創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

丸出しの愛情

おはよう、おはよう!
長田克樹大先生だよ!!
最近講座らしいことをしてないから、先に宣言するよ!
次の日記はキリンさんみたく、一緒に描く講座になります!(今日じゃないんかい!)




この時間は電車のってるだけだから、文しか描けないんだよね~
先生はスカスカの電車だったら絵描き始めちゃうけど、流石に朝はみんな気が散ってしまいますからね、自重しています。
今日は他愛ない話でもしよかな~おもて、僕のオリキャラっちゅー存在についての「 愛 」の主張でもしよー思たんや!

オリキャラってのは自分で考えたキャラであるとしか、みんな認識してないでしょう?
コレが実は微妙に違うんだな!
僕が産み出したオリキャラは、僕が「意思で産み出した」んとちゃいます。
「否応なく産まれてきた」んがオリキャラやねん!

事の始まりはひとりのキャラクターなんだけども、若い頃の恋人とのイザコザで心がバキバキに折れてた時に、キャラクターが産まれました。

えらい救われましてね!!
もうそれからというもの、そのキャラクターと世界が僕の生きる理由になりましてん。



オリキャラー言うとき、絵描きは自分の理想、つまり自分が好きなように描くのが当たり前。常識、それが普通なんです。
かく言う僕がそのタイプでして、それまでは描くキャラクターは自分の為だったんですね。
しかし、今は脳内にそのキャラ、+そのキャラの世界で産まれたキャラクター達が自然体で生きているような感覚で、むしろ僕は描かされてると言った方がいくらか正確です。

むしろ、その子達がいてくれてるおかげでここまで描いてこれてるようなふしがありますわ。

目に入れてもイタくないって程だから、全くつらくないですし。
今はその子達を将来格闘ゲームにしたいなぁって思ってて、それだけできれば僕の人生はハッピーエンドです。

昔は友人に痛い子扱いされたけど、今では「コイツはこういう奴なんだ」と白い目で見られるだけになりましたわ!!
それで構わんのです!僕は僕のキャラクターのために人生を捧げますからね!

はっはっは!