創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

イラスト・造形・3D

おはようございますよ

長田ですよ。
先日なんとなく仕事の後、久々に腕立て伏せをどれくらいできるのか試してみたところ、顎つけて100回位が限界でした。
もちろん連続じゃ無いけどね!
先に根をあげたのは手首の関節で…体力的にはあと50回位出来そうだけどもなぁ…。
筋肉痛はあんまり感じない…。今日も現場だし良かったけど、この感じはウォーミングアップみたいな感じやなぁ…。
やっぱりウェイトないとダメやな。兄貴でも乗せてみようかな。
学生の頃は90回が体力的な限界だったし、翌日腕上がらなかったけど、少しは筋肉ついたかな?
前の職場では筋肉キャラだったのが嬉しかったな。
バイト服がイジメかと思う位パンパンやったからな…。
ディップスのおかげかな?
腕立てできるってことは胸もついてると思うけど、実はベンチプレスはやってないんでそんなに発達してないです。
自在に動かせる程度にはあるけど。
連続腕立ては35回位からしんどくなって、多分50回はできん。
自衛隊の若い子達ははあんな痩せてるのによくできるよ…。
 
本日は文字だらけのお勉強日記。
イラスト描きながら造形して3D学んでるけど、やっぱ駄目なところは総じてポージングだなぁと実感しました。
ただの立ち絵にしても、動きの感じるポーズを描くのは簡単じゃ無いですね。
最近はよくみぃなとかPFキャラとかでポーズをとらせているけど、ダメだもんねやっぱり。
ちょっとだけみぃな描いてからはいい感じに描けるようになってきてるかも。
 
少し自分のイラストと他の人のイラスト、もしくはフィギュアなどを見て感じたこと。
言葉で言って伝わるかは微妙だけど、奥行きがポーズに存在するかしないかだと思うんだよね。
キャラクターを箱で囲った時に、僕のイラストは壁みたいに細くなるんだよ。
長方形の感じね。
うーん、説明が難しいけど…
 
キャラクターを正面から見てすっぽり入るような四角の枠で囲った時に、細い縦長の長方形になるのを僕は避けています。
正方形に近い、広い長方形であるほうが映りが良いんですね。
だから最初に四角の枠を描いてからキャラクターを作ったりしています。
 
それは、奥行きも同じなのだなっていうこと。
これを怠るとバランスが崩れてしまうようです。
やっぱりずっしりと構えられるポーズにするのは重要で、特に僕のようなキャラデザばっかりの偏食絵描きはちゃんとその辺を学んだデザインにしなくてはいけませんね。
 
キャラクターがそこにいますよ、という表現をするには、キャラクターの動きから様々な想像をできるようなデザインにすべきです。
例えば髪の長いキャラクターが髪をかき分ける動作をするとき。
 
よく考えればあの動作は、悪い言い方かもしれないけど、視界に入ったり肌に触れたりして邪魔だと感じた時に行う動作ですよね。
その場合はまず、何個かその動作を行う理由のシチュエーションがあると思います。
風が強かった時とか、一息ついてリラックスした時の動作とか、歩いているときに髪がなびいた時の動作とか。
 
風が強い時の動作であれば、髪の毛は大きく動くし、服や装飾品もなびきます。
ついでに砂が目に入ったりするかもしれないので風下に首を回しますし、
スカートだったりしたら服を軽く押さえるために身体も屈みますよね。
そんなオーバーじゃないにしても、風が来ることによってとるポーズはある程度決まっているような気がします。
 
視界に入って邪魔な場合、何かに集中しているのではないかと思います。
本を読んでいたり、空を見上げたり、視線の先に何かを捉えている場合が多いんじゃないかな。
その場合は身体のポーズも色々変わってくると思います。
まさか足並み揃えて直立不動でただ本を読んでいる事はないと思いますし、身体を壁に預けたり椅子に座ったりしてそうなもんです。
待ち合わせの時とかも体に負担のないポーズとっている気がします。
 
歩く時の髪のなびきは、わざわざキザな動きしてないとなかなかやらないような気がします。
もしくは少しピリピリして機嫌の悪そうに歩いている時。
要するに大きな動作が出るときですね。
個人的にはお嬢様学校の黒髪ロング生徒会長的な子が御機嫌ようとか言って半分目閉じながらファサーするようなイメージで考えてますが、その際は歩き方にも姿勢や気品溢れる清楚な感じが出てなくてはいけませんね。
ピリピリの歩き方は肩に力が入っていて関節に柔軟性がない感じでしょうかね。
歩幅が広くて手も勢いつけて振ってるような。
そんな感じです。
 
 
やっぱり動きが発生する場合はシチュエーションの再現がかかせないと思います。
だから一つのポーズを描く時も、その動きに至るまでの簡単なエピソードがなきゃでてこない。
本をたくさん持ってずっこけているポーズをとらせる時は、表情とかも気にするといいね。
赤面しながら転けている時は好きな人が近くにいて焦ったせいでドジってる時とか、過度な驚きの表情の場合は真剣に何かにつまづいたりしてる時とか。
恥ずかしそうな顔をしながら転けているのか、転けた後に恥ずかしくなるのか。その辺の違いでも動きに差が出そうなものです。
動揺した人間の動きはビビって縮こまったものになりますし、自信満々な時は恥ずかしげもないダイナミックな動きになるし、怒っている時なんかはなりふり構わない感じになるもんね。
 
みぃなのキャラクター描いている時に、具体的にはエレオノーレとローゼマリーらへんの時なんだけど、みぃなちゃんのポーズがやっぱり無機質に感じました。
あのポーズは良いにしても表情とか髪のなびきが不自然なんだよね。
目とかにも真剣さが感じられません。
 
個人的には本当は恥ずかしそうに怒っている顔を描きたかったんだけど、ポーズと表情がそんなに合ってないのがな。
そうやって始めるとエレオノーレも納得いかない微妙な下半身だよね。
性格もあの段階で決めてなかったってこともあるけど、無邪気さよりも気難しさのほうが重要だった。
その点ローゼマリーちゃんはそこそこ表現できたように感じます。
子供らしさとか、笑顔とか、身体にマッチしてます。
手のバランスが難しかったかなーってくらい。
ドロテアについては地味かな。
実は元々全然違うポーズだったんだよ。
最初は足を交差させてたんだけど、長い服を着せたら足のポーズとらせても意味ないじゃんってなって直立させたのね。
そしたら高飛車な感じより非常に清楚な感じがマッチし始めたので、キャラクターもおっとりさせました。
実際はかなりキツいクールキャラにしようと思ったんだけど…。
 
とにかく一度考え直そうと思っています!
本日はここまで!