創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

文系理系。分けちゃダメ。

これ書いたらコメント返します!

宣言しないとやらない可能性あるからね、今の僕は…。
 
っていうか、定期的にお勉強のような記事を書かなきゃ副作用が出る人間なんだ僕…。
基本的にね、お勉強系の記事は絵に関係なく見えるかもしれないけど、関係するんだよ。
絵に限らず、たくさんのことに関係するから重要だと思ってる。
今日は「文系理系」のお話。
 
普段から耳にする文系や理系って言葉は、なんていうか性格を表す重要な言葉になっているよね。
昔から正式に使われてた学問の分野に関するワードではあるんだけど、皆様の認識はどうだろう。
ちなみにウィキペディアに凄く細かく載ってて、学ぶ対象としては結構楽しいんだよね。
僕は何に見える?自分では理系なんだけど、昔仲の良かったおっさんから「文系の外面してるけどお前超理系だな」とか言われたことがあるよ。
文系に見えてたってことかな?
 
さてさて、自分がどっちとか、色々ありますけども、実際得意な分野がそっちだからって片方ばっかり勉強していてもダメです。
傾向として存在しているだけで、実際は例文通りの人間はいないし、それに理系学問、文系学問それぞれには重要な役割があるんですよ。
学生のみんなに見ていただけたらいいな。
 
端的に言ってしまうと、「知る学問」が文系学問で、「作る学問」が理系学問です。
文学は感情だったり人格だったり、直接人間の成長に関わる重要な役割を生み、今後の選択肢を探し選ぶ為の学問であり、理系は創造し進化させる、発想や脳の発達に不可欠な重要な役割のある概念の学問です。
いわゆる、見て学ぶ文系学問と、考えて作る理系学問との違いがあるんですね。
 
気づきや疑問の「なんでだろう」と思う自力は理系学問からなり、しばしばそれを数字に当てはめるのは「架空実験」の為であります。
実験が可能かつ目の前に道具があるのなら数字なんか使いませんが、規模の違いや架空を証明する手段などに計算式を使う理由は「模擬実験」のため。
それは元来人間が謎だらけだった頃、あらゆる事柄を解明し、生み出すことを前提に学びを始めてきた時から使われている紙面上の実験なんです。
 
全ての学問の原点は「哲学」にまとまります。
頭のおかしいものとして捉えがちな哲学というジャンルは、考える能力が与えられた人間に残された生きる目的の一つ。
人は「教わって育つのではなく、体験して育つのであります。
 
 
 
細かく説明しましたが、理系と文系の大きな違いとして、授業のあり方がとりあげられてますね。
歴史や文化を学び、過去を知り、表現する力は文系とされています。
少し文系の話もとりあげていくと、「物事の吸収力」を発達させるのは文系学問です。
それこそ「考えて作る技術、理系学問」とは才能による部分が強く思われがち。
数学者、研究者達は天才がやるものと考えられておりますが、理系学問のスタートラインは「参考文献を読む事」から始まります。
疑問に思い、調べる力は、どちらかといえば文系に見えるような感じも漂ってきませんか?
実は理系の方は、最初に文系学問をする必要があるんです。
執着の問題だよね。
 
それほど大事なのは実は文系学問の方。
大前提というものを学ぶには、確実に文系学問の力が必要です。
学問のまぁ最も最初の課題は「記憶すること」ですから…。
 
ある程度まで進む人間が理系、文系と分類付けして生きていくのはそちらの分野に才能があるからですが、だからと言ってどちらかを怠ってしまってはその才能は埋もれてしまいます。
どこかでできるだけ学問は両立させるべきだと長田は思います。
 
 
 
単純にどんな訓練をすればいいのか、と表すのは大変なのですが、絵で言えば「文系学問はスケッチ、模写、ドローイング(デッサン)」「理系学問はデザイン、添削、図形作成」などに当てはまるのかなと思います。
脳内で組み合わせる理系タイプの絵描き(わしのような)は確実に文系学問不足で、真似から入る模写型の絵描きさんは恐らく法則にのっとって考えようとする文系絵描きさんかと存じますので、レベルを上げるなら塗り絵とかでオリジナルの配色を試してみるのはいかがでしょう?
 
やはりどちらも得意な方を活かすために、苦手分野には手を出しておくべきだと長田は思いますですよ!
 
 
 
ちなみに勉強は夜に我慢して朝にガー!ってやるのがよいですよ。
空腹なくらいが一番集中できて、脳の整理をレム睡眠時に完了した後だからとっても気分良くすすめられます。
僕はその日の意気込みを朝に回すように心がけてます。ポジティブでいられるしね。
鬱っぽくなるのは夕方。夜にかけては結構キツイ…
それと絶対お砂糖をとろう!コーヒーがいいよ!!
 
さて、満足。
ブログ復活させるよう頑張りま〜す!