創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

「絵を仕事にする」は誰でもできる。

こんにちはみなさん!!

さっき日記書いたら投稿してみたら白紙になってて、泣く泣く書き直ししようと思ったけどモチベあがらないから違う話題を書きはじめる長田先生だよ!!

 

今日はタイトル通り。

山田さんの日記を先ほど拝見してコメントを書いたのですが、それをもっと細かく書こうと思ったよ!

絵を仕事にする、ってことを皆様にお話したいと思います!!

 

 

まずはじめに言いたいんですけど、「絵の才能ないから」って発言はNG。

絵心とか、絵の才能とか、そういうので絵を描くのを断念するなんてだいぶもったいないです。

絵ってのは一番わかりやすいメッセージだからね!

どんな仕事をしてたって、絵が使えたら普通よりかなり役に立つものですよ!

 

そもそもだけど、「好き」を仕事にする、なんてクソ馬鹿げた広告をテレビとかで出しているのがそもそもの間違い。

まるでなにさ、つまり?夢にあんまり関係ない仕事は「好きじゃない」仕事になるわけ?

いやいやいや、そんなことあるかい。

人間は好きなことも嫌いなこともたくさんたくさんあるし、増やせるのですよ。

どんなクソバイトしてたって、一ヶ月に何回か、いいことだってあるでしょ。

たくさんやらなきゃいけないことの中に、「好きな作業」ってあるでしょ。

それが「好きなもの」だよ。

 

たびたび僕が渋々飲み会とかに顔を出すと、僕の絵のスキルについてすごいみんなフォローしますが、僕が好きなことは絵のみにあらず。

どちらかというと冒険心みたいな部分を本当はほめてもらいたいね。

絵しかない、なんて記事を描いたことあった気がするけど、絵は僕を形成する力のひとつであって、すべてじゃないから。

基盤ではあるけどね。

 

絵の仕事につきたい。

そんな風に考えながら仕事している人います?

そういう人に僕は言いたい。「変えちゃえばいいじゃない」って。

 

「転職」じゃないです。

今働いている仕事のどこかに、絵を絡ませるという算段をとればいいんです。

アルバイトよりも正社員のほうがそういう意味では自由度が高いです。

「自分の仕事に余裕をつくる理由」が産まれます。

仕事はまじめにコツコツと上っていくことで、「自由度」を得ることができます。

企画、提案をすることができます。

「新商品ここに配置してPOPだすのどうですか?」

この一言がすでに提案です。

「POPどうすんの?」

「あ、僕こういうのちょっと描けますから手書きとか…」

これでいけます。

現に僕はアルバイト程度でもこういうことしました。

まぁ、描いてそれがまかり通るかどうかわからないですけど、少なくともちょっと絡めることは可能なんですね。

イベントの時期に飾りつけを提案したり、こういうことしたいって言ってみたり。

仕事が多少できる人なら、そのくらいの提案を挙げることくらいでリスクなんてありませんから!!

 

これが、昔書いた「小さなことからコツコツと」ですよ!

何をやっていようと、そこで絵を活かすことは可能です!できます!

それをやってるからこそ、イラストレーターにもなれます!!

ぜひ、絵に興味があるんなら絵を仕事に絡めてみてください!

 

それだけでクソみたいだった仕事にやりがいが産まれることもあるんですからね!!

 

今日はここまで!