イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

集中のお話

はろー!!

昨日ちょっとだけカテゴリ整理をしました。
臨時講座とクラフト、それとリムドメのカテゴリに分けたので、よければ見てみてくださいね。
臨時講座は随時作っていこうと思いますよー。
 
先週はお休みが多くて良くない一週間だったなぁ。
休みの日があるって、本当は良くないことです。僕としては。
お休みって何もしなくなっちゃうでしょ?
休憩を優先してしまうからまず寝坊、マイペースにご飯、本読んだりテレビやアニメみたり、ゲームしたり。バラバラ。
 
休むことについて良く色々言われますが、僕が毎日働きたいのには理由があります。
それは、人間ってそんなに沢山休んでも回復量は変わんないからです。
平均の睡眠時間は7時間が良い、なんて良く言いますがこれは統計のお話。
一人一人、身体の具合によって全然違うのでありますね。
具体的に言えば身体的な部分の回復はマッチョほど早いです。
身体を鍛えれば鍛えるほど血管が増えて、血がサラサラなほど内臓の運動量が活発になるんです。
 
すると短時間で身体のリセットが完了する。
子供の頃からスポーツとか、運動部に入っていた人は問題なく大人になっても生き生きとしますが、やらなかった人は結構深刻だったりする問題ですね。
僕は後者です。基礎体力がなかったので簡単に疲れちゃうし、回復も遅かったです。
 
だからジムに行ったんですね。
最近めっきり行かなくなってしまったので、正直身体の回復が追っついてないのをとても感じてます…。
前にも長々言いましたのでもう言わないけど、睡眠にも影響してきますからね。
適度に運動するのは確実に大切なことです。
 
運動の時は自分の足りないところや、補ってあげるところを少しずつやっていけばいいんですよ。
今の僕は例えば、関節がガチガチ。
それとよく息切れするので、有酸素の運動をすべきです。
 
有酸素運動だけどね、「15分後から痩せる」っていうじゃん。
あれは身体の熱量をふやすのが具体的に言えば15分後ってだけで、痩せることばっか意識しちゃうから長時間やらなきゃいけない気になるだけですからね。
運動イコールダイエット、なんてことをイメージしてしまいがちですが、そんなこと考えなくて大丈夫。
目的の意識の差だよね、モチベーションをあげたり運動不足を減らすってだけなら、1日30分ほど意図的に運動するイメージを持つことで保てます。
正しい運動でも間違った運動でも、その「やっているかどうか」っていう形の部分が重要。
 
やらないと運動できないからね。
普通にやってれば運動中にちょっとテンションが上がってきて、気づいたら結構長いことトレーニングしてた、なんてこともありますから、最初はちょっとでもいいからやるのがベスト。
 
それと、「早くおわんないかな」なんて気持ちを持ったらもうやんないほうが良いですね。
人間ってイメージだけで身体に鍵かけちゃうから、例えば走ってる最中にそれを感じてしまうと楽なやり方を自動的に模索してしまうのです。
これは学習拒否になるから意味なくなるよ。
 
なんに対してもそうだけど、最初のスタート5分でやる気を出すと仕事にも遊びにも集中が保てます。
これは実はゲームでもいいんだよね。
ただ、ゲームもダラダラやってると意味なくなってしまうので難しいです。
僕はゲームでやる気出すなら、とりあえずテトリスとかやります。
 
 
 
一番簡単にスタートきる方法は仕事の前にお風呂や歯磨き、服の支度をすることだよ。
ここまでやると流石に誰でもシャッキリするから、支度を終えて一時間余裕を作るとグッド。
その一時間を有効に活用すると、一週間で7時間も充実した時間がとれるんです。
たった7時間って思うかもしれないけど、一年で換算すると365時間も充実するんですよ。
ちょっと努力すれば一時間を2時間にすることもできるから、そうすると730時間とれるのね。
二年でクソ難しい資格とれる数字です。ハイ。
 
それを今から始めれば、新しい技術は二年で大体スタートできるくらいには上達します。
集中するのってそれ位バカにならないことなのですよう。
 
 
 
本日はここまで!