創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

【PF】エラリアの海賊達と3種類のパラレルファクター

はろー!

前の日記のコメント返しなんだけど、今返すと辛辣なコメントくれた人にも通知いくから申し訳ないんですが今回は無しの方向で行きます。

うーむ、長引かせる前に返そうと思った結果少しミスってしまったなぁ…。

コメントありがとう!やっぱあんまり気持ちを込めた日記は人によっては嫌な気分になるだろうから、少々控えるようにします。

 

そんなどうでもいいこたぁ置いといて、本日もPFのお話!!

毎日設定が組まれていってるよ><やったぜ!

まず、ノスフェラトゥことエラリアの海賊船に乗っている仲間たちを紹介するね!

f:id:nagatakatsuki:20150518003002p:plain

ムキムキの鬼と、チビの人間と、オカマの妖怪の三人です><

みんなパラレルファクターを持っています。後述するけど、3種類のパラレルファクターのうち、身体に変化のある人間のファクターを使っています。

つまり、みんなゾンビってこと!

 

キャラクター自体はこれまた昔からいました!

エラリアのお話を作ったとき、だから…そうだな、17歳のころ書いた小説で出てきたキャラクターでして、いつかちゃんと描こうと思ってました。

しかしながらマッシュとレットは名前覚えてたんですが、フィレンツェは忘れちゃってたんで命名し直しました。

性格などは全員当時のまま。

強いて言えば、鬼や妖怪なんて設定は昔はこれっぽっちもなかったから、マッシュのアゴにツノが追加された程度かな。

思えば男性の鬼はこいつが初デザインか…。

 

キャラクター設定ですが、みんな妖怪の封印された武器を持っています。

これ繋がりでもう3人ほど別にデザインしなきゃなんないキャラがいるんですが、今日は時間なくて描けなかった…。

その3人は一国の騎士隊長で呪われた剣を持っている鎧人間のデュラン君と、エラリアのお兄さんと、もう一人の乗組員のショタエンジニアでネクロマンサーゾンビのコニィ君。

ちなみにこの文章のこの部分描いてて今コニィの存在を思い出しました…ごめんよコニィ…。

既にデザイン決まってるから後はリメイクするだけ。楽チンね。

 

マッシュは急遽鬼の設定を追加したので、鬼の名前を持っています。

僕の世界観では鬼の名前は漢字って決まってるの。

鉄拐ってつけましたけど、元ネタわかる?わかったら結構他国文化に詳しい人だと思う。

彼は身体中が岩石に変わるゴーレムゾンビです。

ハンマーのファクターを所持、ファクターに込められた妖怪は名前とかまだつけてませんが、老人の格好をさせるつもりです。

エラリアほどはっきり乗り移りはしませんが、マリアのように妖怪を封じているんです。

性格は割と紳士。レットとはデコボココンビでケンカばかりの癖にタッグの相性が良いです。

見た目通り力仕事は全て彼が筆頭ですね。

鬼だから元大工で、意外と繊細…。

 

レットは一番記憶に残ってたキャラで、ワンちゃんに変身するナイフのファクターを所持しています。

変身後の姿はドーベルマンっぽい。

生意気でチビ、元々ストリートで盗みをしながら生活してました。

こう見えて絵が得意で、船の装飾や服のデザインなんかはレットがやっています。

エラリアの服も全部彼がデザインしていたりします。

毎日毎日、マッシュとその日に喰う魚を釣ろうとしてますが、大体昼くらいになるとエラリアに吹っ飛ばされて泳いで魚をとりにいきます。

 

フィレンツェは元美容師、メイクアーティスト。

船内のお掃除と、エラリアの身の周りを整える役ですね。

男色なのでエラリアを唯一性的に見ないため、重要なポジションですね。

レットのデザインしたものを形にするのは彼。

彼はフェンシングの達人で、植物の妖怪が封じられた小剣のファクターを持っています。

中の妖怪は超キザ。

マッシュ、レットと違ってかなり落ち着いていて非常に紳士な大人ですが、オカマなのでちょっと厚かましい…。

お料理も彼が担当しています。

 

