創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

混ぜすぎてタイトル決めらんないよ!!

ハロー!!

聞いてくださいよ!!お休み!!長田先生5月11日からの久々のお休み!!!!!

殺す気かー!!やったぜー!!!

それでも…デッサンもお絵描きもブログも、ほぼサボらずにやってきております…!

ちなみにおととい、現場仕事中、熱中症一歩手前まできてたので強制的に自分で休み休み働きました。

家かえっても身体のほてりが朝までとれなかったよ、あぶねぇあぶねぇ…。

昨日の仕事もポーッとした状態で働いてたけど、僕も熱中症対策のプロや。

超100パーセント系果物ジュース祭りとたんぱく質重視のゴハン、それに加えて恐ろしくナイスなタイミングで訪れた奇跡的な雨での現場休みにより、かなり回復しました。

 

 

しっかしみなさん、僕は食欲無くてもめっちゃ食べるし、ビタミンも沢山とって、バナナやタマゴ、ブロッコリーなどなどの完全食を毎日摂取している四食主義者でありますが、現場で塩キャンディもこまめかつ適度な水分補給も怠らなかったってのに熱中症になりかけたですよ。

季節の変わり目、みなさんも気をつけてよね…。

 

今日は時間もいっぱいだし、沢山沢山記事にしたいことがあったからもうガッツリつめるね。

長くなっちゃうけどお許しください><

 

お絵描き交流

さて!!

またまたナイスイベントで僕のキャラを描いてくれた方達のブログを紹介します!!

最高に嬉しかったですよもう><

ちょっと見てくださいよみなさん!

 

 まず、ぱこっちさんから。

sp2p.hateblo.jp

リンネ君描いていただきました!

 

ケモッケモや!!

これにはさすがの長田先生もびっくり。

なにがびっくりって、めちゃんこ可愛くなっております><*

リンネ君、みなさまにも大変な人気のあるキャラクターでありますが、ポイントはどこかな?

やっぱり目かな?

ぱこっちさんもお目目を気に入ってくれたようでして、僕は目に大変個性をぶちこむ絵描きだからとっても嬉しいです。

もう、非常にこだわりのポイントをわかってくれてて、長田は感激!

絵も嬉しいけど、キャラの解釈具合も最高に嬉しかったです!

ショタリンネ君も忘れずに拾ってくれたのがさらに嬉しい(笑)

ストーリー、気合入れて描かなきゃね!!

 

 お次は夕橙さん。

yudie.hatenablog.com

グリムリーパーを描いてくれました!!

うーん!!腹黒そう!!

そこが実にイイでありますね!!

 

テトラは夕橙さんもピンときておりましたが、ヴァンパイアっていう格ゲーのバレッタに影響を受けています。

でもコレだけは信じて欲しいのですが…

赤頭巾ちゃんという設定で水先案内人のお話を展開しようとした元ネタのオリジナル漫画の時点ではバレッタは意識してないのです!

でも今回出すにあたって、格ゲーで腹黒赤頭巾ちゃんなんて言ったらバレッタしか出てこないでしょうが!!

ということで、もういっそのこと影響受けたら受けたで仕方ないとして、ベースにしてしまいました。

ストームはドノヴァン、ノスフェラトゥはルビーハート、グッピーはテスタメント、テトラはバレッタ

実を言うと今挙げたメンバーは後からPF参加組で、デザインのリメイクをする上でちょっと大きく既存の格ゲーキャラからインスピレーションを頂いてるんです。

いいデザインにしたかったから、魅力的なキャラを沢山参考にしたんだけど、テトラに関してはもうコンセプトの赤頭巾ちゃんが申し訳ないけどキャラ的に存在がでかすぎる…(笑)

仕方ないね!!

 

ぱこっちさん、夕橙さん、とってもとっても興奮しました!!

ありがとう><*おぉ、ありがとぉう><*

 

PFキャラクター

新しいキャラクターを作りました!

