創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

続・頑張らない

物事には優先順位っていうのがありますよね。

どうも!長田です。
 
今日は順番の話。
 
まぁよくあることですが、今朝時間を盛大に無駄にしてしまいました。
と言うのも、ipadのバージョンを上げてから初めてアプリのダウンロードをしようとしたところ、ipadのアクセス認証をされた際、秘密の質問とやらを要求され、答えられなくて時間を喰ったのです。
パスワード紛失なら(まずしませんけど)再登録で済むのに、秘密の質問はサポセンに電話しなきゃなんないそうです。
納得いかねぇよー!!
 

 

このイライラで、記事のネタを思いつきましたので良しとします。
どんなことでも、絵に繋げちまえばいいんですよーってね!
 
 
 
絵でよくあることですが、描いてる時に同じ箇所を何度も修正してしまう場合があります。
その場合、大変な労力とストレスがたまるものなんです。
目が上手く描けないって時に目ばかりを書いたり消したり。
経験上、その部分に固執すると、肝心の完成まで気力がもたないんです。
 
なので、一つの知恵ですが、基本的にはちょっと躓いたところは後回しにしましょう。
全体を見通しながら、まずは描いてない箇所を先に仕上げて、最後に修正の時間を設けていきましょう。
 
 
 
こういう細かな時間配分の調節や、物事の効率化を進めることで、非常にリラックスした状態で描き進める事ができます。
今日は絵に繋げましたが、おそらくこの「時間配分」のテクニックは色々なところで有効であると思います。
基本的に、あまり力を注がないほうがいいと思うのですよ!
 
例えば水泳ですが、僕はトレーニングでプールを毎週いれてます。
クロールって力をほとんど使わないほうが速いです。
手の形と身体の回転、足のリズムを合わせれば、かなりリラックスしてめっちゃ速く泳げます。
 
カラオケも趣味で行くのですが、これも喉をポッカリ開けるイメージで力を抜くと、かわりにお腹から力が入り、自然にビブラートが発生するようになって、音も綺麗で高音が出せるようになりました。
上手くはないですけど(笑)
 
 
 
鉛筆を持つときや描くときも、疲れないような持ち方、書き方、バランスが産まれていることに気づきました。
昔、硬筆の授業が嫌いだった理由の一つに、めっちゃ手が疲れるからと思ってた事がありますが、あれは頑張ってたからですね。
良いことですが、上手い人はいつも涼しい顔してやがります!!
むうぅ許せん!
 
 
 
勉強するのも大好きですけど、リラックスしてるから出来るんですよね。
もしかしたら結構凄いコツを悟ってしまったのかなぁ!
 
これからもゆるゆるしていきますよー!