創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

【お絵描き講座】これで解決!簡単なお顔の基礎講座!

イラスト講座だよ!

今回は顔の描き方。

誰を描く時でも、必ず意識しなければいけないポイントがあるんだ。

ちょっと難しいけど、意識したらとっても素敵な絵ができるよ!

チャレンジチャレンジ、でありますよ!

 

 

はぁい、長田ですぞー!

講座作ってたら始発逃して待ちぼうけですぞー!

ってわけで昨日突如作りたくなってお顔の講座を大急ぎで作りました!

ツン子も西子もいれてる時間が無かったため、ちょっと大雑把になっちゃっていますが後ほど暇なときに完全版を作って載せますね。

ピクシブにも載せたりしていますが、今回は雑なので載せません。

強烈に閲覧数伸びるからビックリするよね…。

 

では、とりあえずご覧くださいな。

 

f:id:nagatakatsuki:20150422045946p:plain

f:id:nagatakatsuki:20150422045947p:plain

 f:id:nagatakatsuki:20150422045948p:plain

 f:id:nagatakatsuki:20150422045949p:plain

 f:id:nagatakatsuki:20150422050126p:plain

 f:id:nagatakatsuki:20150422050127p:plain

 f:id:nagatakatsuki:20150422050128p:plain

 f:id:nagatakatsuki:20150422050129p:plain

 f:id:nagatakatsuki:20150422050130p:plain

 

はい、お疲れ様でした!

ちょっと今回は単純ではあるけど少し難しい話になっちゃったかな。

注意点がいくつかありますが、これは僕が勝手に単純化したもので、正確な目安ではないことをはじめに断っておきます。

それこそ正確にしたいのなら、レオナルドダビンチを参考にする事になってしまいますので(笑)

目安の線は引かなくても描けるようになるので、順番通りに描き入れていけばオッケーです。

それと年齢で全ての位置バランスが若干変化します。

例えば幼児であれば頭の比率が増えて、顔全体が小さくなります。

この辺も合わせて、あまりにも従いすぎないよう気をつけてみてください。

 

一応このバランスはリアルなものでもアニメチックなものでもほぼ同じです。

違うのはパーツの形や大きさ。

そのパーツを置く位置の比率は、全てほぼ共通と言っても言い過ぎじゃありません。

試しに写真や、好きな絵描きさんのキャラクターの顔比率をコレに当てはめて参照していただければわかるかなって思います。

観察眼が成長してくると、瞬間的に「この絵は比率が間違っているな」と感じ取れるようになります。

 

長田の見た限りでは、絵を断念してしまう人の中にも「パーツは描けるのにバランスが苦手なんだな」っていうとても勿体無い方は多くいるように感じます。

逆に、バランスがものすごくいい人でパーツの種類が少ないだけの人は、多分大多数がイラスト描けないうんぬんで挫折はしてないんじゃないかな。

 

絵で重要な項目の「比率を学ぶ」という行動は、そのうち何に対してもまず一番最初に考えるべき問題となってきますし、もちろん顔の中でも目や鼻、口など、細かいものの形も大きくフォーカスすれば同じように比率が存在します。

そして、その細かいものの比率は完全に「自分で自分の絵を作る」為に、自分自身でよく悩み、産み出していくものに変わってくるんです。

 

以前お話しした「知って」「作って」「飾り付け」でいう所の、今回は二番目。作る事の講座でありました!

講座にもあるように、比率を考えるのは絵描きの絶対条件です。

描けないものを描くときは、参考をまず「理解するまで考え」、「比率や法則を見つけ出し」、「自分なりにアレンジする」ことであります><

一連の流れの最初の2つを学ぶのに一番近道な方法がデッサン。

アレンジの方法は、好きな絵描きさんや写真なんかを見て真似することですね。

 

文字で書くと難しくなっちゃうね。

料理で言えば

 

「美味いなこれ!どうやって作ってんのか調べよう!」→知る

「レシピを調べてきた。まずは自分でも作ってみよう」→作る

「美味いけど俺はジャンキーな感じを出したほうが美味いと思うぜ!アレやコレを入れて作ったらもっと俺好みになる気がするぜ!」→飾り

 

そんな感じです。

また何かあればいつでも言ってね!

本日はここまで!