イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

絵クスタシィ

 おはよう!おはよう!

長田ですよ!

本日は軽いお絵描きのお話。

 

Fate/GOっていうアプリのキャラクター、シュヴァリエ・デオンちゃんを描いてみました。

f:id:nagatakatsuki:20150917235315p:plain

うむ、可愛い。

背景がまだなのでこれだけじゃ状況がわからんね。

ちゃんと考えてるから、後は描くだけね。

元デザインと言うより、設定とかが魅力的なんだよね。

好きすぎて昨日お急ぎ便シュヴァリエを元にしたアニメのDVDBOXポチった。

ウィキペディア見てたら彼の生き様について軽く触れてて、とても変わった人生を送っていた様子で、もう気になって気になって。

女性として産まれて、息子として育てられて、その後スパイになるんだけど自身を女性であると公言するの。

成人の際のパーティで、ドレス姿のシュヴァリエに魅了される貴族たち。

それなのに男物の軍服をいつも好んで着てたことでマリーアントワネットが女性ものの服持ってないんだ…かわいそうですわ…などといつも通り素敵な勘違いをして、お気に入りで贔屓にしてる職人から一着ドレスをプレゼントするという…。

マリー様はブレない。どこで見てもブレない。大好き。

 

ここまで来て最期、亡くなった際に解剖してみたら生物学的には明らかに男性とか意味深なことを発表される始末。

女で産まれ男として育てられ女として一生を終えて最期は男だったと…。

性器が二つとも付いた人は今でもちょいちょいいるみたいだし、+多分半生の教育でテストステロン(男性ホルモン)が増えて骨格や筋肉が発達するも、女性よりの性同一性障害のような部分があり、それを利用してスパイを続けてきたのではないかと長田は推測。

幼い頃から骨の矯正にコルセットを着けて魅力を出す当時の習慣を行わずして男女両方から容姿を絶賛されてるから、多分胃下垂だよね。

心理学用語のエオニズムの語源は彼の名前であるデオンからとっているとのこと。

ちなみにどういう訳か、子孫は今なお続いて生きているらしい。

 

すげー!!

これからは本も探していきたい。

 

自分で言うのもどうかと思うけど、長田節が最近出てきていいなって思う。

特徴的なイラストとはいかないけど、やっと、やっとだよ。

多分この感じが、僕のナチュラルな絵柄になるんだと思う。

 

自分の絵柄ってーのはもう、本当に簡単には作れないですよね。

描き始めの頃から続けてたデザインもあったけど、いつか絵描きはその絵柄を手放さなきゃいけない。

実際のところ、それが辛いのね…。

まぁ、みんな言うんだけど、自分の味は消そうと思っても拭えないものなのです。

その時々のタッチがあると思うんだけど、そのタッチが好きなのかどうか。

 

おかしいよね。

好きじゃないのに描き慣れてるからってその描き方をずーっっと続けてきたんだものね。

捨てられないもんね、それでうまいうまいって褒められてきたんだし。

 

っていうか、僕自身好きなタッチなんてコロコロ変わってね。

PFのキャラクターで沢山考えた結果このタッチになったわけだけど、なんというかなぁ…

 

「あぁ、俺こういうの好きだったんだな…」

って感じ。

ほんとね、考えてもいなかったもんね、こういう絵柄。

勿論他にも好きなタッチや、良く描く顔のパターンはあるよ。

本来ちょっとリアルなのが好きだし。

 

けど、総合的に見て僕のパートナーみたいな絵柄はこのシュヴァリエみたいなタッチみたい。

自分の中でゴーサイン(OK)が出せるまで修正すると、だいたいこのタッチがメインで浮かんで来るからね。

 

ただ一つだけ難点。

色、塗りたくない…。

色塗るってことは、線画しなきゃ…

いややぁ…影とか斜線でいいじゃあねぇかよぉ〜…。

ぐぬぬぬぬ…。

はぁ……。

だからキャラクターでイラストレーターになれねぇんだよなぁ……。

 

線画嫌すぎて塗りはずーっと厚塗りだったんだもん…

めんどくさくなってギャルゲ塗りの簡易版みたいなのやってることもあるけど、安定しねぇんだよあれ…。

上手くいってるのだけ載せてるんだよぉ…。

もう色調補正弄りまくりなんだから…。

 

仕事で描くようになってから、趣味で描くのが難しくなってきた。

スゲェこと言いますが、仕事の絵って手を抜くとこはスーパー抜いてるからさ…。

こんなとここだわっても素人はわからんだろ、時給上げなきゃ…

みたいな…。

良い子は真似しないように。

リテイクするほど絵にこだわってない人しか今のところ出会ってないからね。

安いし、メインで使うもんじゃなくて、ポスターにチョンって使うらしいから。

あかん、マジでこれはプロとしてあかん。

塗り、一から学ぶか…。

 

あ、でも斜線で作れるってことは漫画とかには向いてるタッチにはなってきたよね。

シュヴァリエ描いてて凄く楽しかった部分は服のボタン付近と、ベルトと剣。

あとは髪の毛かな。

なんというかな、

 

 

カリカカリカカリカカリカカリカカリカカリカカリカカリカカリカ

みたいな?

カリカリ一回につきハァハァ一回。

シュヴァリエに興奮してるんじゃなくて、こう…

爪楊枝でコントローラー掃除してる時のような。

 

俺凄い今描き込んでるよぉ〜///

みたいな。

 

背景フェチの漫画家さんなどに良くある病的なフェチズムを発揮する感じ。

森薫先生が良い方向(?)に狂うのも頷ける快感。

 

この前フールさんにも言った、「デジタルだとめんどくさい部分」の一つね!

もうこういう細い部分は、紙の上15センチ程の距離まで顔を近づけてハァハァしながらミシンのごとく鉛筆を走らせたい。

ペンタブてめぇ邪魔すんなや!ってほど、手で描きたい。

カリカカリカリ。

あぁん…。

 

葉っぱの描き方見てくれたかな?

最後にクリンナップしたけど、あの瞬間にこそエクスタシィを感じるのです。

 

 

 

やだ、今日僕変態みたいじゃないですか!

否定しないけど…。

本日はこの辺で変態衝動を抑えておきます…。