創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

「専門学校は行くべき?」メール相談者さんからのご相談

こんばんわっ!
書きたい記事も沢山あるけど、真面目な質問を受け取ったので先に記事にしたいと思います。
許可は頂きました。沢山あったけど、大きな内容のこれだけ纏めるね!
今日の質問はこちら!



「私は漫画家を目指しています。今は趣味で漫画を描いてますが、将来○○に投稿して、漫画家になりたいと思っています。長田先生とは種類が違うのかもしれないのですが、率直な意見を聞きたいです。私は高校に入り、卒業したら、漫画の専門学校へ進むつもりです。ですが不安もあり、質問しました。専門学校へは、はたして行った方が良いのですか?」


この話、だいぶ真剣かつ大層な問題となるので、先にしっかり言わせていただきますね。

この相談は、出来るだけたくさんの人にした方がいい。
もちろんの事だけど、このことに関して僕が言えることはほんの「たった一つぽっちの考え方」にすぎません。
そして時代が左右する事柄であり、僕は僕のベクトルでしか真面目に伝えられないのです。
この相談者さんはまだ若くていらっしゃいます。
二年、三年も経つと信じられない程時代は変わる。
それを忘れないで下さい。



さて!ポジティブにいくよ!そんな辛気臭い空気にならずに楽にしてきいてね!

結論から話すよ!
僕の結論は「No」です。

それはなぜだろう?
それはね、質問者さんは専門学校をまだ詳しく知らないからなんだ。
何をやる場所なのか、どう学ぶ場所なのか、知らないから。

そして、僕も知らない。だから僕は行かなかった。
もしかしたら、何をするのか知ったら僕は行くかもしれない。
けど、僕は今現在行ってない。

学校見学や資料請求はかなり突き詰めたよ。
大変だったなぁ、楽しかったけど!
それでも僕にはわからなかった。

僕が学校に期待してることを、してくれそうな学校はなかった。
何度も何度も、何年も考えて出した答えがそれなんだ。

その結果、「僕はあれで損している」とは思ってない。
それが大切なんだ。

中学生だと難しいかもしれないけど、間違えやすい、非常にはた迷惑なことわざをひとつ、正しい使い方で教えてあげる。


こんな言葉がある。
「やらずに後悔よりも、やって後悔」


これは一見騙されてしまうけど、本来こうやって使うのです。


僕は「学校に行かないという選択」をやった!


単純なこと。
この世はやるかやらないか。
大事なところで、自分を信じるか信じないか。
決断をするかしないか。
どっちに進もうが、自分が信じた道なら進んでも大丈夫。
他人や世間が選んだ道に進めば、失敗したときに漠然と後悔するだけになっちゃうんだよな。
そういう学生を山ほど見てきた。絵に関係なく。
もっとみるんじゃないかなぁ。



学校は行ってもいい。行かなくてもいい。
けど、「自分のためのお勉強」はやっておきなさいね。
人の役にたつからね。
それと、もう一度言うけどここで結論出しちゃ駄目だよ!
今、学校に行くって決めてるなら、不安になんてならないでちょっと遊びに行ってみ!
絵の世界、やる気のある子には皆やさしいよ!

またいつでも、いろんな事を聞いてくださいな。
楽しい将来図を描こうね!