砂漠地帯出身の鬼の女の子です。

前、マラカスもってた子のリデザインなんだけどね。

 

f:id:nagatakatsuki:20150603154417p:plain

 

出雲(いずも)と言います。

これは夜目やミストと同じ、スパイスキャラクターですね!

夜目がガーディアンことナツメの部下についているように、彼女はストームことキルアの下につく鬼の秘書官です。

性格は…うーん、アホで純情な綾波レイみたいな感じと言ったら伝わるだろうか…。

ズボラで騙されやすい子だけど、実は集中力が恐ろしく高く、思考の処理が遅いだけで超天才な子。

頭につける飾りにしているのは砂漠の核、ケペラが潜む流砂奥底のシンボルに眠る鉱物から作ったトライアングル。

静かに鳴らすことで反響している間、超集中状態に入ることができます。

ストームは電波にしか聞こえない彼女の「別世界についての予言」を信用し、国を挙げて調査しています。

 

ここで少し整理しますが、この世界は精霊の王である精霊長と、その地域の国を統べる人間の王がいます。

主に人間の王は精霊長達に従い、様々な交渉をする会議を定期的に行います。

人間は人間同士の自由を得るために、一定の土地と精霊の同盟を結んでおり、精霊は人工の多い人間達に土地を受け渡す代わりに、全面的な世界復興の協力を求めているのです。

そこに最近のりだした鬼の一族、代表であるテンペストこと笹美が、全ての地方に転々としながら暮らしている鬼の一族が集まれる場所、いわば「鬼の国」を作る許可を得るために精霊長達と交渉し、その代わりとして精霊の土地周りに進入者を防ぐための関所を構え、一定数の鬼はそこで働くこととなったのです。

つまり、精霊はすべての種族に向けてとりしまるための警察を作った、と言う感じです。

元々人間達がいつ何をしでかすかわからないのと、鬼を敵にするデメリットが大きいのとで精霊としては良い交渉だったのですが、人間たちの政府共は案の定色々とよからぬことを考えていたためより都合が悪くなり、鬼と人間の差別意識はより陰りを見せています。

主に人間達が学校などで鬼のことについて、あまりよい教育を子供達にしていないことと、鬼に対しこれまでやってきた数々の仕打ちをなかったものとしていることで、鬼は笹美にストップをかけられているから黙っているだけでとても仲良くはできないようです。

 

今世界会議に参加するのは各国の王、精霊長、笹美の三大勢力ですが、不公平さを減らすため精霊長の下についている鬼、つまり夜目や出雲などが同席しています。

大変複雑なのですが、鬼と精霊の関係はそういうことになっているのです。

 

また面倒な話。

はい、最後はちょっとまた少しめんどくさい話をします!

今日は生物学について。

まぁウィキペディア情報だからあんまり信用に足る話じゃない思うんですけどねぃ。

 

ゲノム解析ってのあるじゃないですか。

あれの意味を少し調べてきたけど、つまり生物の遺伝子から出てくる情報を解析、解読することのようです。

それの指す意味なんですけどね、この世の生物ってそもそもなんなんだよって話。

原点の原点を探れば、人間という生き物も枝分かれした進化の先にいるっちゅーことは、誰だって知っていることですよね。

生物分類学は階級によってその種類がたくさん分かれているわけでありますが、まず最初にその物体が「生物」なのかどうか。

次に「ドメイン」ですが、コレは3ドメイン説で考えればその名の通り三種類に分かれているんです。

真正細菌ドメイン(バクテリア)、古細菌ドメイン(アーキア)、真核生物ドメイン

人間はモチのロンで真核生物ドメイン

 

ここから更に下の階層があって、上から順に

界、門、綱、目、科、属、種

と続きます。

 

界ってのはつまり虫なのか、動物なのか、植物なのか、菌なのか。

 

門は、どんな奴なのか。節足動物とか、脊索動物(脊椎)とか。

 

綱、これは、人間で言えば哺乳類とかそういうのを決める部分ね。

 

目は、具体的なその種類。ここの部分からかなり見た目が決まる。人間はサル目。

 

