創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

【一緒に描いてみよう!】誰でも100パーセント描けるかわいい絵

【ゼロから講座】だよ!

今日はどんな人でもかける、簡単でかわいい動物のお絵かきです。

鉛筆と、紙はなんでも大丈夫。説明はとりあえずおいといて、作例を見ながら一緒に描いてみようね!

 

こんにちは!こんにちは!

長田先生でありますぞ!!

 

前回、日記でコメントを頂きました内容で思いついたので、今回は軽く実践的なお絵描きのお勉強をしましょうね!!

今日の日記は、なんと見るだけで100パーセント、どんな人でも確実に、描けるようになるお絵描きであります!

 

5秒でかけますよ!!ラッキーだね!!

 

ちなみに用意していただきますものはマジックと紙。

マジック無い人は鉛筆でおっけーよ!

紙が無い人はレシートの裏でも余裕余裕!!

 

…流石に持ってますよね?

では行きましょうね!

f:id:nagatakatsuki:20141008183614p:plain

ではまず、紙にこのように「や」と書いてください。

右上の棒は突き抜けないほうがベスト。

もうここまで描けるなら描けたも同然でありますね。

f:id:nagatakatsuki:20141008183624p:plain

では次に、「や」の右側に一本線を描きましょう。

ついていけてるかな?何ができるのかな?

f:id:nagatakatsuki:20141008183633p:plain

次は左側ですね。突き出た部分を上の画像のように、まるっと書き加えてくださいね!

言葉にすると難しいな、弧を描くように?かまぼこみたいに?うん。

f:id:nagatakatsuki:20141008183644p:plain

上の角っぽいものに丸を描こうね!かわいいね!もう分かったかな?

まだかな?どんどんいくからね!!

f:id:nagatakatsuki:20141008183655p:plain

角っこのところに黒丸。おや、目のようですね!!

目だったらなんでもいいや!点でも丸でもさんかくでも!!

f:id:nagatakatsuki:20141008183711p:plain

ちくわみたいに丸を描こう!いくつ描いてもいいけど、僕はこれくらいが良いと思うよ!!

さ、描けましたね。みんなかわいく描けました?

そう、答えは~?

f:id:nagatakatsuki:20141008183731p:plain

キリンさんでした!

 

ふっふっふ!!

さ~あなたも描けたんじゃないですか?このかわいいキリンさん、描けたんじゃないですか!?

これであなたもノートの端っこが動物園だぜ!

今日見てくださった方はカンペキにマスターしてくれたと思うのですが、もし万が一描けない~って思った方は2、3回練習すると絶対描けるようになります!

ラッキーだね!!

 

 

~ここからお絵描き講座~

 

さて、みなさん拍子抜けしたと思いますが、ここから解説とお絵描きにまつわる重要なことを講座したいと思います。

まず初めに見ていただきたいのですが、先ほど描いた僕のキリンさんの完成図、ちょっと注目してみてください。

 

これ、文字の「や」に見えますか?

 

以前解説した、大脳と小脳のお話にそのまま関係しています。 

難しいお勉強! - イラストレーションアドバイス

 

モノを見るとき、必ず人は「元々持っている記憶」で半分くらい見ています。

既に知っているから、凝視してそれについて考えなくても、一瞬で「これはなんなのか」と理解できてしまう。

これが理解できなくなる状態の事を、「ゲシュタルト崩壊」とも呼びますね。

聞いたことあるかな?最近は若い子がインターネットのおかげか、皆知ってる単語になりつつありますね。

 

ずーっと同じ文字を見続けていると、「…これ本当にこの文字であってるの?」みたいな気分になってくるアレですね。

 

ゲシュタルト崩壊イコール、「記憶を使わずに物を見てしまう」ということです。

これがナチュラルに発生するのは病気ですから気をつけて!!

 

とにもかくにも、僕が伝えたいことと言うのは、「文字は絵」だということです。

常日頃から習慣で絵を描いており、しかも様々な漢字や英語などまで記憶にあるという状態は、「絵が描ける証拠」なんですね。

とくに今日描いてもらったキリンさんも、はっきり言って言われてみないと元々「や」だったなんて誰も気づきやしないでしょう?

そりゃそうだ。見たことがないんだから!

でも、これ一度みたらもうキリンは描けるはず。

 

それは、設計図を知っているからなんやな!!

 

「や」からキリンが描けることを知っているなら描けるけど、キリンだけ見せられても描けないんです。

 

絵の挫折をする人、例えば若者であればマンガのキャラとか、風景画とかを描こうとして諦めてしまうことが多いのですが、それはこのキリンと直結してます。

描き方知らないんだから描けるわけないやんか!!

絵をそっくりそのまま写すというトレーニングを「模写」と呼びますが、同じ描き方で作者が描いているわけじゃない。

ちゃんと描く人間は手順や設計図を頭にいれており、その完成形を見せられているだけなんです。

その手順、設計図は、分かっていれば紙に描く必要もないから描かれない。

それがお絵描きの真髄。

 

正確さはあんまり重要じゃないのよ。

線がふにゃってたって、描けてるもんは描けてるんだからね。

それと、ここ大事なんだけど、僕には「モノを見る力」が長年の暦によって備わってるからこそ「や」という文字がキリンに見えたんです。

重要なのは、そういう事に気づくかどうか。

 

少なくともこの長田のせいで、「や」がキリンに見えてしまう呪いがかかったのは間違いありませんね!!

お役にたてたら嬉しいな。

またこういうの見つけたら、どんどんお教えしますからね!

 

それじゃあね!楽しく描いてね~!!