創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

【臨時講座】カゲつけの基礎

はろはろ!

長田式臨時講座のお時間です!

いや、特に今回は焦って無いんだけど、大量の絵を用意するのがキツかったんで二枚だけになっちゃったのね。

だから臨時講座って名目で描いてきました!

今回はカゲについて!

それでは授業はじめまーす!

例によってテキスト配りまーす!

ではどうぞ!!

f:id:nagatakatsuki:20150814224421p:plain

f:id:nagatakatsuki:20150814224438p:plain

 

 

はい!

テキストはここまでって描いているけど、講座はもうちょっとだけ続くんじゃ!

 

絵において恐らく、一番出来を左右する要素であります「カゲ」のテキストでしたが、まず一枚目を見てくださいね!

 

最初に用意したコロコロローラーに注目しましょうね。

まず、カゲというものはどういうものかについてお話させていただきますよぉ。

 

単純に考えると、カゲって言うのは「光の届かない部分」っていうのはみなさんお分かりですよね!

今回はその「届かない理由」が大事になってくるのであります。

 

大きな届かない理由は二つ、あるんですね。

それがそこに描いてある

  • 物体そのものが立体であるが故に発生する、光が届かない部分
  • 物体によって光がさえぎられ、光の発生していない部分

なんですね。

この二つは光と二つ以上の物体が存在する以上必ず出来るカゲなんです。

前者は形があることの証明。

後者は場所があることの証明。

 

カゲには、「物質の情報と存在場所の情報が入っている」ことを読み取ってください。

 

そして、「物質に出来るカゲを陰、物質によって新しく産まれるカゲを影」と呼びます。

 

イラストにおいてこのカゲの扱いは非常に重要で、ある意味では影のつけ方で個性がでる重要なポイントとも言えます。

 

二枚目のテキストにある、少女漫画タッチの絵とホラータッチの絵を見ると少し分かると思いますが、好みの雰囲気は大部分が影によって表現されることがわかりますか?

少女漫画の場合、見せたいポイントを見せるために色の強弱を利用する場合が多く、色みを抑えることによって空間の雰囲気を出す感じかな?

描いていて思ったのは、影をあまり使わないのだなぁって所。

本来線を太くするひとつの理由に、影を強調させ、立体感を出すという役割があるのですが、少女漫画は立体感をあえて抑えることで絵から様々な状況を想像させるような感じでした。

 

下のホラータッチは、影を使って陰を抑えました。

その結果、生き物らしさが減りましたね。

これは絵を描くと分かりますが、人間という立体には様々な質感が入っているんですね。

柔らかい部分もあれば、サラサラした部分もあり、レンズのような部分があれば、水に濡れたような部分もあります。

その上無機物までも纏っているわけですから、かなりの情報がある存在なんですね。

その情報をひとつに纏めてしまった結果がその絵になります。

特に反射するはずの目の部分に対し光を入れないことで、人ではない雰囲気が出てきたのだと思いますね。

 

絵を語る上で重要な項目の半分がカゲです。

そしてもう半分は光

本当は光もやろうと思ったのですが、これがまた複雑で大変ですのでまた今度にまわそうと思いますよ!

 

今日は少し難しめの講座となりました。

これについては各自、それぞれイラストを参考に自習をしておくこと!

 

本日はここまで!!