イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

【PF】ゲーム立ち絵作成・カルマとアース

おはようおはよう!!

今年も相変わらずパラレルファクターを作っていくよ。

本当はハピネスとシャドウを作っておけばいいんだけど、最終的な完成図があったほうが分かりやすくなるから、別のキャラも作っていきます。

見た目からインパクトのあるキャラクターですごく見せたいなぁって思うのは、パペットマン

コニーという子供のキャラなんだけど、傀儡に囲まれててゲーム上のサイズは割と大きめです。

ラフスケッチはあるから描けばすぐにでも見せられるんだけど、今回はお預け。

それと、新しいのでゲートっていうキャラもいるんだよね。

大岩の精霊長で、黒澤明の用心棒を元に描いてる武者みたいな酒臭くてでけぇヤクザもんのオッサンなんですが、まだ描き途中。

デザインは決まってるからコニーと一緒に公開するかも。

本名は神威。


ちなみにゲートのパラレルファクターは、技を封印する感じです。

格ゲーでは当身技で、受けた技を5秒くらい封印するっていう感じの妄想です。


さて、今日はカルマ博士とアースの格ゲー立ち絵です!

f:id:nagatakatsuki:20160106224150p:plain

まずカルマ。

格ゲー上では体力が12000位と多めで、そこから2000位減らして分身を作る感じを想像。

2000以上のダメージを受けるか一定時間過ぎると消滅、それまでに合体しなおせば、分身の残り体力分回復します。

どんな距離でも分身と自分の間にいると当たる超必殺なんかも考えています。

ボタン操作でメインスイッチ変えて、分身の方をメインに操ったりするシステムがあったら楽しそう。

ジョジョ格ゲーのスタンドみたいな。

 

f:id:nagatakatsuki:20160106224206p:plain

次はアース君。

オーシャンで隠れてるかもしれないけど化け物度で言えばコイツも相当なものがあると思うんですよね。

元々は闘牛がモチーフだったのでタックルする絵面が浮かびやすい立ち絵にしました。

腰のトゲトゲは実はクロノトリガーラヴォスから影響受けてたりします。

細くしたから原型ないけどね。

彼の能力はよくわからないと言われがちなんだけど、時間差で攻撃してくる「影」を残す能力です。

もしくは影から先に攻撃したりするんですが…そうだな…。

とにかく、同じ必殺技が何であれ二回出てくるんです。

スパイダーマンのヴェノムに近いグシャグシャの影が出てくるのです。


オーシャンみたいに技今度描こう…。

 


エアとアースのヒトガタの時の名前が決まりました。

デュスノミア・アンドロメダと、ウォーデン・ラグナレックです。

呼び方はアンドロメダとラグナレックで通ってます。

わかる人は「秩序の神ならエウノミアじゃないの?」って思うかもだけど、むしろ真逆にしたかったのでデュスノミアにしました。

アース君は本当はジハードってつけたかったけど、宗教にも触れていいものと駄目なものがあるのでやめました。

同じく聖戦のラグナレックにしたよ。

ちなみにウォーデンはオーディンの発音の一つです。


それとインドラはまだ考え中。

ついでにインドラ描いてましたので貼ってみます。

f:id:nagatakatsuki:20160106224523p:plain

 ウルトラマンみたいなやつがインドラです。

コイツは肉体がありませんのでこんな感じです。

エアは知恵、アースは生命で、インドラは力です。

ここだけの話、インドラが鬼を選び、生前から笹美を造っています。

だから鬼から産まれてるので鬼の肉体を持ってるんですけど、笹美は珍しく生まれついてのパラレルファクターです。

エアは妖怪を、アースは精霊を触媒に地上に来てて、インドラは鬼なのです。

これも強烈なアルダの怨念の侵食によるものです…。

エア、アースは触媒を完全に乗っ取りましたが、インドラは力だけを提供しました。

性格もメンヘラ、ヤンキーな二人と違ってドが付くほどの大真面目。

恐らくはこの回想以降出ることはありません…。



ここでもう少しだけアースについて説明しようかな。

影が薄いんじゃないかって心配になるからなぁ…。


アバターの事を支配してたのはアースです。

先ほど技説明で出た「影」が乗り移ったからですね。

アバターにアースが憑依していた最中、ずっとアバターは抵抗していました。

太陽の精霊長だったほのかの父が全ての力を使って乗り移ったアースを消し去ったのですが、同時にアースの影は精霊長に乗り移ろうとします。

その時にほのかの父はアバターに自分を殺させます。

アバターはクレバーな性格ですので、躊躇わず即死させます。

そこをほのかは目撃するわけですね。

ただ、アバターは感謝も込めて苦しませず即死させたので、実のところ優しさでした。

ほのかは温度で人の善悪を見ることができるため、ここで矛盾に困惑し、恨む対象がいなくなります。


アバターに乗り移ったアースはアバターを使って種族争いを起こし破滅を考えていました。

これだけ聞くと物凄い悪の塊なんですけども、アースが本来大事にしたいのは星そのものです。

当時の精霊と妖怪はひっきりなしに領土広げたり戦争したりしてたので、アースにとってはそっちの方が悪だったんですよね。

精霊がシンボルを崇拝するのもエゴによるもので、自然ではないと感じていました。

なのでアバターを使い、全精霊長を消す計画だったのです。


それはちなみにエア様の入れ知恵。

彼らには彼らなりの正義があるのです。

物語中盤、ヒトコがアースやエアと話をする場面を設けるつもりですが、悪い人ではないんです。

ただ、その価値観の規模が神からの視点というだけで、都合の悪いものからみたら悪に映るんです。

星の産まれ方や、環境の問題、進化の矛先、今後の破滅の可能性なんかをヒトコは教わります。


結局のところ主人公のヒトコは、何が良くて何が悪いのかを決めることはなく、ただただ現実を見て回るだけ。

それに対し解決させるわけでもなく、対立するわけでもない。

皆、「これが正しくてこれが悪だ」と定める中で、それを全部「受け止める」って立ち位置にしたいんですよ。

女神ってのは本来そうなんじゃないかなぁって長田は思っているんです。



 長くなりましたが、最後に落書き。

自衛隊君のお友達で「鈍牛」とかあだ名つけられてる子がいるらしくてですね…。

しかも語呂の良さで決めたあだ名で、容姿とか特徴とは無関係でつけたらしいんだよね…。

そいつをデザインしてほしいっていわれたんで描きました。

f:id:nagatakatsuki:20160106224354p:plain

なんか一面の中ボスっぽくして斧持たせてほしいって。

いやぁ引き受けてなんだけど、ひっでぇなぁ(笑)



本日はここまで!