創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

絵が上手くなりたいなら、ムリに描かなくてもよい。

 

どうもどうもこんにちは!

最近、趣味と繋ぎでやってるアルバイトで、オススメのご本のPOPに絵を描いたら、バイトの先輩達から上手い上手いとちやほやされて調子にのってる長田先生です!

プロでもほめられたら嬉しいに決まっている!

でね、ここでテクニック。

一回目の「上手いね~!!」に対しては「そんなことないですよ!」で答える。

これが重要。

すると「いやいや、すっごい上手いよ~!」と返ってきます。

 

二回ほめられる!!!!!!!!!

 

 

 

さて、変なこと言ってないで、休んじゃった分絵についてお話しましょうね!

今日のテーマはこちら。

絵が上手くなりたいなら、描かなくてもいい。

はい。

はちゃめちゃなこと言ってますね!なんやねんこれ!

絵に固執してしまうと、「描かなきゃ」って皆さんなりませんか?

その「描かなきゃ」がマズいのです

そういうお話ですよー。

 

ちょいちょい僕は言っておりますが、「見る時間」や「考える時間」が絵においては重要なことになってくるのです。

それはなぜかと言うと、「閃き」のため。

つまり、絵をレベルアップさせるときは、「閃き」がないと駄目なんです。

たとえ百枚、千枚と、描く枚数だけ増やしたとしても、気づかない限り一生上手くなることはない。

突然「ハッ!?そうだったのか!!」となるときに進化します。

ちなみに僕は人気RPGゲームの「ロマンシングサガ」で、新しい技を覚える「閃き」というシステムで最初に覚える技の名前を参考にして、絵の閃きを「パリィ」と呼んでいます

 

義務のように絵を描かなきゃって、張り切りすぎちゃうとね。考えずに描いちゃうでしょう?

それは、結果的に良いことにはならないんです。

もっと自由に、楽しく、「なんでだろう」を大切に。

疑問を解決するような明るい考え方で絵を描いていけばいいんです。

 

だから、考えてみる。

描いてなくてもいいよ。

思いつけるようになったら、変な話、毎日描くと思うから(笑)

描く枚数だけ気にしたって、描けるようになんてなれないんだから。

それは、描く「目的」がちゃんとしてないから。

例えば「新しい目の描き方」を思いついたとして、それを紙に描いてみる、というのが、目的のある描き方の例だね。

漠然と絵を描いちゃ駄目ですよー。

 

時間の概念

ちょっと脳みそ鍛える系の補足をするね。

実はこれは絵以外にも言えることなんだけどね。

まず時間の概念っていうのを、人は疑うべきなんだと思うのね。

たった24時間しかない中で、例えば夜7時から二時間頑張りましょうって目標を立てたとする。

でも、それって無駄なことだと思う。

だって、人にはその時々に対してモチベーションだとか、気分だとか、色んな気の変化があるんだよ。

その時に、その時の二時間だけモチベーションが高まったりとか、気持ちよくなるなんてことはないんだから。

いつも時間をきっちり決めてやる人は、モチベーションのいい時にも二時間しか出来ないし、逆にモチベーションの低い日は、だらだらと二時間「不毛な努力」を続けなきゃなんない。

絵に対してモチベーションが低いときは、代わりに何かモチベーションの高くなる行動が取れたりする場合だってあるんだから、そっちに流れちゃったほうが時間を無駄にしないで色んなことが捗る。

そんないい時なのに、決めたからって絵に執着しちゃうと、残念な形で時間をつぶすことしかできないと思う。

そのきっちり決めた7時から以外にも、描きたくなったら絵を描いたっていいんだし、一日丸々描いてなくたって不毛な日であったわけじゃない。

結果的に気分のいい一日でいられたからこそ、絵を描こうかなっていう気分にもなる。

 

身体的、精神的に成長したほうが絵が上手くなる、と言ったことの中の一部に、こういう例も含まれていますのです。

 

絵を描いて楽しくなるんじゃなくて、楽しいときに絵を描くの!!

これが重要だよ!!

 

それにね、プロになったとき、仕事をしたときもそうだけど、「何で俺はこんなことしてるんだろ」とか思ったら絶対続けられないんだよ。

今頑張って作ったもので、誰かが笑顔になる」とか、「俺がしっかりしなきゃ後々困る人がいる」とか、そういう風に思うからプロは仕事を続けてられる。

何かの役にたっているからプロは続けていられる。

ただ根性で枚数だけは仕上げられる、と思って描いているプロなんていないんだから、「もっと沢山かかなきゃプロになんてなれない」なんて思う必要はないんだよ。

 

上手く絵が描けない、そんなときは上手い絵が描けそうなときにまわして、もっと適当な絵でも描いてみようぜ!

今日の話はここまで!

 

絵に関する相談や、何でも質問、待ってまーす!

nagatakatsuki@yahoo.co.jp