揚げ足とらないでっ!
もちろん「その気になった日」の話で。
保存とかすごいして眺めたりするんだけどね。

これはエッチな絵を描いていた時の発見。

例によってM字開脚の参考資料をかなり集めてた長田ですが、ここで稲妻が走るわけだ。


─あれ?M字開脚ってほとんど2パターンの構図しかなくない?─


えー、これが発見だった。
実にこれが大発見だったわけであります。

我ながら冷静な奴だ。

なんか、素っ裸みてもやらしいとことかの前に構図とか骨見ちゃう癖がついててね。
そのあとやらしいとこ見るんだけどね(爆)


これに気づいてからの躍進はすごかった。
もちろんセオリー通りのイラストばかりではないし、なかには奇をてらったものもありました。


あるとき、世界が進化する。


多少大袈裟ではありますが、M字歴は年齢にしては猛者だと思ってる長田。公開してないだけだし。

突然世界がひっくり返るわけです。

長田の友達に推しエロゲーをやたら共有するサイコパス野郎がいるんだけど、そいつが渡してきた有名どこのエロゲー耐えながらやってたときのこと。
いや、好きなんだけど、長田はどっちかっていうと真面目なエロって直視できなくて、馬鹿すぎるやつが好みで。

いやめちゃめちゃ完成度が高くて比べるのは失礼だけどたいてい見たことのある構図のCGで「はいはい」って読み飛ばしてたのね。

突然でした。

─!?!?!?!?!?─

長田・絶句。
おいなんだこのポーズは。


ちょっとカメラ止めろ!


長田は目を疑うわけです。
なぜ今までこの構図が出てこなかったのか。
なぜこんな完成度の高い神Mを描ける人の正○位はこんなありふれたものなのか(賢者時の判定)。

しばらくエロから離れていた長田には眩しすぎました。
どんなにカモフラージュされても構図だけはぶれなかったプロの絵に、新しい世界が広がるわけです。

その数か月後。
PixivでふとM字を調べるとなんとその構図がメインを張る事態に変わっていたのです。
その代わり、二つあったうちのちょっと微妙な方の構図が減りました。

あのゲームが起源なのか、それともすでにじわじわと上がりつつあった構図なのか。
それはわかりません。

しかし長田は見破りました。


─セオリーは更新される─

この情報は絵の仕事をする上で一番大切なことになりました。


みなセオリーが好きだ。


オリジナリティをうたう自分みたいなへっぽこ絵描きは頑なに特殊なものを描きたがります。

でも現実問題、好きな絵っていうか、理想の絵っていうか、
いつも鼻下のばしてふんすふんすしてる絵はセオリーが入ってました。
もちろん、100%セオリーって感じじゃないんですけど、60%はセオリーです。
大前提としてまずかっこいいとかかわいいとか、美しいとかを表現する何かほとんどセオリーがなりたっています。

当然、「セオリーとセオリーの融合」は基本中の基本であり、そのレパートリーは計り知れないのですが。


漫画読むときに気にしてみてほしいです。
少女漫画は3Pに1つは台詞なしコマなしドアップキラキラトーンのきゅんきゅんシーンが入ってます。
硬派な漫画はやや俯瞰気味の対話シーンが非常に多いです。
少年漫画のアクションシーンは技の打ち終わりだけで大部分納得できる構図になっています。

上げればきりがないほど出てきますが、セオリーを守った構図ほど人気があり、知らないうちに僕らもキャーキャー言ってる事実が存在してました。
一枚絵でもそれは顕著に現れてますね。


何故セオリーに沿うのか


そんなもんは決まってますね。
正しく描けばそうなるんです。

現実が既にセオリー通りなんですよ。
初心者はどうしてもこのセオリーを一から作ろうとしてしまう。
っていうか上手い人は全部なんでも作っていると勘違いしてしまう。


要するにセオリーから外れると変になることがあるだけの話。
セオリーとは法則のことなのです。



例えば。
何か石ころがあります。
拾ってみてください。
投げてください。

利き腕で上から投げますね。
それがセオリーです。

では、これが例えば河にむかって投げてと言われれば、半分以上の人は横投げの水切りを行うんじゃないでしょうか。

それがセオリーなんですよ。
ここに、頭の弱いかわいい女の子らしく投げてと言われれば、そのセオリーが存在する。
野球選手ばりに投げてと言われれば、当然世間一般的な選手の投げ方を描きますよね。

それがセオリーなんです(半ギレ)


セオリーを学んだ絵描きの感覚


単純に速くなるよね、考えるのが。
もうね、特別なことなんてないわけですよ。
シャーペンってなに?って聞かれてカチカチならすとこまで想像できるくらい、覚えたセオリーはすぐ出てきます。
早めにセオリーを覚えた方がいいわな。

もうこの訓練は変態的妄想力の向上を計るのが早い。
たまに女の子が話してんじゃん?

十代(遊戯王)は寝るとき枕の下に手を入れるタイプ

歯磨きって右からするほうが萌えるよね

とか。


頭大丈夫かあいつら(同級生女子のリアル発言)


想像できるということは描ける。


考えずに描けるということは、知ってるってことなのよ。
知ってるから描けるんであって、いちいち作ってるわけじゃないんだな。
作るより覚えるのが大切ですね。

歩きモーションを長田が描いたとき、あらためて長田は足の動きを知らなかったんだなってしみじみ思いました。
やっぱ観ないとな。

特に最近のイラストをみて格好いい!憧れる!うおおぉぉ!ってなった人は最近のセオリーを学べば納得いく絵がつくれますよ。


顔のセオリーとは。


昔の漫画家は手塚タッチが多かったわけですが、他にも色々あったよね。
でも劇画タッチが産まれたのはいとうたかお先生からなので、その系譜を僕らは辿っとるわけです。
絵にも時代というものがありましてな。
その時代のセオリーは大切なのですよ。

男から見ると乙女ゲーってみんな同じに見えるじゃろ。
女性から見ても萌え絵って大体同じに感じるんじゃないかな?

違いはあっても、最低限のセオリーは守ってるから同じに見えるんだよ。
そのジャンルに詳しい人から見れば、同じになんて見えんからのう。
外人から見た日本人顔みたいなもんじゃないか?
そういう枠のなかでイケメンとか美人とかおるわけで。
こうなるとガングロギャルもバカにはできねぇなぁ。



まとめ・オリジナリティはダメか?


んなこたねぇよ!!
前にも描いたけど、オリジナリティ「しか」考えないのが駄目なんだわね。
単純な話、肉ばっか食ってないで野菜も食えっちゅーことですのん。

         
ご飯のかわりにケーキたべてるやつが突然俺皆より飯喰わないけど太りやすい体質なんだよねとか言ったらバカかお前っていうやろ?
っつーかお肉とか野菜とかちゃんと食べてる人は肉も野菜も美味しいこと知ってるんだよなぁ。
みそしる好き?みそしる。
最近のんでる子減ってきてるらしいよ。

ウマイケーキばかり捜しててもケーキしか見つからんし、ケーキ作ってるシェフはパンも焼けるっちゅーことね。
オリジナルの頻度はどれだけ多くてもいいけど、普通のご飯も食べた方がいいんだぞ、というお話でした。


本日はここまで!