創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

絵描きとしてのトレーニング

ハロハロ!
長田ですぞ!


現在質問を数人から受けていまして、少人数ですので今のところ「その人用の講座」を作って送っています。
ただ、イラストを見ないことには文章でしかお伝えできず、概念のようなお話になっちゃってたりします。
ですのでもし質問したいことなどありましたら、是非イラストをつけてくれると嬉しいです。
見れば大体手の癖とか好きなイラストとかわかりますので、曖昧なアドバイスは避けられます。

今度その辺の注意事項なんかをまとめますね!
ちなみに水曜日までに送ってくれれば日曜日に、木曜日以降ですとその次の週の日曜日に返せるように調整しています。
これは状況によってズレることもあると思いますが、その場合は事前にお知らせします。


さて、そんな中でも必ず聞かれる事の一つにですね、「トレーニングが長続きしない、できない」といった質問がありまして。
ここでちょっと言っておこうかなーって思います。



長田は基礎トレーニングをほぼしてません。

皆様、基礎だ基礎だと少々こだわりすぎる部分がありますですよ。
基礎って言ったって、ドローイングとか、模写とか、デッサンとか、解剖図やパース計算のことを指しているんでしょう?

長田はそういうの好きじゃないからやらないよ?
たまぁに、なんとなぁくやったり、今だとデッサンしたりしてますが…あれは遊びみたいなものです。
最近だしね、始めたの。
技術向上はしますが、そんなの数ある方法の中の極一部の内容じゃぁありませんか。

それより上手くなる方法がいくらでもありますよ。



正直な話、インターネットの情報ってほんと害悪でしかない。
格ゲーのwikiを見てても思う。wikiってる人はそれ用のいじめ方考えれば勝てるもんね。
僕はわかりますよ、基礎練を語る人のほとんどはやってません。
これは絶対です。

だって見せてくれる人一握りじゃん。
そんな辛辣なこと言うんなら信憑性を上げてから発言しよ?
上手くなれた根拠が、ドローイングにあるんですかね?

そりゃ、身につくトレーニングであることは僕は身をもって知ってますよ。
しかしながら、言葉のうらっかわを見て考えてみてくださいよ。

絵が上手くなる方法=絵を上手くするにはこれ以外の方法は存在しない
みたいに考えてやいないでしょうね?
なんというか、こだわりすぎちゃなんもできないし、つまらないし、駄目だよ。
やるのは構わないけどそればっか意識するのはトレーニングとしては凄く間違っています。

じゃあ何すればいいのかってお話ですけども、僕は確かこれかなぁり前に記事に書いたような気がするんですけどもね、忘れてたね。


「絵の為のトレーニングだ」と思ってやっていることは、なんであれ上達するトレーニングに昇華します。
「絵の為だ」と思って漫画を読む、「絵の為だ」と思って映画を観る、「絵の為だ」と思って運動する。「絵の為だ」と思って仕事をする。「絵の為だ」と思って日記を描く。「絵の為だ」と思って人と話をする。「絵の為だ」と思って人のブログを読む。「絵の為だ」と思って遊びに行く。「絵の為だ」と思って歌を歌う。


この感覚が長田流トレーニングなんですけども、どうでしょう?
何したって構わないんだよ、僕はどんなことでも絵に活かすよ。勿体無いからね。
あんまり感覚伝わらないかなぁ…。
これはね、絵じゃなくても同じことなんだよ?
つまりですね。


自分の行動に理由をつけてあげるのが、何よりも大切です。


気持ちばかり焦るのは良くない。仕方ないけれどもね。
けど、最終的に絵描きにおいて、最も大切なものって経験なんだよ。
だから、凄いこと言うけどさ。
人から言われた練習なんかしちゃダメ。練習は自分で考えること。

それがいわゆる、「視野を広げる」ということなんです。
そうして物の見方が変わってくるものなんです。

お店でさ。商品の陳列なんかをぼーっと見てごらんなさいな。

あ、キャベツ太郎って大体下の方にあるんだ。

みたいなさ。
そんなどうでもよろしいことにも理由があるんだからね。
知識として身につけば、それも絵に活かせる立派な知識だよ。
そば、うどんはおにぎりの次の次にある棚だもんね。



いや、キャベツ太郎は下にあるかどうか長田は知らんけどね。

後で改めて見てみます…。


本日はここまで!