創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

【お絵かき動画】ラフから下書きまでの工程

こんばんは!長田先生です!

僕は「ナガタ」です。「オサダ」って言った人は廊下で立ってるように

この前の女の子の線画1も終わったところで、今回はラフから下書きに入る工程を動画にして撮影してみました。

動画撮影って一度だけしかしたことなくて、まったく知らないことばかりでとっても時間かかりました…

先生は機械が苦手です…

 

 

-線画1-長田先生の作例 - イラストレーションアドバイス

 前回の日記ね。

 

前回は線画、といいましたけども、本当はあれで色いっちゃおうかと思いました。

でも最近あんまり最後までキッチリしあげてないんですよね…

リハビリも兼ねて、真剣に絵を描くトレーニングにしようと思って描きなおしを計りました!

 

地味な動画ですが、こちら。

 
「モダンガール」下書きまで。 - YouTube

 

ちょいちょい解説を動画内に混ぜたかったんですが、今後僕の編集技術が上がるまでご勘弁…

下書きは人によりけりですが、僕は結構きっちり神経質にやるタイプだそうですよ!

作業時間は二時間程度です。線画はもっと早く描けますので、もしかすると一番長い作業かも。

これは10倍速ですねー。

 

見ていただけると分かるように、ラフを下書きにする段階でも結構なデザイン変更が加わるんです。

よりよいほうに進むためにも、大胆な改造に勇気を出して変更!

 

でも、これをしていいのは下書きまで。

線画のほうでデザインの変更をすることは、非常に危険なことであります。

先方からなんか言われて変更することもありますが死んでしまいます。

 

だから、迷わないように綺麗な完成予想図を作っておくのが大切なんですよね。

 

そうだ、SAIを使っている人向けに、僕のSAIのツール説明をしますね!

僕がメインで使うツール

・筆

・水彩筆

・鉛筆

・ケシゴム

・選択ペン、選択消し

・範囲選択

の6つが殆どです。

 

ソフトを使いこなすときのコツですが、自分の絵柄に合わせた筆設定を自分で作り、出来る限りツール選びの時間を減らすことを心がけるとよいですよ。

単純な迷いでさえ、その迷っている時間を総合的に見ると、かなりかかってるものです。

集中力を持たせるためにも、極力「迷い」を減らしていきましょう!

僕もこの絵を下書きするときは、二時間が限度だと自分で決めて、ひとつの所で悩まないように全体的に仕上げるようにしております。

 

f:id:nagatakatsuki:20141002200900p:plain

 

次は線画にしようか、線画は動画にせず色塗りにしようか、悩むところですね…

今日の日記、ちょっと専門的すぎたかな。

記事にしたい面白出来事のストックはまだあるので、次の更新はもうすこし気楽なものにしましょうね!

わからないことは、いつものようにメールをお待ちしてます!

nagatakatsuki@yahoo.co.jp