読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

今日は雑記です!

おはようおはよう!
長田ですぞ!

ちょっとまたコメントや言及が貯まってきているので、できたら今日返します。
外出先では端末の関係でなかなか出来なくてさ…。
なんでかなぁ、いつの頃からか毎回ログイン解除されちゃうんだよな。
最初期のiPadだからアプリが未対応なのかも。

っていうかひでぇよ!
iPadそのもののバージョンの更新が最初期の奴に合ってないから機能がいろいろおかしいんですよ!
うーむ、携帯もそろそろヤバイし、端末全部変えるのはやだなぁ…。



さて。
本日は雑記ですよぉ〜。
別名ネタ無しとも言います。

お知り合いというかお友達というか、アニソンのカバーやオリジナルの曲をライブで歌っているアクティブな方がいるんですけど、今ちょっとその方にお願いをしようかと悩み中。
すっごい濃いアニメ好きなんですよ。
たまにライブ誘われて観に行きます。

曲もそうだけど、かなりいい声されてますから、どうかなぁ、ドラマCD的なものに協力とかしてくれないかなぁ、なんて。

個人活動暦がとても長いし、めちゃめちゃしっかりしてる人だからこそのお願いです。
同人の声優さんを雇ってもいいんだけど、知らない業界だからなぁ…。

僕も十代の頃は何回も自分のサークルでイベント参加したことがあるからわかるのだけど、知らない人とやるのがすんごぉく怖いのです。
全く経歴がない人はこれはもちろんのこと、経験長い人でもプライドすっごい高い人とかは組みにくい。

だからこそ信用のある方にお願いしたいところなのですが、そうなると難しい…。
意外とね、見つからないものです。



いや、むしろね!
演技の上手さや熟練度なんかより、一番重視するのは信用です!
お金周りは工面するとして、大切なのは真剣にやるってことなんだよね。
遊びを真剣にやれる人ってなかなかいないじゃない。
大事なのはそこなのです。

真剣っていうと語弊ありそうだけど、僕の思う真剣の基準はですね。

  • 決めた予定は守る
  • 連絡は早めに返事する
  • やりたいことは無断でやらない
  • 日常を侵食しない
  • ひとの都合を考える
  • 出来ないことをやらない
ってことです。


んで、なんのドラマCDかっていうと、もちろんPFなわけですが…。

そろそろね、僕も自分の作品を視聴者側で観たいっていうか。
作者のジンクス。
どんな形でもいいんですよ、やっていきたい。



絵描きっていうのはストーリーまで中々思いつかないもんで…。
映像版のライトノベルとかどうかなって思ったんですよ。

最初はキャラクター紹介のCDをつくってさ
ナレーションとそのキャラクターだけのCD。

キャラクターの独り言みたいなものかな。
それに、紙芝居のような映像をつける。
ライトノベルの挿絵のような。
それをスライドショーのように流す。

どちらにせよ色々準備しなきゃ出来ないんだけどさ…。
ワンシーン切り抜いたような絵は好きだし。

ホームページかなんか作って公開みたいな。
完全な妄想だけどさ…。



これは理想なんだけど、台詞とかはやっぱそういうの得意な人に任せた方がいいと思うんです。
だか喋る側の人に大まかな台詞を渡して、好きなようにアレンジしてもらって。

小さいところからゆっくり初めて行こうって。
きっと情熱は汲み取ってくれると思うんだよなぁ…。



面白いとか面白くないとかを除いて、遊べる程度のゲームも作る約束だったな…。
うーむ…渋い…。

頑張らねば…。



最後にお絵描き関連のお話でもしときましょう。
これは長田のぼやきね。

歌手が声優に手を出したり、声優が歌手に手を出したり。
絵描きが何かに派生することも僕は重要なんじゃないかって思うんですよねぇ。
絵描きのスタイルに、派生からの絵描きと、絵描きからの派生と二種類あります。

このうち僕は、「絵描きからの派生」になるんですけども、これが結構羨ましがられる。

逆の、派生からの絵描き、というものは、例えば、

  • アニメ好きからの派生
  • ゲーム好きからの派生
  • 趣味からの派生
まぁなどなど。
先に理想があって、「好きなものを描く」っていう絵描きなんですよ。
絵が描けるようになるのは理想の後になります。


でも、絵描きからの派生ってのは先に絵が描けるんだよね。
これって考え方次第ではかなり苦痛です。

描きたいものを作らなきゃならんのです…。
いや、もうね、創作があったから生きてるようなもん。
憧れとかあんまりないし。

でもこのスキルは何かしらに派生すれば色んなことができるんです。
WEBでルポ漫画描いてる人も同じ感じじゃないかな。

僕は講座とかやってるし。
ただイラスト描くだけじゃなくて、なにかしら意味がないとね。


「派生からの絵描き」さんは、「好き」をイラストに込めれば良いのです。
「絵描きからの派生」さんは、イラストを用いて何かをすべき。

だから僕みたいなのはむしろ「エッセイ」に向いてんだ多分…。



表現の為に絵が必要だったのか
絵を何かしらに表現したがっているのか。


僕は後者です。
こういう風に分けたほうが絵も楽しみやすくなんじゃないかなぁ…。



本日はここまで!!