創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

漫画考察

 はろはろ!

長田ですぞ!


やろうやろうと思っているのに、雑念が邪魔して中々とりかかれないもので、イチョウは描けませんでした。

なぁに、期日が延びただけの話よ…。

木の中では育てやすい部類だって言うから今年中にいけたら植えようと思います。

芽がでて鉢を変えるのが3月くらいだって。

じーっくりやらんとね。

 

f:id:nagatakatsuki:20151012225828p:plain

イチョウが描けなかっただけでお絵描きをしてないわけではないのですよ。

僕も中々にお絵描きジャンキーですのでね、暇さえあればお勉強や。

ちょっと光の具合を確かめようと思って完成度を気にせず描いてみたものです。


アナログとデジタル、昔はデジタルなんてもんは無かったので、デジタルってのはまだ研究されて若いものです。

エキスパートは沢山いるように見えても、日本じゃデジタルの良さを活かそうとする絵描きは意外と少ないよね。

早い話が、アナログがサッカーのスポーツなら、デジタルはサッカーのテレビゲームなんです。

いくらデジタルで上手くなろうと、あるいはいくらアナログで上手く描けようとも、どちらも期待されてるものは違うんですね。


アナログ、つまりスポーツやってて身についた知識やテクニックはゲームに活かせますけど、その際に鍛えた身体や技術などはゲームには必要なくなってきます。

その代わり操作性や、ゲームならではの高等技術が必要だから、現実で大エースのバスケプレイヤーがどんなに完成度の高いダンクで決めることができても、ゲームではゲーム技術を学ばなきゃダンクすることは叶わない。

そもそもルールを理解しないと遊べない点から、アナログとデジタルでもアナログでまずやらなきゃダメ、みたいなことはありますけどね。



まぁとりあえずですね、今回はデジタルに視点を向けよう。

アナログで上で描いたような表現をすることは、実はほぼ不可能なんです。

同じ描き方ができませんからね。

やるとしても、恐らくはえげつない時間がかかるよ。


上の絵は20分程で描いたもので、正直まるで難しくないです。

知らないとどうやって描いてるのかわからない系のものではありますが、覚えさえすればどんな人でもサラリと描けるよ。

技術じゃないからね。

ゲームで言えば、そうだなぁ…。

武器に付属してる固有技みたいなもん。

アレンジ次第でこんなことできますっていう、つまるところ発想の問題。


20分じゃこれが限界ですけどね僕は…。

書き込みの精度が悪いから、簡単に省略して塗りの練習をしています。

塗りの練習しようとして線画が無いからできない、なんとことが良くありますから、一緒に纏めないほうがいいですね。

先ほども言いましたように、デジタルは技術じゃなくて小細工なので…。


塗りの練習はもう、塗り単体で行うべき。



さて、今日の本題なんだけど、漫画について。

好きな漫画が終わってしまったので、ちょっと言及してこうと思います。


僕もプライドが高いんで、自分の感覚にわりと自信があるつもりなんですが、最近すごく疑問なのは担当編集とかってどうなの?


彼らは信じて良いものなの?

彼らが面白いって思って続けさせるって部分だけど、どういう感じでジャッジしてるの?

すごい失礼な言い方してるのは自覚あるけど、例えばジャンプが売れてるのって、編集がウケる漫画を選べているって考えてもいいの?


受けた漫画って何?

露骨に流行らせようと宣伝をしまくってるのがあるのはわかるんだけどその前の段階で選んでるのは編集だよね?

ある程度ストーリーにあれこれ加えてるのは編集者さんたちだよね?


そりゃ、漫画家さんが第一に面白いもの作る必要があるのはわかってる。

わかってるけどその条件をクリアしたら連載するわけでしょう?

そこから先は漫画家さんのみでやってる領域じゃないよね。


人気取れる、とれないっていう問題は、編集者さんサイドもある程度絡むところだよね。

もういちどここで、誤解されない為に言っときますけども、編集者さんが悪いって言ってるんじゃないの。

知らないんだよ、そっちのこと!


正直言えば僕が好きになる漫画ってのははっきり言って打ち切りの可能性がめちゃめちゃ高い…。

これは最近まで僕のセンスが悪いだけだと思い込んでたし、やっぱり看板張ってる作品には足りてないことは自覚してる。


でもこれが人気になるのはおかしいだろうって漫画も世の中にすげぇあるじゃん!

こう見えてわりと正当なジャッジをしてるつもりです。

何せ新作漫画だけで月二万五千円かけてるんだから。

どんなジャンルでも目を通すし、古本屋時代に心配されるほどたくさんの漫画読んでて出版社の傾向もちゃんとおさえてるつもりだよ。

その上で、何故人気が出ないのかって、人気出すためにどんなことしてんのか凄い興味あるんだよ。

自分の担当の漫画を伸ばすのは、単に漫画のクオリティを上げるって事だけじゃないと思うんだ。

売れないで困るのは編集さんも同じだと思うし、広告とか宣伝の仕方って勉強すればするほどいろんなテクがあるじゃない?

そういうテクはどうなのかな、磨いてるのかな。

漫画が好きなだけじゃないよね?

漫画を面白くするだけじゃないよね?


そうだよね?

僕は本当にそこが興味ある。

単純なバンドワゴンでしか売り出してないようにも見える漫画業界ってイメージがあまりにも拭えないでいます。

少なくとも今回僕が見てた漫画はこんな、最短で打ち切られるほどのものじゃなかった。

5〜6巻位から怪しくなるかと思ったけど、ここまで早く切られるとは予想外だ。

漫画そのものが面白くないのではない、多分実際は知らないだけだと思う…。


知らないだけなら、宣伝の問題だったと思う…。

やりようは、いくらでもあったと思うんだ…。

事実、その作品を知ってる人に会ったことがない。

大御所出版なのにさ…。



とりあえず無責任は熱愛してる読者、つまり僕も同じことですからね。

今度は手遅れになる前に僕の方でも宣伝をバシバシしていきたいと思うよ。




くそう…。

ホテルヘルヘイム…一押しだったのにな…。