読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

【LD】イチョウ三割創作七割!

おはようおはよう!長田です!

 

今回は冒頭でとりあえずイチョウちゃんをさらしてからの日記とします!

 

f:id:nagatakatsuki:20151026095513j:plain

こちらは僕んちにお迎えした当日。

すごく得体の知れない、スーパークリアで内臓丸見えの虫が一匹いて、鉢植え変えで泣きそうになる長田先生。

でも、とりあえず無事に移し変えられました!

近いうちに土も変えます。

 

 

f:id:nagatakatsuki:20151026095530j:plain

これはおととい撮ったもの。

前からはっぱの茶色はなにかなーって思ってて、調べてみたら水不足が原因とのこと。

寒くなってきたので午前中に一回、吸わせてから十分後くらいに土を湿らせるために水を上げなおして一日一回ペースだったんですが、二回は必須のようです。

日当たりの問題もありそうだなぁ…。


イチョウ 奇跡の2億年史: 生き残った最古の樹木の物語

イチョウ 奇跡の2億年史: 生き残った最古の樹木の物語


 イチョウの 資料に面白そうなものがあったので今読んでいます。

やっべぇ深い!

キュー国立植物園園長の書いていらっしゃるガチな著書でした。

監修の一人に「長田敏行」っていう大学教授が関わってて、苗字だけですが親近感。

仏教にも関係あるらしい節がですね…。


良いものを発掘しました。

ブックオフでラーマヤナについての本探してたら偶然だよ。

誰だ売ったやつ…。



さ、本日も特に何も用意してないぞ!(自慢気)

こういう時は創作だ!

つっても、今日はまぁ、考えというかアイデア出しみたいなもの。

アウトプットですよう、アウトプット。



ちょっとね、今はリムドメインに意識がよってます。

そこでリムドメインのキャラクター達なんかを軽く説明。

アルファと零達。



宇宙からの隕石に入っていた物質の「アルファ」から抽出された純粋な細胞を、「アルファセル」と呼びます。

アルファセルは細胞と言いましたが、生物ではなく物質です。

化学反応で生物である「アルファ」に変わります。

どんな生物にも融合することができて、その存在は融合したものに依存します。


たとえば、イチョウの木とアルファセルを一緒にしておくと、アルファセルはまず一度、イチョウの内部で融合し、イチョウと同じデータを持つ液状の生き物に進化します。

そして、時間をかけてイチョウに姿を変える為に、土に溶けて種となります。

その後は普通に成長してイチョウになるんですけども、ここでオリジナルのイチョウとイチョウアルファの違いが幾つかあります。


まず、アルファは数日でオリジナルとほぼ変わりない立派な木へと成長します。

オリジナルを完全に上回ることはありませんが、このアルファから作られる木の実は、落ちてから親のアルファと同じ早さで成長します。

寿命はオリジナルとさして変わりありませんが、アルファセルは吸収した元の生物と同じ年齢になるまでのスピードが恐ろしく速いのです。

ちなみにここで収穫した木の実は、アルファセルを取り除けば食用にすることができますが、取り除かないと他の生命体との拒絶反応で致死物と変わります。

アルファも食べた人も、両方死んじゃうんです。


んで、このアルファセルと、人の身体に流れるエネルギーのようなものを合わせれば、その人にしか扱うことのできない可視エネルギーとなって飼うことが可能です。

このアルファはその人間の身体に入り込み住むことができ、身体の主が成長をすることで同じように成長します。

他生物に対しては拒絶反応から相手を殺すことができますが、エネルギーですのですぐにアルファは再生します。

アルファ同士がぶつかると、お互いが反発してはね返ります。

その際、身を守るために高濃度の放射能を出すので、アルファ同士の衝突は危険です。


アルファはそのままでも扱えますが、今の科学力で作り出したユニット付きの武器に自分の生態データを登録しておくと、アルファが主人と勘違いして入り込み、武器の形に変化します。

ビームソードのビームの部分がアルファ、という風に捉えるとわかりやすいかも。

アルファは生物ですので学習能力があり、使えば使うほど主人との意思疎通が可能となってどんどん懐いていきます。


アルファを扱うにはそれなりの訓練をしなくてはならないのと、犯罪防止のために、国によって扱えるかどうかの試験を行っています。

かなり厳しいので一般でも受けられますが、合格者はとてつもなく少ないです。

受けるのは大体軍や警察の、中でも飛び抜けて優秀な人間ばかりです。



んで、アルファにはもう一つ隠された力があります。


が!!


今書いたら、すっっっっっっごくわかりにくかったので消しました><

詳細はまた今度書くとして、とってもすごい力を持ったアルファ人間がいるって感じにまとめときます。


アルファ人間は主人公の零(ゼロ)から、壱(モロ)、弐(ジン)、参(サン)など、全部でゼロを含めて11人います。

こやつらはなんと、寝ません。

零なんかは殺人衝動が抑えられずいっつも実験施設で仮想の空間を使って戦い続けています。

研究員は零が成長するまでに新しく強い敵を仮想空間に出さなくてはならず、既にギリギリに…。

零達アルファ人間は、不老不死なので消滅させるまで死にません。

やろうと思えばできるんですが、オリジナルなので貴重なサンプルとして手放さないよう命令される研究員達。

その分、他のアルファはなんとか理性的な調整ができています。

定期的に零と戦わせたり…。

ライバルもおります。



零も成長してくんです。

リムドメインも割と進んできたので、イラストを揃える段階かなぁ…。



本日はここまで!