創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

目的の手段の一つが「絵」

おはよい!おはよい!

克樹先生です!
 
今日も今日とて、時間稼ぎに近い文だけの記事なのだけども、更新するよ!
ちょいと大切なことなのかもね。
 
絵、上手くなりたい人に今一度考えて欲しいことがあります!
 

 

 
 
もし、絵が上手くなったとして、君は何をしてみたい?
 
 
 
講師してた時に、最初の方で必ず聞いていたことです。
目的意識を持つこと。これが上達に必ず関わってきます。
 
一言、絵が上手くなりたい、と言っても、たくさんの種類の絵があるわけです。
アメリカとか、ヨーロッパとか、別の国の人達は、日本の「萌え」が表現できない。
日本人も同様に、海外の人が作るような絵が描けるとは限らないわけですね。
 
「どんな絵にしたいの?」って聞くと、言い渋る人が多くてですね。
恥ずかしがらずにもっと大きく言ってみることも大切だから素直になって欲しいんだけど、イメージしてる絵を片っ端から仕上げるのは難しすぎるのです。
 
だから、僕は「もし、めちゃめちゃ絵が上手くなって自由自在になんでも描けるなら、その技術をどんな風に使いたい?」って聞いています。
 
そして、その答えを聞いたら、それをイメージして描かせてあげるわけです。
 
どんなプロでも、一発で仕上げている訳じゃないから、毎回毎回勉強の嵐になるんだけど、夢のための勉強は楽しい。
 
ちなみに僕なんかは、何度か言ったかもしれないけど「格闘ゲーム」が作れたらいいなって思ってやってます。
キャラのデザインは高校の時からやっていますが、止まる気がしない。
 
上手くなってから考える、ではなくて、目的の為に上手くなるように心がけてみて欲しいのです。
 
 
 
レベルアップに必要なのは、絵の要素だけじゃないのです。
結局、画力なんて目標の中の、小さな一つの要素なんです。
ゲームとかだって、作りたいならストーリーとかゲームシステムとか、台詞回しとか上手くならないと作れないし。
そういう絵に関係ない要素が、絵に結果的に関係しちゃうんですよ。
料理と盛り付け方のように。
 
だから、目的を持って上達してほしいと、先生は思っているのですよ!