創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

【PF】勇気の賢者ステカー

f:id:nagatakatsuki:20151013232642p:plain

 

リムドメイン" LIMITED EATER"

勇気の賢者ステカー・アルアクラブ

 

 

本名・ステカーアンクアルアクラブ (ステカー・アンク・アル・アクラブ)

愛称・セティ

 

ステカーはセト神。

アンクはエジプト十字。

アル・アクラブはアラビア語で「さそり座」

 

コンセプトにインスピレーションを受けたキャラ

・誰という訳ではないが、忍者。

・同じく、スパイ。

手塚治虫ブラックジャック

FF6のシャドウ

Fateのアンリマユ

ウルヴァリン

 

砂漠の賢者ケペラのサバト時代の姿。

セティの愛称で親しまれる。

全ての死に対する耐性を持つ彼の力リミテッドイーターは、病や毒、肉体の損傷など、どのような場合であれ乗り越える事の出来る興奮状態、幻覚作用を起こし、精神より先に肉体が限界を迎えようとも死ぬことに気づかず動き続けることができるリムドメインです。

死ぬことが無い以上、細胞も消滅しない限りは活動をやめません。

ですので、たった一つの細胞さえ無事でいれば永久に増え続けるので、決して死ぬことはなくなります。

切り裂かれるとトカゲの尻尾のように意思もなく動き続け、風化したりするまでは生命力があります。


意思のある核の部分、ステカーで言えば脳の部分が存在する塊では、自分の意思で身体についたものを自分の細胞と同化させることができ、頭一つにされても土とかと混ざり身体を形成することが可能です。

脳は溶岩を圧縮し固めたダイアモンドのような鉱石状のものと同化しているので、まず損傷はありえません。

溶岩に浸かっても生きていられます。


これら全ての力は「思い込み」による錯覚の力で、つまりは全ての環境に適応し何にでもなれる能力者ですね。

物によっては寿命を変えられる為、不老不死であります。

ステカーの身体は既に何でできてるのか特定不能。

素肌を見られるのが最も嫌いです。


賢者としては珍しく、普通に仕事しながら生きてます。

ただ仕事内容が、放射能汚染が激しい現場の浄化や海の掃除だったり、人がやるようなことじゃなかったり。

本人は「1番稼げるから」と言っていますが、賢者含めステカーを知るものはみんなステカーの献身的すぎる性格を陰から応援しています。

賢者になっただけで本来、世界から莫大なお金が入るはずなんですけど、ステカーは受け取っていません。

彼曰く、「ギャンブルで散財した」そうですが、そんな証拠はどこにもありません。


お祭りや催し事などが開かれる時はいつも突然姿を消し、祭が終わると祭のなかった場所が綺麗になってたりします。

彼曰く「外がうるさいから遠くで寝てた」そう。



賢者としての彼は最も地位が低く、重要な事があっても決して働こうとしません。

しかし彼が来てから賢者の仕事は物凄く減りました。

それは問題が起きると他の賢者よりも早く解決しに行き、何事もなかったかのように済ましているからであり、その他の賢者たちもそのことは知っています。

新世界で言う所のヒューベリオンと玄武は賢者中最高の地位にいるのですが、彼ら的には本人さえ自分を認めれば地位を譲っても構わないくらいの評価ですが、捻くれた性格をどうにかしなければ譲らないつもりです。

その為賢者内では一番イジられており、名前も可愛くセティと呼ばれています。

いつも「その名前で呼ぶな!」と怒っております。




おはようおはよう!

1番描きたかった賢者ケペラのサバト時代です!

手は二本です(笑)

賢者内の序列ですが、公開していない過去の設定を細かくしたので最下位へ変更となりました。

非常に濃い設定にしたキャラの為長田はすごーく気に入ってます。

賢者で唯一ネーム描いてるもんね。

エジプト系の暗殺者がモチーフだったんだけど、サバトでは少し日本よりのデザインにしてます。


外見のデザインですが、姿が変えられるということでブラックジャックみたいな縫い目を追加しました。

設定内容はウルヴァリン。肉体改造を耐えちゃうところから。

もちろん痛覚はあるんだよ。

あとは、ちょっとスパイス程度にいろいろとそれっぽいキャラの外見を参考にしておりますが、メインデザインブラックジャックウルヴァリンっていうコンセプト。


賢者の名前はさそり座で、名前のインスピレーションはあの有名なエジプトの若き王様トゥトアンクアムン。


ツタンカーメンさんですね。

アンクを突っ込んだだけですが(笑)

いやぁ、エジプトの名前の法則はさっぱりだけど、歴史調べてるとすごく面白いです。

こうやって自分から無理やり歴史を作品に突っ込むことで、初めて好きになるものもあるのです。

興味を沸かす為にも創作はやめられないね!


賢者の他の子たちはしばらくお預けかもです。

わりとデザインのイメージがあるんだけど、一泊おかないと適当に作っちゃいそうだからね。



本日はここまで!