あ、ちなみにエラリアは毎日船で好き勝手に過ごしています。

船頭に立っても風でなびいてるだけ。

なのでこの三人とコニィが死ぬほど働きまくってますが、みんなそれがいつも通り。

エラリアの為に身体をはる奴らばっかりです。

 

 

 

未知の力のパラレルファクターについて解説します。

パラレルファクターは大きく分けて3つあります。

神様の次元からきた「命の力」

ノアのいた別次元からきた「魂の力」

人間が作り出した「架空の力」

の3つです。呼び方はまた別で考えますね。

それぞれ三すくみ。

命は魂に強く架空に弱い。

魂は架空に強く命に弱い。

架空は命に強く魂に弱い。

 

命の力は、乗っ取る力です。

そのものの生命を蹂躙するほどの強大な力を持つファクターです。

例えばテンペスト

彼女は身体の機能が恐ろしく発達するほど神の力に蝕まれています。

テンペストは自分のファクターの力を使うと身を滅ぼすため、戦闘でも雷神の力まではあまり使いません。

腕っ節のみで戦っていますが、神の力が漏れ出しているので超怪力になってるわけであります。

エアやアースの場合は逆に自分の力で他人を蝕む事ができます。

アースは妖怪をメッタメタに作り変えて支配する力、エアは金属などを変形させて思い通りの形に変える力を持つ怖い奴らです。

内緒だけどハピネスは他の何かしらに命を宿らせてお友達になれるちからがあります。

リボンとマフラーはお友達です。

もっと内緒ですけど、アースが作り出した妖怪達はみんな命のパラレルファクターそのものです。

これが妖怪という種族誕生の秘密に繋がります。

だからあんなにメイジくんが精霊をボッコできるわけですね。

派生だからこれでもかなり薄まった力ですけどね。

 

魂の力は、封印する力です。

力をシンボルに変えてしまうことができます。

つまりシンボルそのものがパラレルファクターとなります。

この世界では、パラレルファクターの代表格が全てこの魂の力から派生しています。

命の力はイレギュラーである他の神の力で、手に入れることはほぼ不可能。

手に入れたとしても身体が普通は保ちません。

ですが、シンボルは全てを開放しなくても使うことが可能です。

つまり、魂のリンクですね。

このリンクや、元々の魂の力を生み出したのは氷河晴明。

大罪人です。

シャーベットは本当の力を氷河から受け継いでいるため、一番強くこの力を使えます。

妖怪のため命の力を既に所有していますが、この力そのものをシンボルに変えて転生し、生まれ変わった魂をリンクさせました。

本来は魂の力を継承している種族は精霊です。

そしてその頂点にいるのがノアです。

 

最後に、架空の力。

パラレルファクターを別のものに変えてしまい、エネルギーだけを使うことができる科学の技術です。

ミライやコネクタ、エラリアの兄がこのファクターを作ることができます。

ミライの場合は魂を永久機関のエネルギーとして使用し、アンドロイドを生み出します。

コネクタは仮想空間を作ることができ、同時に相手のイメージ空間を読み取り、バーチャル空間として存在させることができます。母からの継承。

エラリアの兄は妖怪を武器に封印し、所有者に呪詛の力を持たせることができます。

ちなみにシンボルから削り出して作る物も小さなパラレルファクターです。

鬼の持つ楽器にも同じ力があります。

 

パラレルファクターとは物質の名前としてつけられていたものですが、今ではその能力を使いこなしている人間に対して使う言葉になっています。

ここでいうところの呪詛と加護はパラレルファクターの派生ですので、パラレルファクターとは違います。

複雑だね><

 

簡単に言えばシンボルと直接魂のリンクをしているのは魂のPF。

神の力で他を支配できれば命のPF。

別の次元の物質を利用し、使えていたら架空のPFっちゅーことです。

 

また今度詳しく解説するね。

とりあえず今は夜目のように、キャラクターの身内や関係者をデザインしていこうと思いますですよ!

 

本日はここまで!