科は、その中でのグループです。ヒト科。オランウータンとか、ホミニディア。

 

属とは、 もうここまでくるとわかんなくなってくるけど殆どその生物帯のことを言うよ。カブトムシだったらカブトムシ属は日本のカブトムシとダヴィドツヤカブトムシ(謎)が属します。

 コクワガタはオオクワガタ属にいます。オオクワガタ属の中のコクワガタ亜属。もうわかんねぇな。

 

最後に種。僕らはみんなホモ・サピエンス。名前みたいなもんだね。

 

さて、そこまで説明した上で、中身を全てたどっていけばその生物の源がある程度特定できるって寸法よ。

科学ってすげぇよね、これだけでもどこでどんなことをし、何をしてきたかがわかるわけだから、追っていけばそこまでに至る生物の道のりというか、そういうのがわかっちゃうんだもんね。

ようはこれが生物の根本たる仕組みについての謎に繋がるわけです。

 

今説明したのは真核生物のお話。

ドメインによって更にここでまた面白くなってくるんだけど、僕は今回素敵だなって思ったのが古細菌ドメインアーキア」。

その中にいる生物のメタン菌・高度好塩菌・好熱好酸菌・超好熱菌。

極限環境にいる生物群であります!!

あー、まちたまえ。皆大好きなクマムシはここで言うところの真核生物であり、今話していヤツはドメインから違うのだ。

クマムシ最強説は、クリプトビオシスっていう仮死状態が高温や高圧、放射線に耐えるってだけであって、しかも一度発動したら死ぬ場合もあるらしい。

 

クマムシ先輩はちょいとお帰り願って、僕が注目していることは、生体システムがあんまり解明されていないということと、なによりとんでもない場所で生きている生物群の癖してバクテリアよりも真核生物に近い、という部分。

メタンなんか出しちゃう生物もいるんだって。

なんとなく思ったんだけど、僕的には宇宙にもし生物が見つかるとしたら、まずコレ系のヤツらなんじゃねぇの?ってこと。

つまりですね、惑星において初期の段階っつーのは高温だったり極寒だったりガスまみれだったりと、生物が暮らすとしたら極限状態から始まるわけだから、コイツたちが先に住み着いていてもおかしくないわけだよ。

こいつらは僕ら地球人ですら発見がかなり遅れ、普通の微生物とは違う生物群と判断したのはなんと1977年以降のことなんだそう。

勿論、極限生物としての発見は1674年から見つかってるそうで、1868年頃に沼や塩田からメタンが発生する原因が高度好塩菌のしわざと定義できたんだと。

これをメタン菌と呼ぶらしいです。

 

また、海底の沈殿物に存在する生物の大部分が古細菌なんだって。

これは2008年に初めて発表されたことらしく、長田的には最高にホットなニュースでありまして、大変興奮いたします!!!

アンモニアやメタンに何かしらを循環させる能力はこの古細菌がかなりの割合を占めているらしく、今後もっともっとこの地球上を形成する上で重要なものを作り出している菌の姿が解明されることで、宇宙の別の何かにおいて発見があるかもしれないと思うだけでハンパじゃなく期待を隠し切れません><

 

ムフー…

 

ま、まぁ何より伝えたいことは、こんな深い生物たちの情報も最近の研究結果ってこと。

まだまだ解明できちゃうんだよ、この地球という謎の多い星は!

最近の遺伝子技術も、どうやら人工的に生物を創造する過程の仮想プログラムまで作られているみたいで、命の誕生がヒトの力で行えてしまう段階まできちゃってるみたいだし。

そのプログラムは悪意を込めれば戦争に使えるバイオ技術になってしまうけれど、純粋な研究であれば生物そのものの謎まで解明することが可能になっていくんだって。

だから遺伝子とかゲノムの合成なんかの段階を何階層かにわけてライセンス化したりしてるらしいよ。

うーん、良くないことも同時に起きちゃいそうだねぇ!

 

 

興奮する!!

 

本日はここまで!