創作企画PFCS記事まとめ&イラストレーションアドバイス

地図を繋げる企画をしてるよ!参加者募集中!みんなの記事をまとめてます!以前はお絵描き講座ブログだったので、記事はそのままのこしてます

遊びと本気と練習

f:id:nagatakatsuki:20140913062414p:plain

絵のひとつでもないと楽しくないですよね。

僕のお絵描き絵もちょいちょい載せていきますね!

 

 

 

今日はお絵描きするときの気持ちのお話をしますね。

 

お絵描きをする時に、どういう気持ちで絵を描くのか。

これがなかなかに重要になってくるのです。

楽しく描くために、今何がやりたいのかを考えてみましょう!

 

大きく分けて、絵を描くときは3パターンの考え方があります。

それは、遊び、本気、練習の三つですね。

絵を始めていきなりやっちゃうことが、この場合で言う「本気」になりがちです。

つまり、いきなりレベルの高いことをしようとしちゃうんですよね。

 

描きたいものを自由に描くのが遊び。

積み上げたものを全て出して、目標を達成するのが本気。

自分の技術を上げるために、トレーニングを重ねることが練習です。

 

最初はやっぱり遊びをしてみてほしいんです。

遊んで遊んで、もっといいものが作りたくなったら練習をします。

練習して、描けるようになって、もっともっと遊んでもっともっと練習。

 

そんなことを繰り返していくうちに、「自分の本気」を試したくなるときがくるんですよね。

そこで初めて「本気」で描くのです。

 

大事なことを言います!

 

よく、「これだけ描けたら楽しいだろうな」と耳にしますが、実はですね…

 

本気ってめちゃめちゃ辛いです!!

楽しさのかけらもあったもんじゃありません!!

 

でも、目標達成したときの満足感といいますか、「達成感」は凄いものです。

辛くて辛くてくじけそうでも、良く描けた時は「描いててよかった」って気持ちになるんです。

「楽しさ」よりも何倍もの快感があり、次回もまた描きたくなるんですよね。

 

その「本気」は、「今までどれだけ描いてきたか」がモロに出ますからね、目安としては一ヶ月に一度くらいはやってみるといいかもしれません。

 

今日のお話はこれまで!

今回の記事で質問や、わからないことがございましたらいつでも連絡くださいね!

nagatakatsuki@yahoo.co.jp