創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

難しいお勉強!

講師として子供達と触れていると、皆やっぱり違うのです。

簡単な例えとかだしたり、ゆっくりやっていくのが好きな子がいれば、僕もビックリするくらい真剣に、めちゃめちゃ難しい授業を受けたがる子もいるんです。

実は僕はどっちかっていうと後者のタイプなんですけどね(笑)

だから、ちょっと難しい話題も混ぜてみる。

 

f:id:nagatakatsuki:20140920071439p:plain

ちなみにこの絵はオリジナルキャラクター達。

こんな感じでかーるく描いて、一番最初の設計図の役割を持った絵をラフデザインって言います。

あ、今回からちょっと、見出しとか使ってブログもにぎやかな感じにしていこうと思ってます><

 

さて、さっそく難しい話題いきましょう!

今日の話題はこちら。

 

「描きたい絵」探しの旅

 

骨のある授業をする際に僕が最初に必ず説明する大切なことがあります。

それは、「キミは小さな頃、何が好きだったの?」です。

見てくれている方にもちょっと考えてみて欲しい部分なのですけども、例えば僕なら「昆虫採集」だったり、「釣り」、「RPGゲーム」でした。

あと「お絵描き」があるのですが、紐解いていくと今日の話題の内容と同じになっちゃうので省きます。

過去を振り返ること、それがその人の「絵の味」に関わります。

大好きだったことには必ず理由がある。

それを振り返り、もう一度その感覚を思い出して欲しいのです。

大人と子供の感覚の違いって、何か。

それは、大脳と小脳の発達の仕方です。

さぁ、お勉強大好きの真骨頂ですよ~。

脳の記憶(意識)は大脳、身体の記憶(無意識)は小脳がつかさどるといわれています。

人間が成長する上で、子供になくて大人にあるもの。それは経験力なのです!

…当たり前なことを言いましたが、これがクセ者。

実は経験力は邪魔なんです!!

なんでかっていうと、「正しく覚えてない」からです。

これを直すためには、「覚えなおす必要がある」んです!!

そして、これが重要。

なんと覚えなおす為には、「大脳が発達しなきゃ駄目」なんです!!

 

大文字連発してるのは、中々疲れる話題だからピックアップのためです(笑)

 

そして、大脳を発達させようとすると、小脳がでしゃばりまくります(爆)

 

ポテトチップスを大人になって食べたら、

大脳「ポテトチップスって美味しいんだなぁ~もっと食べたいな~」

小脳「あかんあかん。これ系の美味しいって感じるものは油と保存料と添加物とか聞いたことあるわぁ。身体に悪いから食べんほうがえぇで~」

大脳「そういえば確かに身体に悪そうな味だなぁ。もうやめとこうかな。」

ってなって、マクドナルドとかの美味しいけど身体に悪そうだから食べない理由と同じ。

なんとなく駄目ってやつですね。

 

そのため、子供のときのようなクリーンな状態を思い出す必要があるんです。

 

子供に戻って「しのごの言わずにやる力」を取り戻そう!!

 

そういうことなんです!

 

本能的に好きなものって、人によって違いますからね。

そういう魅力的なものをもう一度見る為に、また楽しかったことを思い出したり、今、作ってみたりすると絵はすんなり楽しめます。

 

…ちょっと今日は難しすぎましたかね?

まぁまぁ、お絵描きはもっと気楽にやってもらっちゃっていいんです。

絵を始めようとする人たちは、プロに憧れてこっちの道に来ようとしてしまいますから、最後に一応プロの僕からも、大変厳しいアドバイスをひとつ。

 

僕だって絵が好きな理由、なんとなくですし!!!!!

 

…ごめんなさい><

今日の事でわからないことがありましたら、いつでもご連絡くださいね。

nagatakatsuki@yahoo.co.jp