イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

またまた描いていただきました!+同人界隈のことをば

おはようおはよう!

長田ですぞ!!

thefool199485.hatenadiary.com

ものすごく早速ですが、フールさんに描いていただいたエアの日記をご紹介。

僕のキャラクターを描くのが難しい順に並べるとすれば、考えられる限り最も難しいデザインなんじゃないかなぁ。

ツラメや笹美も結構な難しさなんですけどね、エアは無機物の立体が大変です。

長田も描くときは結構考えてから描くもんなぁ。



彼女はトランスフォーマーなイメージで最初はできていました。

その時は黒髪で、ブリーチのルキアみたいな髪型だったなぁ。

紆余曲折して今の姿となっています。


今回フールさん、僕のキャラで難しい子ばかりじゃない!(笑)

僕も難しいからってあんまり描いてないんだよ!(笑)

だからこそなお嬉しかったりします…。



「格ゲーを作る」というのが本来の僕の願望だったのですけどもね。

当時は「大番長big bang beat」っていう、同人サークルフロンティアエイジャ(最初はNRF)が作ったアリスソフトエロゲーキャラの格闘ゲームがあって、それが2D格闘ゲームのツクールでできてることを知り、僕も作りたいなぁって位の単純な動機だったんですよ。

後々同人格闘ゲームに徐々に影響を受けていきます。

世に出ているオフィシャルなゲームではあまりできないことでも同人の世界ではやっちゃうので、ハッキリ言ってそこらへんのソフトより面白いとオススメできるものもちょこちょこあります。

ちょこちょこね。

主にそれは元からあるゲーム性をオマージュしまくっているものだったりしますけどね。

このゲームを美少女キャラでやりたいー!みたいな願望があるんでしょうね。


格闘ゲームは基本的に独占市場であります。

今じゃ筐体をケチってネシカとかストリートファイターの奴とか、一つの台でたくさん詰まったものが出てますけども…。

実際はほとんど同じゲームが表示されますからね。

ネシカもブレイブルーばかりです。昨日スカルガールズが起動されてて久々に遊んじゃったけど。


そこそこコンボしてくるフィリアだったので、リハビリペインホイールでわからん殺ししちゃった…。

フィリアには友人から苦渋を呑まされ続けてたのでマジになっちゃうんですよね。


正直、ゲーセン側としてはネシカみたいな台を4つずつおいとけばアーケードコーナーは潤います。

ガンダムは隔離されてますけどもね。

ですので小さなゲーセンじゃアーケードはメンテの都合も収益の悪さも合わせて全く期待されてないんです。

一番お金取れるアーケードはガンダムなんじゃない?

色々あって超嫌われてますが…。


大きなゲーセンはそれこそマイナーなゲームを置く意味も無し。

場合によってはゲーム関係者がいるところもあるので、そういうところでしかビッグタイトル以外のゲームは大抵満足に遊べません。

対戦相手がいない格ゲーなんて全く楽しくないからなぁ。


良くマイナーゲームの大会を開きまくっている中野TRFとかは業界の人が絡んでいるそうな。

有名プレイヤーもよく来るし、関東ならそういったゲームはTRFで盛り上がってくれます。


意外とそんな中、よく遊ばれているのが同人の世界なんですよね。

僕もそうでしたけど、同人は同人マニア間でかなり盛り上がることができます。

同人と言えば東方、みたいな風潮が出来てますが、ゲーム会社設立のスタートラインとしてはそういう選択もないことはないですから。

何より隙間産業に近い為、買う層もすごく寛容だし、固定客のようなものも出来ます。

っていうか好きな人は同人がマイナーであることを熟知してますから愛がすごい。

それはファンだけでなく、制作者側も同じ。


あと、なんだろう、こういうと結構失礼かもしれないんだけども。

今の有名なアニメの原点が同人だった、なんて情報を得たり、東方で盛り上がっていたりすると、同人の世界へ興味を抱く人がヴァヴァヴァっと増えるんですよ。

6〜7年前位に恐ろしいほどの同人ブームが出たのは、ニコニコ動画による東方の認知、社会問題化までしたアニメのひぐらしのなく頃にメルティブラッド空の境界の映画化、文庫版販売でさらに盛り上がったタイプムーンの「3強」みたいなのが一度に爆発かましたからで、あの辺から今現在までは下り坂になってきてます。

コミケに関してもらきすたとかで知った学生はかなり多いと思うぞぉ。

ちょうどその頃の子は今25歳くらいか。

もう一度あの感じで爆発しないものかしらね。



来年はまた一から始めようと思っています。

今年の目標でもあった協力者探しもあまり見つからなかったし、また僕個人で同人の方行ってみよっかな。

何年ぶりかのサークル活動をしてみよう。お手伝いからでも。

今と大きく生活が変わるわけではないけど、あの頃と比べれば技術も金銭も余裕があるから、もしかしたら楽しいかもなぁ。



本日はここまで!!