創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

「デッサンはどんなときするの?」生徒君からの質問

え~、本日はとある僕の生徒君からの質問です。

本人に許可を得たので、ここでも答えますね!


質問内容はこういうものでした。

「絵を勉強したいのでデッサンを始めようと思っています。でも、デッサンにどんな効果があるのかわかりません。そもそもデッサンは、具体的に何が変わるんでしょうか」

要約するとこんな感じ。
とってもよい質問です!自分の練習に疑問を持つことは、視野が広がっていく証拠です!



デッサンで身に付くことは沢山ありますが、その中でも一際大きい事と言えば…!

答えは「把握力」!

めちゃめちゃ簡単に言えば、「しっかり見る力」のレベルアップです。

人間は本来、曖昧にしかモノを把握できませんのです。

でも写実的に描く以上、曖昧ではモノはしっかり描けませんので、何度も何度も、何時間も被写体と触れ合い、何度だって修正し、正しいものを描くのです。

これをすると、見るもの全てを「しっかり見る癖」がつきます。

最初に自分が持ってた先入観を無くし、真剣に一つのモノを観察することがデキるのです。



嘘臭い話かな?
では、誰でもできる簡単なデッサンをお教えします。

まずは何も見ず、自分の家のドアをササっと描いてみて下さい。

五分くらいかな?線のゆがみは気にせずに。

次に、ドアのデザインを確認してみましょう!



なにか足りないパーツは無いですか?
装飾の形は間違ってませんか?
ポストの位置は大丈夫?

それらをもう一度しっかり見て、もう一度ドアを描いてみましょう!



はい、あなたは自分の家のドアが描けるようになっちゃいました!
しばらくはそのデザイン、忘れることは無いはずです!



それがデッサンなんです。
今回はドアの装飾とかに注意してみましたが、このドアのスベスベ感だとか、サイズの割合だとかまで表現するのが本来のデッサンです。



僕からデッサンデビューの生徒君にアドバイス。

いつもより下手になっているように見えたら、デッサンがちゃんと効果出てる証拠です。
作業過程は下手でいいから、完成を目指して頑張ってやってみましょう!

デッサン一枚で、3ヶ月分のレベルアップが見込めますよ!