創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

夢に対して。。。

今週のお題「今だから言えること」

 

はろはろみなさん、こんばんわ!

用事があって外に出てまして、家に帰って講座作りから逃げている長田先生です!

いやね、絵があったほうが絶対楽しいじゃない?

 

キャラクターをつかって、僕の代わりに解説させようと思いまして二人ほどキャラを作成しています。

もう既にはてなでお見せしたことのあるキャラクターですから、あとは綺麗に描いて載せようと思っています。

ノベルゲームみたいに立ち絵と、バリエーションをいくつか作っておけば次からの解説でも使いまわせると思ったわけでありますね。

でもその時々で服とか描き直してあげたいな。

キャラ愛キャラ愛。

 

…下絵だけチラっと。

f:id:nagatakatsuki:20150120192043p:plain

 

お題をば…

夢、ここではとりあえず将来の夢的な意味の夢ですけど、今だから言います。

 

僕絶対絵の仕事できずにプータローになると思ってた。

イラストレーターなんて普通じゃ無いもん。

目指してるものって、なれないものなんですよ。

 

漫画家になりたい、イラストレーターになりたい、野球選手になりたい、アイドルになりたい。

 

「なりたい」って思うものって、なれないんですよ。

それはだって、「憧れ」なんだもんね。

 

それに気づいてるのにさ、目指すわけです。イラストレーターに。

できっこないのに。

そもそも、「なってしまえば出来る」って思って行動しててさ。

「アシスタントの仕事をやったことないけど、いざアシスタントについたら確実に僕は出来る!」なんて思っちゃうじゃん。

できねぇんだよタコ!

 昔の自分に対して暴言を吐きまくります。

そもそも、「プロ意識」がない人間がいざ仕事を任されたって出来るわけがないんです。

「保証できる実力」がないからです。

「これは確実にここまでできて、これ以上は今の自分には出来ないぞ」っていう部分があやふやすぎるのです。

プロ意識を持つためには、「根拠のある自信」が必要なんです。

それがなきゃ、プロになんか絶対なれないんです。

 

逆に、「保証できればプロ」と語っていいのです。

むしろ僕は「今からプロと名乗れ」って言いたいのです。

一度自分の事を「プロ」って呼んでしまったら、もう後になんて引けなくなります。

自分がプロに見合っていなければ、今まで以上に「プロであり続ける努力」をするようになるでしょう。

 

ここからお題の話。

今だから反省するけど、「保証も無い状態でプロだと主張していた時期」が20歳の頃にありました。

僕はそれからプロです。ブログなんかに書けないから、ヒソヒソとしてましたけど…

仕事を一度もしたことの無い「なんちゃってプロ」がここに存在していたわけです。

 

バカですよね!

 

でもそれが活きたのです。

ぶっちゃけ、いつ「プロじゃないじゃん(笑)」って言われるか恐くて、本当にやっちまったと思ってます。

その時は既にいろんな人に「プロとして活動してます」とかほざいてたから…

僕の人生、一番自分で墓穴掘った瞬間です。

 

けど、言ってしまったことを引っ込める性格じゃないので、ガムシャラに自分を「プロっぽく見せよう」としてました。

沢山本を読んで業界人アピールをしたり、色彩や印刷知識をつけていったり、読んだ本の感想をノートにびっしりと書きこんだり。

描く絵だって、本気で描くことが増えました。その時は食べ物イラストレーターでしたから。

その努力が実を結んだのかどうか、それは定かではないんですが、どうにでもなーれって思って「マジで死ぬ気で色んな会社に鬼電ラッシュ」をかけたら、とあるところが(多分哀れみで)仕事をくれたんです。

ボツ、ボツ、ボツと続いて最後にラフ案を送ったら、ラフのまま採用されて…その…悔しかったな…。

今冷静に思うと、プロの厳しさ的なものをレクチャーしてくれてたのかもしれません。

とても感謝しています。

 

その後は結構大胆なことを色々初めて絵の講師とかをしてましたが、今は友達の会社に所属してデザイン関連の仕事をしているのですよ。

食ってく為にアルバイトと派遣もやってますけど…

 

僕がイラストレーターになれたのは、「もうなってるつもり」で動いてたからだと思ってます。

通過点なんです、夢って。

誰が何を言おうと、夢を目指すんじゃなくて、今から既に「もうそっち側にいるから君達とは違うんだ(ドヤァ)」ってなることがプロへの道なんじゃないだろうか、なんて思ってるんですよ。

 

もう叶っちゃった感じだと自分を騙して、いつのまにかマジでプロってた。そんな日が来るよう、プロ意識は早めに持っていいんじゃないかな。

凄く…心が痛む時期が続いたけどね…

 

その時と現在と、実は大して差はないよ。いつでもガムシャラ。

そんなもんさ、プロなんて。

 

 

今日はここまで!

講座作ってくるよ~><