読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

【PF】"PUNISHER"修行僧アルダ

 

f:id:nagatakatsuki:20151007224459p:plain

 

本名・アルダ・サラヴァーユ

種族・人間(サバト)

好きなもの・ハルアキ(のちの氷河晴明)

嫌いなもの・不老不死思想。


人の身でありながら修行により神に最も近づいた人間。

女性と男性の両方の姿を手に入れたが、まもなくして落雷により男性の部分を失う。

数年に渡り昏睡するアルダを引取り看病し、失った魂の半分を自分とのリンクによって補ったハルアキを自分の人生においてのパートナーと見て、その後は永遠の命を支え合う夫として選ぶ。


ハルアキの自殺後、サバトの儀式によってパラレルファクターを習得。

すぐに自身を4つにわけて、三体の神と自分の第二の肉体を新世界に創造する。

神はエア、アース、もう一人は笹美の魂に同調する。

両性具有であるアルダーの第二の肉体は、カルマを産んですぐに役目を果たして生き絶えた。


過去に焼かれ彷徨っていた半身の魂は輪廻転生によって新世界で生まれ変わり、その魂は十数人の妖怪へと分かれた。

そのうち現在生き残っている最古の妖怪はツラメ、アバター、マリア(ノスフェラトゥの半身)の三人で、他の妖怪の魂はツラメが一つの魂を取り戻すために吸収している。


修行僧としての業はツラメが、人生の業はカルマが背負っている。




この文章書くの3回目なんだけど。

1度目は文章が変なバグり方してたから書き直して、二度目は保存したのに反映されてないっていう今までで一番新しい嫌がらせをうけました。

もう…重要人物なだけに省けないからやめてよそういうの…。


あ、

おはようおはよう!

長田ですよ!!


今回は久々のPF記事。

一週間に2回くらいは更新したいんだよな、PF関係は…。

完全に趣味。


さて、多分読んでてさっぱりわかんないと思うんだけど、僕の中で一番温めておいてた種族誕生の調律神、アルダ様です。

名前はこの前決まったんだけどね…。

簡単に言ってしまえば、神話を模したキャラクターですよ。

キャラクターの元ネタはおそらく皆様お気づきかと思いますが、インド神話におけるシヴァ神女神パールヴァティの最終的な姿。

アルダーナーリーシュヴァラです。


カルマからリンネへと変わる名前の変化は、ヒンドゥーから仏教へと変化する様子を表してみたんですね。

身体から神々が産まれるって概念が好きで、一人はそういうの欲しかったんです。

さりげなく目の周りの飾りにサンスクリット語でカルマって描いてあるのに気づいたらプロ。


ちなみにツラメの氷属性や見た目はFFの幻獣のシヴァからある程度インスピレーション受けてます。

色々な神様混ぜてるんだけど、キョンシーツクヨミなどの方が大きな要素ですね。

FFと真女神転生をしゃぶり尽くしてた長田は、シヴァといえばどっちと聞かれると女神転生の方が出てくるので、ちょっとみんなと話合わなかったですね…。


だって絶対パーティ入れてたし…。


ただ、インスピレーション受けてるとはいえ殆ど後付けです。

ツラメの修行フェチは確かにシヴァ神からとってたんだけど、まさかここに来てその設定が絡むとは…自分でも驚きです。

アバターヒンドゥーからイメージした妖怪ですが、設定はツクヨミ

共通点があるね。

ほのかが元々火之迦具土でデザインして、設定でアマテラスの要素を入れたキャラですね。


ハルアキは安倍晴明陰陽師ですね。

サバトでまだ氷河じゃない理由は、氷河は新しくハルアキが作った新世界の一族だからです。

ツラメを封印した時につけてる名前でありますね。


古事記ヒンドゥー旧約聖書などの神様ごちゃまぜな世界観を目指しております。


最古の妖怪たちはそれぞれアルダから怒りや憎しみ、追求心なんかの要素をばらばらで持っていまして、もうほとんどツラメに宿ってます。


アバターも数人喰ってるんだけどね><


本日はここまで!