創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

【PF】風の精霊ストーム

f:id:nagatakatsuki:20141220221446p:plain

 

ストーム

本名・ケーニッヒ・キルア

種族・精霊

年齢・36歳

風の精霊長にして、砂漠の守護者。

砂漠に住む精霊は、名前のかんむりに真名をつけるしきたりがあります。

ケーニッヒはドイツ語で皇帝とか王様とか、エンペラー的な意味の言葉ですね。

彼もガーディアンと同じく、シンボルを守護せしめた英雄です。

しかしながら、家族を失ってしまいました。

妖怪をたいそう恨んでおります。

 

 

精霊のシンボルなのですが、太陽、海、砂漠、大岩、世界樹の順で序列が決まっていまして、太陽と海以外のシンボルは世界に複数ございます。

大部分が戦争により壊滅しまして、大岩と世界樹はかなり危ない状況であります。

規模の大きさ的に、世界樹と大岩は少数で守っているため、妖怪からはよく狙われてしまうところなのであります。

 

キルアが守っていた砂漠は、かなり広大かつ強力で、妖怪と交戦するのに充分な兵力が備わっていたため、守りきれたのでありますね。

本来妖怪は個人で生きているので複数で攻めに来ることはないのです。

それに世界樹とかは規模が小さいけど、加護の力はそれを差し引いても非常に強力です。

広い砂漠で精霊長を務めるほどのキルアの加護は、凄まじい力であることでしょう。

 

 

 

ちなみに妖怪も魔法のような力を使います。

これは「呪詛」と呼びまして、精霊のように「授かる力」ではなく、逆に「奪った力」です。

精霊は信仰するシンボルから力を借りて放出することで、魔法のような技が使えます。

妖怪は他者から生命力を奪い、自分の力として吐き出す呪いの技。

その代わり有限です。

たちの悪いことに、仲間の力も隙あらば奪う系の種族です。

もちろん、シンボルなんか吸収したら大変な事になりますね。

それがメイジです。

 

そして、当時暴走して他者から力を奪い続けて凶悪化していた同種族を狩って周ったシャーベットも、えげつない力を秘めておりますね。

以前シャーベットが最強と言った理由はこれです。

 

「加護」と「呪詛」

一見似ているような能力ですが、加護は自然物、呪詛は科学変化のようなイメージです。

 

プロミネンスは「火を操る能力」で、どんなところでも「火そのものを召還」できます。

それを使って燃やすことはできますが、なんでも燃やせるというわけではありません。

 

シャーベットは「凍らせる能力」で、物を凍結することはできますが、何も無いところでは凍結できません。(空気中の水分を凍らせることができるので実質できちゃいますけど)

 

今日のキルアさんは風の加護の持ち主。

彼なら竜巻的なものを召還するくらいわけないことでしょうねっ!!

 

今日はここまで!!