イラストレーションアドバイス

ゼロからのイラスト講座。お絵描きのナビになるような記事を目指します!

【臨時講座】しなやかぁな描き方。

はろー!

本日は仕事まで時間あったから臨時でしなやかなラインについて説明するよー!

反転して描いてたから向きが逆だけど本質は変わらないからいいよね!!

今回はちょっとむずいぞぉ!

 

ikeさんところで山田さんとikeさんのしなやかな足の部分のやり取りを見ました!

その際、そう言えば超重要項目だったなぁって思い出して今回の講座を思いついたわけです。

海外の人のね、お絵描きライブなんかを見てると、これが非常に重要視されているんですね。

身体のラインをS字で描く癖をつける、という事です!

f:id:nagatakatsuki:20150520112742p:plain

これを見てください。

身体の大きなパーツは、主に頭、肋骨、尾てい骨なんですね。

その3つはとても大胆に身体の骨の割合を占めてるんです。

そして、注目すべきは前側よりも、背中側のライン。

なぜかというと、背骨が全ての中心部、人間の中で最強に大切な部分だからでありますね!

パーツごとにS字を見てみましょう。

f:id:nagatakatsuki:20150520112743p:plain

あたまは、やや後ろの方が背骨と頭蓋の接着面であります。

みるとわかるように、やや背中の方が後頭部より突出してますね。

顎と胸のラインは同じくらいか、顔の方が前です。

f:id:nagatakatsuki:20150520112744p:plain

はい、こちらは尻ですね。

背中よりも尻が突出。

そんで、お尻って本当は脚の一部なんです。

だからそのまま膝まで伸ばしましょうね。

膝は胸位の位置に今回は合わせましたが、少し足曲げてます。

遅れましたが、肋骨の形と脚の形の大雑把な図形は覚えておくといいですよ。

平行四辺形で描く奴も僕くらいだと思うけどね!

でもそれっぽく見えるでしょう?

f:id:nagatakatsuki:20150520112745p:plain

お次は太ももね。

横に描いたラインは必ずちゃんと見てね。

立体にとらわれて物のラインが把握できない、これは良くある初心者のミスであります。

しなやかに描くことは、時として命を吹き込みますからね。

このぐにゃっとしたラインを全部繋げると、人の形に繋がります。

f:id:nagatakatsuki:20150520112746p:plain

こちらは全て僕が「最初からラインだけで描いた」ものです。

ね、あのぐにゃぐにゃをマスターすると人の身体は流れるように描けますですよ。

しかも多少ずれててもそれはそれで良いモノになるんや。

f:id:nagatakatsuki:20150520112747p:plain

応用編。

もちろん、S字は正面からのシルエットでもよく使うよ。

モノを記号にして観察する目、これはいわゆる右側の脳みそだけで見る、ということですね。

記憶が邪魔しないように、左脳を使う間も無く描くのが重要なんだけど、口で言ったって伝わらんよねぇ。

これはスピードクロッキー。いわゆる30秒ドローイングで身につける能力ですよ。

この曲線が流れるように描けてしまう僕は、30秒ドローイングで泣いた過去があるんだ…。

f:id:nagatakatsuki:20150520112748p:plain

いろんなポーズのS字を読み取っていこうね。

もうこいつぁ、暗記しちまうのが一番だよ!

描く手順とか関係ナッシン。

絵の外側の線をサラサラっとなぞったりして読み取って、たくさん描くのがコツだね。

なれると数十秒かからないで立ちポーズとか描けるぞ!

そうなるともう楽しくて止まらんから注意だぜ!

 

 

本日の臨時講座はここまでっ!!